敏感肌の人に合った化粧品の使い方

スポンサーリンク

d12a36becf2b9ecdc4f8c012465c1307-300x279

 

 

敏感肌の人は、外からの刺激に弱く、かぶれや湿疹を起こしやすいという特徴があります。

ここでは、敏感肌の人に合った化粧品の使い方をご紹介させていただきます。

 

 

 ●洗顔

刺激の少ないタイプの石鹸で洗顔し、油分や保湿剤が入っている洗顔剤は使わないようにします。ぬるま湯でよくすすぎ、最後に水で仕上げ洗いします。

 ●基礎化粧品

何もつけないのがベストですが、肌がつっぱる場合は夜の洗顔後に化粧水をつけ、カサカサとしているところだけに植物性のピュアなオイルやクリーム、美容液をつけて油分を補います。

ただし、アルコールやグリセリンにかぶれる人もいるので、注意しましょう。メイクをしない時は、洗顔後に化粧水だけをつけます。カサカサが気になるようであれば、その都度化粧水を補いましょう。

 ●メイクアップ

何もしないのがベストですが、どうしてもする必要がある場合は、固形のファンデーションと口紅のみのシンプルメイクをします。かぶれやヒリヒリ感を感じない、自分の肌に合ったものを探すことをおすすめします。最近では、敏感肌用のメイクアップアイテムもたくさん出ていますよ。

●化粧品の選び方

アレルギーテスト済みと書いていても、必ず自分の肌で試してから買うようにしましょう。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加