gyunyusosogu

 

水分補給と油分補給を同時に叶えてくれる万能素材の牛乳。

ここでは、そんな牛乳を使った手作りのフェイスウォッシュとフェイススクラブをご紹介させていただきます。

 

古い角質をキレイに取り去り、肌がしっとり&ツヤ感が増すなどの美容効果を感じることができます。

【フェイスウォッシュ】

クレオパトラも愛用したといわれる牛乳風呂。それをそのまま洗顔に使えるのがフェイスウォッシュですシンプルなレシピですが、効果は抜群!牛乳が肌に潤いおツヤを与えてくれます。

●材料(1回分)

・牛乳…1/2カップ

・ぬるま湯…洗面器1杯(約2ℓ)

●作り方

ぬるま湯に牛乳を混ぜたら完成です!

●使い方

そのまま洗顔します。

 

【フェイススクラブ】

肌の汚れを落としながら、同時に潤いを与える牛乳のスクラブです。乾燥肌には脂肪分の吐いた普通の牛乳で、オイリー肌にはスキムミルクを使うと良いでしょう。

●材料(1回分)

・牛乳…大さじ1

・米ぬか…大さじ1

●作り方

牛乳と米ぬかを良く混ぜ合わせら完成です!

●使い方

洗顔後の濡れた肌に直接スクラブマッサージをして、洗い流しましょう。

力を入れずにやさしくクルクルと肌の上を滑らせるようにマッサージするのがコツです。

けして、肌に刺激を与えないようにしましょう。

dk_rose

 

美容効果の高いローズウォーターとはちみつを使った、自宅で作れるフェイスワイプをご紹介します!

ローズの華やな香りに、肌と心が同時にリラックス&癒されていきます。

 

肌の状態に合わせて、ローズウォーターの代わりにカモミールなどのハーブティを使っても、また違った美肌効果を得ることができますよ!

 【そもそも、ローズウォーターとは何?】

ローズウォーターとは、バラの精油を採取する時にできる香りの成分を含んだ水です。バラの芳香蒸留水とも言われます。精製水にローズ精油を混ぜたものをローズウォーターとして売られていますが、化粧水には全社の芳香蒸留水を選ぶことをおすすめします。

【ローズとはちみつのフェイスワイプ】

コットンに浸して、肌の汚れをふき取るフェイスワイプ。乾燥がひどくて石けんで顔を洗えない時や、顔の汚れを軽く取り除きたい時などにおすすめです。

●材料(1回分)

・ローズウォーター…大さじ1

・はちみつ…小さじ1/4

●作り方

ローズウォーターとはちみつを良く混ぜ合わせたら完成です!

●使い方

コットンに浸して顔を拭きます。顎の下、首、耳の後ろなどの見えないところも忘れずに。拭き終わった後は、ぬるま湯で洗い流しましょう。

 

681

 

ここではクレイと抹茶で作れる、さっぱりタイプのスペシャルケアができる、フェイスパック、フェイスウォッシュ、フェイススクラブの作り方をご紹介させていただきます。

 

 

【フェイスパック】

肌がくすんできたと感じる時に、とってもおすすめのパックです。

●材料(1回分)

・クレイ…小さじ1

・抹茶…小さじ1/2

・精製水…小さじ1と1/2

●作り方

クレイと抹茶を混ぜたら、精製水を加えてペースト状にしたら完成です!

●使い方

肌にたっぷりとパックを塗ります。10分ほど置いたらぬるま湯で洗い流しましょう。

 

【フェイスウォッシュ】

抹茶の香りが優しく漂うフェイスウォッシュ。老廃物を取り除くクレイを使って、肌をツルツルにしましょう。

●材料(1回分)

・クレイ…大さじ1

・抹茶…小さじ1/4

・ぬるま湯…洗面器1杯(約2ℓ)

●作り方

ぬるま湯を入れた洗面器に、クレイと抹茶を加えたら完成です!

●使い方

そのまま洗顔に使いましょう。

 

【フェイススクラブ】

濡らした肌に直接つけて、ボロボロと汚れを落とすパウダースクラブです。

●材料(1回分)

・クレイ…小さじ1

・抹茶…小さじ1/4

●作り方

クレイと抹茶を混ぜ合わせたら完成です!

●使い方

濡らした肌に直接パウダーをつけて、マッサージするようにこすります。その後、ぬるま湯で洗い流しましょう。

200px-Haferflocken朝食に食べることの多いオートミールで、しっとりと肌を潤わせる美肌効果の高いスペシャルケアができます。

ここでは、オートミールで作れるフェイスウォッシュとフェイスパック、フェイススクラブをご紹介させていただきます。

 

 【フェイスウォッシュ】

オートミールとヨーグルトの潤い成分が溶け込んだフェイスウォッシュは、肌に負担をかけずに乾燥した肌をしっとりと守ります。

●材料(1回分)

・オートミール…大さじ2

・ヨーグルト…大さじ1

・ぬるま湯…洗面器1杯(約2ℓ)

●作り方

①オートミールはガーゼかお茶用のペーパーバッグなどに入れます。

②ぬるま湯を入れた洗面器に、①のオートミールを入れてエキスを揉みだします。

③ヨーグルトを加えて混ぜ合わせたら完成です!

●使い方

そのまま洗顔に使いましょう。

 

【フェイスパック】

ひんやりしたヨーグルトのフェイスパックを使うと、肌がキュット引き締まり、かさついた肌がしっとりとやわらかくなります。

●材料(1回分)

・オートミール…大さじ1

・ヨーグルト…大さじ2

●作り方

①オートミールはミルで粉末にします。

②ヨーグルトと混ぜ合わせ、ペースト状にしたら完成です!

●使い方

肌にたっぷりとパックを塗り、10分ほど置いたらぬるま湯で洗い流しましょう。

 

【フェイススクラブ】

ヨーグルトの栄養分を吸い込んだオートミールで、肌を保護できる優しいスクラブ。ぬるま湯でスクラブを洗い流すとツヤツヤした元気な肌になります。

●材料(1回分)

・オートミール…大さじ1

・ヨーグルト…小さじ1

●作り方

①オートミールはミルで粉末にします。

②ヨーグルトと合わせ、ペースト状にします。

③オートミールがやわらかくなるまで、3分程度置いたら完成です!

●使い方

濡らした肌に直接スクラブをし、洗い流しましょう。

4db9f01574cc6dbb4ed092bbc66ed747水には肌を潤したり、汚れをキレイに落とし去るなどの様々な嬉しい働きがあります。

ここは、水を使った自宅で手軽に美肌を目指せるフェイススチームとフェイスウォッシュの作り方をご紹介させていただきます。

 

【フェイススチーム】

蒸気で毛穴を開き、汚れを取り除くフェイススチーム。使用する緑茶は殺菌、美肌作用があります。

●材料(1回分)

・水…1ℓ

・緑茶…大さじ1

●作り方

①鍋で水を沸騰させたら火からおろして、1~2分程度おきます。

②緑茶を加えたら完成です!

●使い方

蒸気に手をかざして熱すぎないことを確認してから、湯面から20cmくらい離れたところから、蒸気を顔に当てます。蒸気が逃げないように、頭からタオルをかぶり、テントのような状態にしておくと良いでしょう。体をリラックスながら、蒸気を顔に10分ほど当てましょう。

※フェイススチームの残り湯は、緑茶を鶏んぞき、入浴剤やフェイスウォッシュとしても活用できます。

 

【フェイスウォッシュ】

はと麦の美肌作用のあるエキスを揉みだした、やわらかい洗い心地のフェイスウォッシュです。

●材料(1回分)

・ぬるま湯…洗面器1杯(約2ℓ)

・はと麦…大さじ2

●作り方

①はと麦は、ガーゼかお茶おあっくなどに入れます。

②ぬるま湯を入れた、洗面器にはと麦を入れてエキスを揉みだします。

●使い方

そのまま洗顔に使いましょう。

※お茶に使った後のはと麦でも可。

co-18-3-600

 

オイルには肌をしっかりと潤わせて乾燥を防ぐ働き以外にも、汚れをしっかりと落とす働きがあります。

ここでは、オイルを使った自宅で手軽に作れる、クレンジングオイルとクレンジングジェルをご紹介させていただきます。

【クレンジングジェル】

オリーブオイルは、クレンジングから保湿まで使える万能オイルです。軽いメイクならキレイに落とすことができますよ。米ぬかを少し加えると、小さなつぶつぶでスクラブ効果も得られます。乾燥肌敏感肌におすすめです。

●材料(1回分)

・オリーブオイル…小さじ1

・米ぬか…小さじ1/8

●作り方

オリーブオイルと米ぬかを良く混ぜ合わせたら完成です!

 

【クレンジングジェル】

オリーブオイルは肌あたりが重いという人、ニキビが出来やすいという人におすすめです。さらっとしたグレープシードオイルと水を組み合わせたジェルタイプのクレンジングです。

●材料(1回分)

・グレープシードオイル…100ml

・精製水…50ml

・粉ゼラチン…小さじ1/4

・ベーキングソーダ―…小さじ3/4

●作り方

①グレープシードオイルはビーカーに入れておき、ボウルに氷水を入れます。

②別のビーカーに精製水、ベーキングソーダ、粉ゼラチンを入れて、鍋を火かけて湯煎します。

③ベーキングソーダと粉ゼラチンが解けたら火からおろします。

④③を①の氷水に入ったボウルに入れて、冷やしながらスプーンで混ぜます。

⑤液体にとるがついてきたら、冷蔵庫で20分くらい冷やしたら完成です!

●保存

消毒した蓋つきの容器に入れて、冷蔵保存し、1週間を目安に使い切りましょう。

e0105047_1827234

 

お米を洗った後に出る米のとぎ汁を、どのように活用されていますか?

植物の栄養として与えたる、もしくはそのまま捨ててしまっている人も多いと思います。

 

ですが、米のとぎ汁には肌が喜ぶ美容成分がたっぷりと詰まっているので、ぜひ美容ケアに活用してみてはいかかでしょうか。しかも、スキンケアの節約にもなって一石二鳥です。ここでは、米のとぎ汁でできるピーリングをご紹介させていただきます。

 【米のとぎ汁ピーリング…余分な角質をキレイに取り去りたい人、肌に透明感を出したい人、カサツキを解消したい人におすすめです!】

とぎ汁で洗顔することにより、余分な皮脂や古くなった角質が取り除かれ、肌本来の美しさが引き出されます。さらに、米ぬかの主成分であるセラミドが細胞の隙間に入り込んで、水分の蒸発を防ぎ、肌の保湿力を高める働きをします。

●材料

お米…3合

水…100ml

●作り方

①お米を一度さっと洗ったら、水で強めにといでいきます。

②①のとぎ汁だけを別にして、3時間ほど置きます。

③米ぬかが沈殿してくるので、その上澄み液だけをすくいます。とろりとした感触ならOKです。

●保存法

保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。2~3日で使い切りましょう。

●使い方

洗顔後の顔に薄くのばして15分ほど置きます。軽くこすりながら落としていき、最後にぬるま湯ですすぎましょう。

th毛穴の汚れや、肌のごわつきが気になるけど、肌が弱くて市販のスクラブ剤を安心して使えないという人におすすめの、自宅で手軽に作れる小麦胚芽で作るスクラブです。

毛穴汚れだけでなく、キメも整って素肌自体がとってもキレイになるので、とってもおすすめですよ!

 

それに、混ぜ合わせるだけの簡単レシピなので、忙しい毎日を送っている人にもおすすめです。

 【小麦胚芽スクラブ…キメを整えたい、乾燥が気になる、毛穴の汚れが目立つ、ゴワツキ肌、くすみ肌を改善したいという敏感肌の人におすすめ!】

小麦胚芽の細かな粒子がやさしく角質を落とし去り、乱れたキメをキレイに整えます。粉をふくような荒れた敏感肌もすこやかな状態へと導くことができますよ。さらに、ビタミンEが豊富なので、血行を促進して肌老化や、くすみを解消して若々しい肌を目指せます。

●材料

小麦胚芽粉…大さじ1

牛乳…大さじ1

●作り方

全ての材料を良く混ぜ合わせ、クリーミーなペイスト状になったら完成です!

●保存法

密封容器に入れて、冷蔵庫で保存します。2日間で使い切るようにしましょう。

 ●使い方

洗顔後の顔全体に塗って、軽くマッサージした後、2分ほどおいてぬるま湯で洗い流しましょう。

 

ダウンロード市販の化粧品によっては、肌がピリピリと感じたり、赤くなったりなどの肌トラブルが起こりやすいいわゆる敏感肌の人は、食材で作れる手作りのスキンケアアイテムだと、肌に負担をかけることなく、安心して使えるというメリットがあります。

そんな肌が弱い人に特におすすめの、お塩とスキムミルクで作れる手作り洗顔料をご紹介します。

 【塩ミルク洗顔】

乾燥肌や、敏感肌、シミ、そばかすを解消したい人におすすめ!

天然塩が不要な皮脂や老廃物を落とし、スキムミルクのタンパク質が肌表面に膜を作って、潤いを閉じ込めるので、洗顔後の肌はしっとりとしていて、ツッパリ感はありません。

また、メラニン色素を徐々に取り去る効果もあるので、気になるシミやソバカスがどんどん薄くなっていきますよ!

●材料

天然塩…1/2カップ

スキムミルク…1カップ

 ●作り方

すり鉢に材料を全て入れ、混ぜ合わせながら細かくしたら、完成です!

 ●保存法

密封容器に入れて、常温で保存。2週間で使い切りましょう。

 ●使い方

大さじ1の量に少量の水を加えて馴染ませて、肌に塗っていきます。

顔全体にくるくると小さな円を描くようにマッサージした後、水かぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

 

ダウンロード (1) 手作り化粧品は、余分なものを含まないので、肌に負担をかけずに美肌へと近づけることができる敏感肌にとってもおきのスキンケアアイテムです。

それに、冷蔵庫にある食材で手軽に作れるので、食材を無駄にすることなく、お財布にも負担をかけることがありません。

 

今回は、冷蔵庫によく入っているミルクとはちみつを使った手作り洗顔をご紹介させていただきます。

 【ミルクはちみつクレンジング】

乾燥肌や混合肌、敏感肌におすすめです!

殺菌作用のあるはちみつが、毛穴の汚れをからめとり、牛乳の潤い成分がなめらな肌へと仕上げます。肌の皮脂と水分が整い、肌本来の美しさが引き立ってきますよ!

拭き取り式の簡単に使いえるクレンジングなので、敏感肌でも安心して使えます。

 ●材料

ミネラルウォーター…50ml

牛乳…50ml

はちみつ…大さじ10

小麦粉…20g

●作り方

①ミネラルウォーターを温めます

②①に牛乳、はちみつ、小麦粉を混ぜ合わせ、クリーム状にしたら完成です!

 ●保存法

密封容器に入れて、常温で保存。2日間で使い切りましょう。

 ●使い方

コットンに含ませて、顔の外側に向かって、やさしく汚れをふき取っていきます。

この時、肌をこすらないように注