ホルモンバランスが整うとシミができない!

スポンサーリンク

10144970_T3

 

過剰なストレスを受けてイライラすると、女性でも男性ホルモンが分泌されやすくなります。男性ホルモンの分泌の指令を出す場所は脳下垂体にあり、その隣にあるメラニン細胞刺激ホルモンにまで影響を与えてしまいます。

 

ですので、慢性的なストレスはシミを作り出す原因になるので、適度に気持ちをリフレッシュするよう心掛けましょう。

また、男性ホルモンは睡眠不足でも分泌が活発になります。たった1日でも睡眠が不十分だと翌日にはシミがはっきりと出ていることもあるのです。

そして、女性ホルモンの黄体ホルモンも増えるとメラノサイトが刺激されます。

黄体ホルモンの分泌が多いのは生理前の1日くらいです。この時期は特に紫外線対策の徹底や、摩擦を与えないようにやさしく肌ケアをしましょう。

合わせて、女性ホルモンのエストロゲンが減ると、ホルモンバランスが崩れて、メラニン細胞刺激ホルモンが活性化されます。

クラリセージやフェンネル、ゼラニウムブルボン、ローズなどの精油の香りには、女性ホルモン全般のバランスを取る作用とストレス緩和効果があるので、帰宅後のリラックスタイムにはアロマテラピーを行うのもおすすめです。

また、リラックス効果の高いハーブティなども良いでしょう。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加