成長ホルモンを分泌してアンチエイジングを叶える方法②

スポンサーリンク

6-1

瞳を輝かせたり、肌を健やかな状態にする働きがある成長ホルモンは、別名若返りホルモンと呼ばれるほど、美容とは切っても切れない関係にあります。

成長ホルモンの分泌が正常に行われることで、年齢に負けない若々しい肌をキープできるようになります。

こでは、成長ホルモンをたっぷりと分泌できる日常生活のちょっとした工夫をお伝えさせていただきます。これであなたの素肌は驚くほどキレイに変われますよ!

●朝起きたときに朝の光を浴びる

成長ホルモンは眠っている時に分泌されるという特徴があります。メラトニンは脳の松果体から分泌される眠けを促すホルモンで、朝起きてから約14時間後くらいで分泌量が増えてきます。朝に太陽の光を浴びることで、体内リズムのバランスがしっかりと取れ、夜の眠りを誘くメラトニンがしっかりと分泌されるようになります。

●寝る3時間前までには食事を済ませる

消化活動に内臓がフル活動すると、熟睡を妨げ、成長ホルモンの分泌が少なくなります。

●寝る2時間前から照明を落とす

明るい部屋だと眠けを誘うメラトニンの分泌が悪くなります。

●寝る前にパソコンを見ない

パソコンやスマホを寝る前に見ると自律神経が興奮して寝つきが悪くなります。

●寝る4時間前からはカフェインを含む飲み物を控える

カフェインには覚醒作用があるため、睡眠を邪魔してしまいます。

 

 

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加