成長ホルモンを分泌してアンチエイジングを叶える方法①

nerujyosei

 

肌をつややかにしたり、肌の内側からの潤いをアップさせる成長ホルモンですが、この成長ホルモンは主に睡眠中にたくさん分泌されます。

ここでは、成長ホルモンを分泌しやすくするおすすめの睡眠法をご紹介させていただきます。

 

●12時までに眠る

朝に近づくにつれて睡眠がどうしても浅くなります。成長ホルモンは脳下垂体から出るので、熟睡して脳がしっかりと休まらないとたくさん分泌されません。ですので、12時までに布団に入るようにしましょう。

●寝て3時間は熟睡できる環境を作る

夢を見るレム睡眠と、夢を見ないノンレム睡眠を交互にくり返しているのが睡眠ですが、成長ホルモンはノンレム睡眠の時に分泌されます。そして、眠って30分後くらいから最初のノンレム睡眠が始まるのですが、成長ホルモンが出るのはこの時で、眠ってから3時間でほとんどの成長ホルモンが分泌されます。ですので、眠って3時間は熟睡できる環境に整ることをおすすめします。

●深く眠るための準備

睡眠が深ければ深いほど、よい成長ホルモンが分泌されます。外からの騒音や光が寝室に入ってこない工夫をしたり、眠る前にアロマを焚き、リラックスできる音楽を聴くなど、質の高い睡眠がとれるように準備しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加