気になるボディのカサつき悩みを解決するスキンケア法

スポンサーリンク

skin_proc2_img

 

肌に元々存在している保湿物質は、水に触れるだけでも流れ落ちてしまいます。

良くお風呂上りのカサつきが気になるという声を聞きますが、そのためです。

肌の乾燥を防ぐためには顔と同様にボディにも保湿ケアが必要。

 

ボディは部位によて皮脂の分泌量が違うので、保湿ケアも部位に合わせたものを行うようにしましょう。

皮脂の多い背中や胸元は、基本的に何もつける必要はありません。カサつきを感じた時に、油分をあまり含まない保湿成分が入ったボディローションなどをつけましょう。

手足は逆に皮脂の分泌うが少ないので、油分を適度に含んだボディクリームを塗ることで、カサつきが気にならなくなります。ひざやひじなど、強いカサつきを感じる部位には、尿素を配合したクリームを使うことで、ツルツルとした状態になれます。

ボディ用ローションを選ぶときにベビー用なら肌に優しいと思い選びがちですが、実は赤ちゃん用アイテムには殺菌成分が多く入っていることがあるので、大人の肌には不向きと言えます。

また、天然の植物成分が入ったものもありますが、肌が弱い人の場合、かえって刺激になることもあります。

もし、肌に合うものが見つからない場合は、アトピー用のものを選ぶと安心です。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加