女性ホルモンを増やして美肌力をアップさせる

001

女性ホルモンのエストロゲンには、繊維芽細胞に働きかけて、コラーゲンやエラスチンを合成する指令を出す役割があります。

これは肌や髪を美しくしたり、骨を丈夫にしたり、自律神経を安定させる作用があり、女性らしさを司る大事なホルモンなのです。

ですが、女性ホルモンの分泌量は年齢とともに減少してしまいます。特に45~55歳に劇的な現象を起こり、これがいわゆる更年期です。

最近では、若い女性でもホルモンバランスを崩している人が多く、月経前症候群の症状がひどく出たり、月経不順、肌荒れなどの悩みを抱えています。

女性ホルモンを増やすには、女性ホルモンと似たような働きをする食べ物を摂ることで、女性ホルモンの減少を食い止めたり、バランスを取ることができます。

大豆イソフラボンを含む食材は、女性ホルモンの分泌を促進できます。

たとえば、スーパーでも手軽に手にいれることができるおからや、納豆、豆腐、みそ、高野豆腐などにたくさん含まれているので、毎食ごとに取り入れることで、美肌力アップとキープを手軽に目指すことができます。

その他には、エストロゲンがたっぷりと含まれている、ざくろやいちじくなども、アンチエイジング力を発揮するおすすめの食材です。

このエントリーをはてなブックマークに追加