唾液が叶えるアンチエイジング効果

スポンサーリンク

img011日に1ℓほど分泌されている唾液には、色々な働きがあります。

消化酵素が含まれているので、消化をサポートするという大きな役割。そして、口の病原菌をやっつけりたり口臭を予防する殺菌作用もあります。

これらの働きを良くするためには、食事の際にはとにかく良く噛んで食べることです。

ですが、現代人は食べ物を加熱してやわらく調理するようになったせいで、あごが退化して小さくなり、噛む力が弱まっています。

また、顔の筋肉の7割は口の周りに集中しているので、口の周りの筋肉が弱いと顔全体にシワやたるみが出来やすくなり、早い時期に老け顔になる可能性があります。

そして、唾液にはバロチンという成長ホルモンの一種も含まれているのですが、このホルモンはアンチエイジングをサポートします。ですので、唾液は、健康と美肌を同時に叶えることができる秘薬とも言えます。

 唾液をたっぷり分泌する方法

●食べ物を良く噛んで食べる

●梅干しやレモン、酢の物など酸味が強いものを食べる

●口を閉じて下をぐるぐると回す

●緊張することで、唾液は少なくなるのでリラックス状態をキープする

ガムを噛む

●唾液腺のある下あごの内側あたりを、やさしくマッサージする

●唾液腺のある耳の手前の頬骨の下あたりを、やさしくマッサージする

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加