細胞膜を柔らかくするオメガ3たっぷりのフラックスオイル

スポンサーリンク

images油は細胞膜の大切な原料であって、女性ホルモンの原料にもなる体には欠かせない栄養素です。良い油をしっかりと摂らないと細胞からの老化を促進してしまうのです。

良い油とは必須脂肪酸を中心とした、手絞りに近い低温圧搾の絞り方で作られた植物油を言います。

この必須脂肪酸は体内で作り出すことができないので、食べ物から摂る必要があります。

そして必須脂肪酸にはオメガ3とオメガ6の2つがあり、4:1の割合で摂ることがベスト。

現代食ではオメガ6はわざわざ摂らなくても一般的な食事から十分に補給することができ、これを摂りすぎるとアレルギーや生活習慣病を引き起こす原因になります。

逆に不足しがちなのがオメガ3を補給できるのがフラックスオイルです。

フラックスオイルを積極的に摂ることで、細胞膜が柔らかくなり美肌をゲットできるだけでなく、善玉コレステロールを増やす働きもあるため血液もサラサラとした状態になります。また、中性脂肪を燃焼させる効果もあるのでダイエット時にもおすすめ。

1日の摂取目安は体重45kgで大匙1、57kg大匙3が目安です。ただし、熱に弱く加熱には不向きのため、サラダドレッシングに使ったり、納豆に混ぜたりして食べると良いでしょう。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加