手荒れやかかとの角質のスキンケア法とは?

スポンサーリンク

box1_1_pic

 

乾燥が気になる冬になると手荒れや硬くなった角質や手荒れが気になることがあります。

ここでは、そんな寒い季節に起こりやすいボディの悩みを解決するスキンケア法をご紹介します。

 

 

 

●手荒れ

手荒れは頻繁に手を洗う人に多いトラブルです。

一度手荒れが起こると角質のバリア機能が壊れ、悪循環を繰り返し治りづらくなります。

すでに手荒れが起きている場合は、水仕事を最小限にとどめ、乾燥を招く熱めのお湯ではなくぬるま湯を使うようにしましょう。そして、洗った後は水気をしっかりとふき取り、ハンドクリームを塗ることを習慣にします。尿素を含んだハンドクリームがおすすめですよ。

●かかとの角質

かかとのゴワゴワやひび割れの正体は、厚くなった角質です。かかとには皮脂線が少なく、刺激が多い部分なので、角質肥厚が起こりやすいのです。解決策としては古い角質を取ることですが、それだけではすぐに新しい角質がまるので、取った後の保湿ケアがとても重要です。

角質ケアのポイントは、肌を柔らかくして行うことです。入浴時に行うと良いでしょう。

柔らかくなった状態だと、余分な角質だけを取ることができます。

週1回ほどを目安に、角質を取った後は尿素配合クリームで保湿をしっかりしましょう。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加