本格派におすすめの手作り石鹸レシピ~バラの花びら石鹸の作り方~

cover_1200600_0_513

 

 

ここでは、本格的な苛性ソーダを使った手作りのバラの花びら石鹸の作り方をご紹介します。

 

 

[バラの花びら石鹸]

バラは殺菌力と保湿力を併せ持ち、潤いを守りながら汚れや古い皮脂だけを落とすことができるので、脂浮きが気になるオイリー肌や、部分的な乾燥やベタつきが気になる混合肌のケアに最適です。また、抗酸化作用でシミを防止できますよ!

 ●まず、バラ化粧水を作ります。

[材料]

・バラの花びら…100g

・精製水…100ml

・はちみつ…大さじ1

[作り方]

①バラの花を良く洗って鍋に入れ、精製水とはちみつを加えて弱火で加熱します。時々まぜながら、沸騰する寸前で火を止めます。

②冷めたらボウルなどに移し替え、ラップをかけて常温の場所に2日ほどおきます。

③花びらを茶こしでこすと、バラ化粧水の完成!

 

●さぁ、バラの花びら石鹸を作りましょう!

 [材料]

・食用油…250g

・水…100ml

・苛性ソーダ…30g

・バラ化粧水…50ml

[作り方]

①1ℓ入るペットボトルに水とバラ化粧水を入れてよく混ぜ、苛性ソーダを少しずつ加えます。ボトルの口を持ってゆっくりと回しながら、苛性ソーダを溶かしましょう。

②苛性ソーダが完全に溶けたら、オリーブ油を少しずつ加えていきます。

③ボトルのふたをしっかりとしめ、セロハンテープで固定します。さらにポリ袋に入れて口を閉じます。

④原液がドロッとしてくるまでボトルを約30分ほど振り続けます。

⑤型(紙パックやプラスチック製)に流し込み、温かいところに2~3日おいて固めます。途中で触ったりしないようにしましょう。

⑥型かた取り出し、適当な大きさに切ります。風通しが良く陽があたらない場所でさらに1か月~1か月半おいて熟成して完成!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加