dk_rose

 

美容効果の高いローズウォーターとはちみつを使った、自宅で作れるフェイスワイプをご紹介します!

ローズの華やな香りに、肌と心が同時にリラックス&癒されていきます。

 

肌の状態に合わせて、ローズウォーターの代わりにカモミールなどのハーブティを使っても、また違った美肌効果を得ることができますよ!

 【そもそも、ローズウォーターとは何?】

ローズウォーターとは、バラの精油を採取する時にできる香りの成分を含んだ水です。バラの芳香蒸留水とも言われます。精製水にローズ精油を混ぜたものをローズウォーターとして売られていますが、化粧水には全社の芳香蒸留水を選ぶことをおすすめします。

【ローズとはちみつのフェイスワイプ】

コットンに浸して、肌の汚れをふき取るフェイスワイプ。乾燥がひどくて石けんで顔を洗えない時や、顔の汚れを軽く取り除きたい時などにおすすめです。

●材料(1回分)

・ローズウォーター…大さじ1

・はちみつ…小さじ1/4

●作り方

ローズウォーターとはちみつを良く混ぜ合わせたら完成です!

●使い方

コットンに浸して顔を拭きます。顎の下、首、耳の後ろなどの見えないところも忘れずに。拭き終わった後は、ぬるま湯で洗い流しましょう。

 

1460030_605595126172394_289020260_n化粧水で補給した水分を、肌にとどめる保湿のためにつけるのが美容液です。保湿が上手にできている肌は、みずみずしく常にしっとりとしています。

美容液は少量でも伸びが良く、季節や肌の状態にもよりますが、スポイドで2~3滴、乾燥肌や冬のケアでも3~4滴あれば顔全体に十分伸ばすことができます。

日中の肌チェックをした時に、乾燥していると感じたら翌朝つける美容液の量を少し増やしてみましょう。昼に乾燥していなければ、それが適量と言えます。

さらに美容液をつける時に簡単なマッサージを加えると肌のツヤがより一層良くなりますよ。美容液を伸ばしながらたった30秒でできるので、ぜひ試してみてください。

【美容液をより浸透させる30秒マッサージの方法】

マッサージには、血行を良くして肌のツヤを良くする効果がありますが、やりすぎはかえって肌を傷める原因になります。時間をかけたマッサージは週に1度行う程度で十分です。

毎日のスキンケアでは美容液をつけるついでにできる30秒マッサージがおすすめです。

やり方は、中指と薬指の腹を使って、顔のリンパに沿ってクルクルとらせんを描くようにやさしくマッサージします。この時にこめかみ、目頭の上、鼻の下の溝中央部分のビューティーポイントを中指で押すと、より一層効果的です。

k162_850

 

体は冷えているけど、浴槽につかる時間が取れないという人におすすめなのが、エッセンシャルオイルを使ったフェイスサウナです。

 

 

洗面器に熱湯を注ぎ、2~3分冷ました後、アロマテラピーに使うエッセンシャルオイルを1~2滴ほど垂らします。その後、バスタオルを頭からかぶって、蒸気を顔に浴びていきます。

5分ほどすると汗がじんわり出てくるのを感じ、10分ほど蒸気を浴びたら終了し、肌を引き締めるために冷水を手にとって顔全体に軽くパッティングします。

その後は、美容液や乳液などで十分に保湿します。

1週間に1度のペースで行うと、皮膚の血行が良くなることで顔色が明るくなります。同時い毛穴の汚れや老廃物もキレイになくなっていきますよ!

 【フェイスサウナにおすすめのエッセンシャルオイル】

●乾燥肌

肌を柔らかくし乾燥に効果があるのが、サンダルウッドです。乾燥肌と皮脂過多の両方におすすめなのが、イランイランとラベンダーです。

●オイリー肌

皮脂の分泌を抑える効果があるのがサイプレス。また、収れん作用があるジェニパーベリーや、ゼラニウムなどもおすすめです。

●くすみ、老化肌

ホルモンバランスを整えるゼラニウムや、毛細血管の働きを活性化するローズがおすすめ。また、新しい細胞の成長を促すラベンダーも効果的です。

20100928001001_0

目元や頬、顎にたるみがあったり、額や口元の表情ジワは1か所あるだけでも、顔を老けた印象にします。

そんなトラブルを解消して元気な肌を取り戻すのに効果があるのが、ビューティーポイント刺激です。

 

このマッサージは東洋医学のツボを取り入れ、神経やリンパの流れを考慮したものなので、しっかりと肌に働きかけます。また、筋肉が引き締まり、水分の代謝を良くするので、たるみやむくみも解消することができます。

【ビューティーポイントのフェイシャルエステ法】

①額

額は表情ジワが出来やすい所です。シアから上へ中央から外側へと指を滑らせたら、髪の生え際からこめかみへと動かし、こめかみのビューティーポイントを押します。3秒を3回で1セット行いましょう。

②目元

皮膚が薄く、刺激に敏感な所なので、マッサージは薬指でやさしく行います。目頭の上、目尻の脇、両端のツボを押していきます。

③鼻

鼻筋を伸ばすようにして下から上へとマッサージします。最後に小鼻のふくらみのすぐ脇と、鼻筋にあるポイントを押します。

④頬

あごから耳へ、口角から耳の中央へ、小鼻なの脇からこめかみへと顔の中央から外へと向かってらせんを描くよういに指を滑らせていきます。

⑤口元

あごの中央からくるりと口角を持ち上げるようにマッサージします。

そして、頬骨の下縁に沿って、鼻の下の溝の中央、口角の両側を軽く押していきます。

⑥あご

右から左、左から右へと手のひらで撫で上げるようにしたあと、耳の下とあごの骨の下縁を軽く押します。

event_main5092もっと美肌を追及してキレイになりたい…。そんな時の強い味方がエステサロンです。

ですが、メニューを見てもどんな施術が受けらるのかが良く分からず、足を運ぶのが不安だという人のためにエステサロンで受けられるフェイシャルメニューを分かりやすくお伝えさせていただきます。

 

●リンパドレナージュ

老廃物を排出させるようにリンパの流れに沿って動かし、皮膚組織をリフレッシュします。皮膚の表面を丁寧にさするように行っていきます。

地味で手間がかかりますが高度なテクニックが必要とされます。

●ピーリング

老化した角質を取り除くことで新陳代謝を活発にし、肌の乾燥を防ぎます。機器を使ったもののほかに、ピーリング剤を使う方法もあります。

●ODT(オーディーティー)

ラップなどを用いて肌を密封して、皮膚を温め有効成分を、効果的にお肌に浸透させていきます。

●イオン導入

電気導入やイオンフォレーゼなどと呼ぶこともあります。肌に有効な成分を電極が反発しあう力を利用して、効率よくお肌に浸透させる方法です顔にプラスやマイナスに通電した導子を乗せてゆっくりと滑らせていきます。代表的なものにビタミンCのイオン導入があります。典型的なエステティックの手法といえます。

esthe-1

 

たまにスキンケアをプロの手にゆだねたい…。どんな女性でもそう思う時はあるはずです。

ですが、メニューを見ても専門的な用語ばかりで、実際にどんな施術が受けらるのかが分からないという人も多いと思います。

ここでは、エステサロンで受けられるフェイシャルメニューを分かりやすくお伝えさせていただきます。

●エレクトロ・クレンジング

毛穴に詰まった金属製の汚れを、顔に乗せたマイナス極の導子を使って毛穴の中から引き出します。金属製の汚れはプラスイオンなので、マイナス極に引き寄せられるという仕組みです。

●エレクトロ・ピーリング

アルカリ性のローションをマイナス極にした導子の力を使って肌へと浸透させます。固くなった角質を柔らかくし、毛穴に詰まった汚れを分解します。

●吸引

毛穴に詰まった皮脂や汚れをガラス管で吸引していきます。血行を良くするマッサージ効果もあります。

●パター

モーターからの空気の吸排力でお肌をマッサージします。リンパの流れにそって、ガラス管をやさしく動かすため、新陳代謝を高め、老化を予防します。

●アロママッサージ

アロマテラピーのマッサージオイルを使い、気の流れの改善やストレスを和らげることにポイントを置いたマッサージです。