肌を傷めない除毛の際のルール

スポンサーリンク

120712_足イメージ+グリーン

 

どんなに気を使っても肌ダメージを避けることができな除毛。

ですが、やり方さえちゃんとすればダメージを軽減することができます。ここでは、肌を傷めない除毛の方法をお伝えさせていただきます。

 

 

①皮膚を清潔にしてから行う

まず、除毛する部位の皮膚を清潔にするのが基本です。除毛すると、どうしても皮膚に傷がついてしまうので、皮膚を清潔にしておかないと、傷から雑菌が入ってしまい余計な肌トラブルを招いてしまいます。

②皮膚を温める

皮膚も毛も温度が下がると硬くなて処理しにくくなります。お風呂上りの温まっているタイミングか、蒸しタオルをあててから行うと良いでしょう。

③処理後はクールダウンさせる

除毛した部位に水で冷やしたタオルなどをあてて、しばらく置くことで除毛による炎症を抑えることができます。

④体調が悪い時は控える

風邪ぎみ、生理前、寝不足など体調が悪いときは皮膚の免疫力が低下しています。このような時に除毛すると肌トラブルを起こしやすく、傷の治りも悪くなってしまうので、控えるようにしましょう。

⑤最後は肌に潤いを与える

除毛後の肌はどうしても乾燥した状態になります。ですので、ローションやクリーム、乳液などを使ってしっかりと保湿をしましょう。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加