th (1)

 

 

ここでは、ツヤのない髪を改善できるヘアケアアイテムをご紹介させていただきます。

 

 

【シャンプー】

元気のない髪やパサパサした髪には、椿油とローズマリーがおすすめです。本来の黒髪のツヤと美しさが蘇り、ハリのある元気な髪に戻ります。

●材料(200ml分)

・液体石けん…200ml

・椿油…大さじ1

・ローズマリー精油…25滴

●作り方

全ての材料をよく混ぜ合わせたら完成です!

●保存法

常温保存で、1年ほどで使い切りましょう。

 

【リンス液】

セージはローズマリーと同じように、黒髪の美しさを保つのに欠かせないハーブです。サラサラと気持ちの良い髪質になるリンス液です。

●材料(400ml分)

・りんご酢…2カップ

・セージ(ドライハーブ)…10g

●作り方

広口瓶にりんご酢とセージを入れます。毎日数回、容器を振り、2週間したらセージを取り除き、完成です!

●使い方

1ℓのぬるま湯に大さじ3杯のリンス液を入れます。シャンプー後のすすいだ髪にリンス液をくぐらせて洗いながしましょう。

●保存法

冷暗所で保存し、1年で使い切りましょう。

 

アレンジ法

基本的な精油になじんできたら、新しい精油を試してみると良いでしょう。シャンプーのアレンジは香りを変えて楽しむのが一番。例えば、レモンの代わりにグレープフルーツやオレンジ、ライムなどほかの柑橘系の香りを使ったり、ローズマリーなどのすっきり系の香りの代わりには、ゼラニウムやラベンダーなどフローラルな香りを使ってみるのも楽しいですよ。

 

th

 

 

 

ここでは、髪のベタつきをスッキリとさせるヘアトニック をご紹介させていただきます。

 

 

【ヘアマッサージトニック】

頭皮がべたついてきた時のために、ヘアマッサージトニックを常備してはいかがでしょうか。ペパーミントの香りで、気になる頭皮のニオイも解消できます。

●材料(100ml分)

・精製水…50ml

・ウォッカ…50ml

・ペパーミント精油…2滴

●作り方

ビーカーに精製水、ウォッカ、ペパーミント精油を加えて、良く混ぜわせたら完成です!

●使い方

使う前に容器を良く振ります。手に少量とって頭皮に馴染ませるか、スプレーで吹きかけて、指先を立ててマッサージするように地肌に馴染ませましょう。

●保存法

常温保存で、2週間ほどで使い切りましょう。

 

 

ペパーミントとは?

すっきりさわやかな清涼感あるハーブです。夏用の入浴剤や化粧品に最適。皮脂の分泌を抑える作用以外にも、胃腸の調子を整える働きもします。殺菌作用があるので、うがい液に使われることもあります。

 

ヘアケア豆知識

シャンプーの時には、皮脂を取りすぎないように適量を使い、すすぎでしっかり洗いながします。リンスは髪につけたあと全体に行き渡らせ、少し時間をおいてからすすぎましょう。お風呂あがりにはすぐに乾かそうとせず、ゆっくりと時間をかけて。軽く叩く程度のタオルドライの後に、タオルで髪を巻いてしあらく濡れ髪の状態にしておき、時間をかけて乾かしましょう。

 

 

Young woman washing her hair.

 

ここでは、ベタつきやすい髪の悩みを解消するヘアケアアイテムをご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 【シャンプー】

頭皮から油分の分泌が多いと、髪がべたついたりニオイがきになったりします。オイルに強いレモンの精油は、髪を清潔でさわやかに保ってくれます。

●材料(200ml分)

・液体石けん…200ml

・レモン精油…30滴

●作り方

全ての材料を良く混ぜ合わせたら完成です!

●保存法

常温保存で1年ほどで使い切りましょう。

 

【リンス液】

シャンプー後は、髪を弱酸性に整えるリンスをしましょう。お酢を使ったリンスは髪がやわらかくサラサラになります。ペパーミントを漬けこんだビネガーリンスは、香りも良く頭皮を清潔に保ちます。

●材料(400ml分)

・りんご酢…2カップ

・ペパーミント(ドライハーブ)…10g

●作り方

広口瓶にりんご酢とぺパーミントを入れます。毎日数回、容器を振り2週間したらペパーミントを取りぞき、完成です!

●使い方

1ℓのぬるま湯に大さじ3杯のリンス液を入れます。シャンプーを良く洗い流した髪にリンスをくぐらせて洗い流します。

●保存法

冷暗所で保存し1年を目安に使い切りましょう。

※生の葉を使う場合は、ペパーミントの分量を2倍の20gにすること。

 

th

 

年齢とともに、髪にコシが無くなってきたり、白髪が目立ってきたりしますよね。

そんな髪老化を防ぐためには、頭皮を中心にケアをすることが重要なポイントになります。そんなケアアイテムとしておすすめなのが、ヘアエッセンス。

 

頭皮へとしっかりとマッサージすることで、気になる髪の悩みを予防・解消することができます。

ここでは、敏感肌の人でも安心して使える卵のうす皮を使った、ヘアエッセンスの作り方をご紹介させていただきます。

 【卵のうす皮ヘアエッセンス】

髪にコシがなくなってきたと感じている人、白髪が目立ってきた、もしくは予防をしたい人、髪に栄養を与えたいという人におすすめ!卵のうす皮のヒアルロン酸が頭皮の乾燥を防いで、毛根を正常な状態に保ち、抗酸化作用に優れた、玄米が頭皮の血行を良くして、コシのある髪へと育てます。また、根こんぶのミネラルが髪に栄養を与えて、白髪を予防する働きもあります。

 ●材料

・生卵の皮…10個分

・根こんぶ…5g

・玄米…150g

・紅茶…5g

・しょうが…15g

・ホワイトリカー(35度)…600ml

・精製水…40ml

・クエン酸…微量(つまようじの先を濡らして、つけた程度)

●作り方

①卵の殻を良く洗い、ひたひたの水に2~3時間つけます

②卵の薄皮をはがします

③②の水分を拭き取り、2~3時間乾燥させます

④密封容器に③、根こんぶ、玄米、紅茶、しょうがの輪切り、ホワイトリカーを入れます

⑤冷暗所に10日間おくと原液ができます

⑥原液60mlに精製水、クエン酸を加えたら完成です!

●保存法

エッセンスは冷暗所で1か月、原液は冷暗所で半年間保存できます。

●使い方

スプレー容器に入れて、地肌に2~3回、髪全体にも2~3回スプレーしましょう。

E8249コシと弾力のある髪でいると、見た目年齢を大きく引き下げることができます。

そのためには、毎日のヘアケアが重要なポイントになります。ですが、敏感肌や肌が弱い人にとって、市販のヘアケアアイテムを使うには抵抗があるという人が多いと思います。

そんな人のために、安心で肌トラブルを招かない、手作りで作れるルイボス茶を使った、ヘアエッセンスの作り方をご紹介させていただきます。

 

【ルイボス茶のヘアエッセンス】

髪にコシを出したい人、髪にツヤを出したい人、髪を早く伸ばしたいという人におすすめ!マグネシウム、カリウムなどのミネラルやフラボノイドが細胞の新陳代謝を促して、頭皮の血流を良くします。髪にまで十分な栄養が行き渡るので、ツヤのある髪になるだけでなう、髪が早く伸びるという効果まで期待できます。

●材料

・ルイボス茶…大さじ1

・グリセリン…小さじ1

・水道水…100ml

・精製水…50ml

●作り方

①水道水を火にかけて、沸騰したらルイボス茶を入れて、弱火で3分間に出します

②①を越して冷まします。

③②にグリセリン、精製水を加えて良く混ぜ合わせたら完成です!

※ルイボス茶の色は色素なので、洋服につかないよう注意してください。

●保存法

エッセンスは冷暗所で1か月保存できます。

●使い方

スプレー容器に入れて、地肌に2~3回、髪全体にも2~3回スプレーしましょう。

IMG_3556

 

昔の日本では玄関先や、庭でアロエを栽培している家が多くありました。それは、アロエには止血効果や鎮静効果があり、傷や日焼けなどの治療に役立つからでした。

また、最近では食材としても多く使われており豊富な食物繊維やその他の栄養価を得られることから、ヨーグルトや飲料にも入っています。

 

そんなアロエには、健康効果だけでなく頭皮を活性化させる成分もたっぷりと含まれています。ここでは、アロエで簡単に作れる、ヘアエッセンスの作り方をご紹介させていただきます。ダメージが気になる髪にもおすすめですよ!

 【アロエののヘアエッセンス】

ダメージヘアに栄養補給をしたい人、健康な髪を目指したい人、コシと弾力のある髪をキープしたいという人におすすめ!

分子の細かいタンニン酸が細胞の内部にまで浸透して、髪を作り出す毛母細胞を活性化させ、健康的で美しい髪を育てます。また、細胞を再生させる働きがあるため、カラーリングなどでダメージを受けた髪を健康へと導く効果もあります。

●材料

・アロエベラ…50g

・ホワイトリカー(35度)…300ml

●作り方

①アロエベラは水洗いして、暑さ5mmに切ります。

②ホワイトリカーを加えて、冷暗所で1か月ねかせたら完成です!

●保存法

エッセンスは冷暗所で3か月保存できます。

●使い方

小さじ1程度を地肌にふりかけ、指の腹で良くマッサージしましょう。

img55601621

 

一般的なシャンプーには、界面活性剤がたっぷりと含まれており、髪を余計に傷めたり、頭皮の皮脂バランスを崩すなどの影響が気になるところです。

そんな心配いらずに髪や頭皮をケアできるのが、自宅で手軽に作れるシャンプーです。

ここでは、冷蔵庫に必ずある卵で作るシャンプーをご紹介させていただきます。

 【卵シャンプー:地肌に栄養補給をしたい人、フケが気になる人、パサつきや乾燥が気になる人、健康的な髪を目指している人におすすめ!】

髪と地肌にたっぷりと栄養を与えて乾燥を防ぐので、ぱさつきが気になるダメージヘアや、フケ防止に効果的です。また、髪の表面を覆って髪を保護しているキューティクルを労わる働きをするので、健康的な髪を作り上げます。

市販のシャンプーをかぶれや炎症を起こすという、敏感肌が気になる人に特におすすめです。

●材料

卵黄…1個分

ブランデー…100ml

●作り方

①ブランデーを人肌程度に温めます。

②卵黄を良くといた後、①に混ぜ合わせたら完成です!

●保存法

保存はせずに1回分として使い切りましょう。

●使い方

髪を濡らした後、地肌全体に伸ばして、髪や頭皮をマッサージします。その後、ぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

 

th

 

手作りシャンプーや、石けんシャンプーを使い始めたころは、髪がキシんだり、パサつきがちになるこも…。

使い続けているうちに、自然に皮脂が分泌されるようになるので、キシみやパサつきは気にならなくなりますが、少しでも配慮したいものです。そんな時に役立つのが、手作りで作れるリンス。

 

ここでは、レモンを使った、さっぱりツルツルの髪を実現できる手作りリンスの作り方をご紹介させていただきます。

 【レモンリンス:頭皮をさっぱりとクリーンにキープしたい人、抜け毛が気になる人、頭皮のベタつきや皮脂の臭いが気になるという人におすすめ!】

優れた洗浄力で、頭皮を清潔に保ち、抜け毛を防ぐのに役立ちます。また、レモンに含まれるビタミンCは皮脂抑制効果があるので、頭皮がベタつく、ニオイが気になるという皮脂分泌が多い人に特におすすめです。爽快感がある使い心地なので、リフレッシュしたい時にも使えますよ。

●材料

レモン汁…1個分

はちみつ…小さじ1

●作り方

全ての材料を良く混ぜ合わせたら、完成です!

●保存法

保存はせずに1回分として使い切りましょう。

●使い方

シャンプーをした後、洗面器のお湯をはりレモンリンスを加えてかき混ぜ、髪全体をすすぎましょう。

 

PB155304髪のお手入れで一番大切なことは、頭皮を清潔にすることと、頭皮の血行を良くすrことです。それは、頭皮こそが新しい髪を作りだす部分だからです。

市販のリンスには、たくさんの油分や、界面活性剤が含まれているので、皮脂づまりや頭皮トラブルを招く原因になります。

そんなトラブルを回避できるのが、食材を使った手作りリンスです。

ここでは、頭皮をさっぷり爽快にしてくれるリンゴ酢を使ったリンスの作り方をご紹介させていただきます。

【リンゴ酢リンス:髪にツヤを与えたい人、髪ダメージを改善したい人、やわらかい髪に仕上げたい人におすすめ!】

リンゴ酢に含まれている酢酸やクエン酸が、ツヤを与えてダメージを感じさせない美しい髪へと導きます。また、豊富なミネラルが髪に栄養をしっかりと与え、しなやかで手触りのやわらかい髪に仕上げます。

●材料

リンゴ酢…100ml

ローズマリー精油…3滴

●作り方

全ての材料を良く混ぜ合わせたら、完成です!

●保存法

密封容器に入れて、冷暗所で1か月保存できます。

●使い方

シャンプーをした後、洗面器のお湯をはりリンゴ酢リンスを大さじ4杯を加えてかき混ぜ、髪全体をすすぎましょう。

毛先のパサつきが気になる人は、その部分にしっかりと塗ることでしっとり効果が得られます。

 

n-hamakaze00

 

頭皮が健やかな状態だと、新しい健康的な髪が生まれやすくなるので、頭皮環境には気を使いたいものです。

清潔な頭皮がキープされることで、ベタつきや、ニオイ、フケなども気にならなくなりますよ。

 

そんな、頭皮環境をベストな状態に導く効果があるのが、自宅で手軽に作れるみかんを使ったヘアエッセンスです。髪や頭皮が元気になってくるのを感じられますよ!

 

【みかんのヘアエッセンス:薄毛が気になる人、頭皮を活性化させたい人、フケが気になる人、頭皮の皮脂が気になる人におすすめ!】

柑橘類の皮に含まれるアミノ酸が、毛をつくる毛母細胞組織を活性化させ、育毛を促進します。また、精油成分が頭皮の血液の流れも良くして、毛根に栄養を与え、外部の刺激に強く、ダメージを受けにくい健康的な髪を育てます。

 ●材料

・2種類以上の柑橘類の果実(温州みかん、甘夏、伊予柑、はっさく、レモンなど)…合わせて50g以上

・ホワイトリカー(35度)…150ml

●作り方

①果実はよく洗って皮を薄くむきます

②2~3日陰干しをします

③ホワイトリカーを加えます

④密封容器に入れて、冷暗所で1週間寝かせます

⑤皮は取り出して捨てます

⑥再び、冷暗所で2週間ねかせます。

⑦色が濃くなってきたら完成です!

●保存法

密封容器に入れて、冷暗所で2か月保存できます。

●使い方

1日に2回、4~5滴を地肌にふりかけ、指の腹で良くマッサージをしましょう。