本格派におすすめの手作り石鹸レシピ~豆乳石鹸の作り方~

スポンサーリンク

daizu

 

 

ここでは、本格的な苛性ソーダを使った手作りの豆乳石鹸の作り方をご紹介します。

 

●豆乳石鹸

豆乳には女性ホルモンの働きをする大豆イソフラボンが含まれており、ムダ毛を薄くしたり生えにくくするという効果があります。そして、亜鉛やマグネシウムなどのミネラル類は、肌の新陳代謝を促進して分厚くなった角質を除去します。また、サポニンは毛穴の汚れや皮脂と溶かし出します。

 [材料]

・食用油…250g

・水…100ml

・苛性ソーダ…30g

・無調整豆乳…50ml

[作り方]

①1ℓ入るペットボトルに水と豆乳を入れて良く混ぜ、苛性ソーダを少しずつ加えていきます。ボトルの口を持ってゆっくりと回しながら、苛性ソーダを溶かします。

②苛性ソーダが完全に溶けたら、オリーブ油を少しずつ加えていきます。

③ボトルのふたをしっかりとしめ、セロハンテープで固定します。さらにポリ袋に入れて口を閉じます。

④原液がドロッとしてくるまでボトルを約30分ほど振り続けます。

⑤型(紙パックやプラスチック製)に流し込み、温かいところに2~3日おいて固めます。途中で触ったりしないようにしましょう。

⑥型かた取り出し、適当な大きさに切ります。風通しが良く陽があたらない場所でさらに1か月~1か月半おいて熟成して完成!

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加