疑問

 

肌は心身の状態を表す鏡と言われています。皮膚の細胞は、血液を通して栄養や酸素を受け取り、老廃物を排出していますが、血液の循環が滞ったりすると、その働きがうまくいかず、肌の状態が悪くなるのです。

また、体は冷えを感じると、まず内臓にある中心部を優先して温めようとするため、手足の先や、皮膚の血流が少なくなってしまいます。

 

 

特に、顔の皮膚はいつも外気に触れているので、冷えの影響を一番受けやすいところです。健康な肌は、28日周期で生まれ変わる、いわゆるターンオーバーを繰り返していますが、このサイクルが崩れると、シミやくすみ、むくみ、シワ、ニキビといった症状が出てきます。化粧水などで潤いを与えることも必要ですが、大切なのは半身浴や適度な運動で体の芯から温めることです。また、症状がひどい場合は、マッサージなどを行うと効果的です。

【冷えがあらわれるポイント】

・乾燥、シワ…新陳代謝がうまくいかず、肌表面に残ってしまった古い角質には、水分を十分にキープする力がありません。

・シミ、くすみ、ニキビ…ターンオーバーが乱れると、メラニン色素が蓄積してシミとなたり、余分な角質が肌をくすませたり、毛穴に皮脂がたまって炎症を起こし、ニキビとなることがあります。

・むくみ…血行が悪くなると、余分な水分がたまり、むくみの原因に。朝起きた時、まぶたや頬が腫れぼったくなっていたら、黄色信号です。

寒い女性言葉としては良く耳にする冷え性ですが、改めて冷え性って何?と聞かれると、答えに詰まってしまう人も多いと思います。

冷え性は一般的に、普通の人が寒さを感じないくらいの温度でも、全身や手足、下半身などが冷えてつらい症状とされています。

ところが、やっかいなことに、初期においては自覚症状が伴わないこともしばしば。

自覚症状のないまま放置しておくと悪化し、肌トラブルを招くだけでなく、他の病気を引き起こす原因にもあります。

ところで、冷え性はどうして起こるのでしょうか?

そのメカニズムを知るためには、まず体と熱の関係を理解することが必要です。私たち人間は恒温動物なので、常に体温を37℃前後に保つようになっています。37℃は、体の中で様々な酵素が働くのに最適な温度。そこで、暑い時は、皮膚表面付近の血管に血液を多く流して、温度を下げたり、汗をかいて体温を放出します。逆に寒い時は、抹消にある細い血管を収縮さえて、内臓がある体の中心に熱を集めます。このように、体の各部でバランスを取る機能がうまく働いているうちはよいのですが、問題は体力が落ちている場合です。

自律神経の調節機能がききにくくなっているため、冷え性に陥りやすくなるのです。

hieshou

良く顔色が悪いといいますが、肌は血流の影響を最も受けやすいところです。

体調の悪さは、まず顔にあらわれます。肌アレがひどくなった、化粧ノリが悪い、くすんでいる、ニキビが出来やすいなどの症状も、冷えが原因の場合があるのです。

医学的に言えば、肌のトラブルは、栄養や酸素を送り届ける機能の低下や、老廃物がうまく排泄できない状態が招くもの。

 

肌は28日周期で古い角質がはがれおち、新しい細胞に生まれ変わる再生機能を持っていますが、冷えが引き起こす血行不良は、このサイクルを崩してしまうのです。そうなると、いくら美容液や化粧水でケアをしても、本来の肌の美しさを取り戻すことはできません。肌をイキイキと保つためには、高い化粧品を使うことではなく、まず冷えを解消し、体がもともと持っている機能をうまく働かせることが大切です。

また体型を崩すのは、脂肪だけではありません。体に余分な水分がたまるむくみも見逃せないポイントです。漢方医学では、この状態を水毒と呼び、冷え性の原因の一つと考えます。人間の体の半分以上は水分。健康な人の場合、ビールを飲み過ぎて翌朝顔がむくうなどの一時的なむくみが起きても、水分排泄の機能が働いて、すぐに元に戻ります。

ところが、水毒が原因でこの機能がうまく働か煮と、手足が常にむくみ、お腹はぽっこりという事態に。つまり冷えは、ナイスボディの大敵でもあるのです。