肌が乾燥するワケ

スポンサーリンク

whats_dry_skin_01

 

保湿成分と聞くと、多くの人が化粧品に配合されているもので、肌の外側から補給するものと思っているかもしれません。

ですが、実は人間の肌に元々潤いを守る保湿物質はあります。

 

なかでも、高い保湿力を持っているのが角質細胞間脂質です。これは、角質の間にあり水分の蒸発を防いでいる脂質の一つです。いろいろな皮脂がまざり合って構成されていますが、その約40%を占めているのがセラミドという最強の保湿物質です。

これらの保湿物質の量が減ったり、正常に働かなくなると、肌内の水分を抱えていられなくなり、乾燥してしまうのです。

肌の中にある保湿物質の生成は、老化とともに減少するため年齢と共に肌は乾燥しやすくなります。

また、角質の水分量が減り乾燥状態が続くと肌にはゴワつきが出てきます。これは角質が厚くなってしまっているためです。

角層には本来、外的刺激から肌を守る働きがありますが、乾燥は角層のバリア機能が低下している状態なので、肌は角質をもっと作ろうと働くのです。

この悪循環に陥らないために行うべきケアは保湿です。

化粧水の後には、肌の潤いをキープする働きを持つ、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分を含んだ美容液を肌に与えることで、乾燥による肌トラブルを改善することができます。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加