老け顔を作り出す顔の歪みチェック

スポンサーリンク

ph現代人は硬い物をあまり噛まなくなったせいで、顎の筋肉が弱く、間接が歪みやすくなています。顎の骨が歪むことで、口を大きく開けられなかったり、カクっと音がしたり痛みがあったりします。

このような状態までいっていなくても、歪みがある顔は左右の幅が違ったり、口が歪んみ口角の高さが違うこともあります。

そのせいで、片方だけに法令線が出ることも…。他にも頬骨の位置がずれると左右の目の高さや大きさが違ってきたりします。

 

あなたの顔の歪み度チェック

●片方の歯ばかりで食べ物を噛んでいることが多い

●口を開けたときにカクっと音がする

●指を3本縦に揃えたものが口に入らない

●気づいたら頬杖をついている

●うつ伏せで寝るくせがある

●気づいたら歯を食いしばっている

●顎にだるさを感じたり、長い時間話していると痛みを感じる

●目の位置の高さや大きさが左右違っている

●笑った時の口角の高さが左右違う

●左右の顔の幅が違う

●かみ合わせの高さが左右違う気がする

ひとつでも上記の項目に当てまれば、顔に歪みがある可能性があります。顔の歪みを改善する負担のかからないエクササイズなどを毎日の生活に取り入れて、歪みのない、左右対称の美人顔を目指してください。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加