th

敏感肌の人は、刺激に弱くかぶれや湿疹を起こしやすいという特徴があります。ここでは、敏感肌に合った化粧品の使い方をご紹介させていただきます。

 ①洗顔

刺激の少ない石けんで洗顔し、油分や保湿剤が入っている洗顔料は使わないようにします。ぬるま湯で良くすすぎ、最後に水で仕上げ洗いをしましょう。洗顔時には、ゴシゴシこするなどの刺激を与えないよう、やさしく洗うことで肌に負担をかけません。

 

 ②基礎化粧品

何もつけないのがベストですが、どうしても肌がつっぱる場合は、夜の洗顔後に酸性の化粧水をつけて、カサカサとしている所だけにピュアなオリーブオイルや、ホホバオイルを補います。ただし、アルコールやグリセリンにかぶれる人もいるので、かぶれないものを探すことが必要です。朝メイクをしない時は、洗顔後に化粧水だけをつけます。肌がつっぱるようであれば、そのたびに化粧水を補ってください。

 ③メイクアップ

何もしないのがベストですが、どうしてもする必要がある時は、固形ファンデーションと口紅程度にしましょう。自分の肌にあったかぶれないものを見つけておくと良いですよ。

 ④化粧品の選び方

化粧水やファンデーションのサンプルをもらって試してから、肌トラブルを起こさないかを判断して、選ぶようにしましょう。

 

th (1)

 

 

敏感肌などの肌の弱い人は特に、肌トラブルが起こりやすいため、化粧品選びにも慎重になると思います。

ここでは、そんな人のために安心できる化粧品の選び方をご紹介させていただきます。

 

 

●化粧水

化粧水を購入する前に刺激のある危険物質が入っていないかを、まずチェックします。試供品をもらい、試してみればより安心です。目安としては、つけてかゆくならないこと。

また、油分が多くないかどうかを頭に入れて選んでください。瓶を振ってみて泡がたくさんでき、すぐに消えないものは、油分が多いものと言えます。

●乳液

乳液は伸びが良く肌に馴染み、脂っぽさがなくさっぱりとしているので、汗ばむ季節やオイリー肌の人に好まれています。乳液は、水と油を分離させない強力な界面活性剤が生まれてから作り始められるようになりました。ですが、もともと不安定で変質しやすいため、保存料や酸化防止剤を始め、品質を安定させる化学物質が多く含まれています。ですので、肌が弱い人はできるだけ使うことを避けた方が良いでしょう。

 ●保湿クリーム

カサツキのある肌には保湿クリームはとても効果的です。ですが、化粧品の中でもかぶれやすいのが保湿クリームなのです。保湿クリームは、油性成分であるラノリンやワックス、ロウに界面活性剤を加えたもので、乳液より油分が多く含まれています。ですので、できればピュアなオリーブオイルや、ホホバオイルなどを使うようにしましょう。

ダウンロード市販の化粧品によっては、肌がピリピリと感じたり、赤くなったりなどの肌トラブルが起こりやすいいわゆる敏感肌の人は、食材で作れる手作りのスキンケアアイテムだと、肌に負担をかけることなく、安心して使えるというメリットがあります。

そんな肌が弱い人に特におすすめの、お塩とスキムミルクで作れる手作り洗顔料をご紹介します。

 【塩ミルク洗顔】

乾燥肌や、敏感肌、シミ、そばかすを解消したい人におすすめ!

天然塩が不要な皮脂や老廃物を落とし、スキムミルクのタンパク質が肌表面に膜を作って、潤いを閉じ込めるので、洗顔後の肌はしっとりとしていて、ツッパリ感はありません。

また、メラニン色素を徐々に取り去る効果もあるので、気になるシミやソバカスがどんどん薄くなっていきますよ!

●材料

天然塩…1/2カップ

スキムミルク…1カップ

 ●作り方

すり鉢に材料を全て入れ、混ぜ合わせながら細かくしたら、完成です!

 ●保存法

密封容器に入れて、常温で保存。2週間で使い切りましょう。

 ●使い方

大さじ1の量に少量の水を加えて馴染ませて、肌に塗っていきます。

顔全体にくるくると小さな円を描くようにマッサージした後、水かぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

 

ダウンロード (1) 手作り化粧品は、余分なものを含まないので、肌に負担をかけずに美肌へと近づけることができる敏感肌にとってもおきのスキンケアアイテムです。

それに、冷蔵庫にある食材で手軽に作れるので、食材を無駄にすることなく、お財布にも負担をかけることがありません。

 

今回は、冷蔵庫によく入っているミルクとはちみつを使った手作り洗顔をご紹介させていただきます。

 【ミルクはちみつクレンジング】

乾燥肌や混合肌、敏感肌におすすめです!

殺菌作用のあるはちみつが、毛穴の汚れをからめとり、牛乳の潤い成分がなめらな肌へと仕上げます。肌の皮脂と水分が整い、肌本来の美しさが引き立ってきますよ!

拭き取り式の簡単に使いえるクレンジングなので、敏感肌でも安心して使えます。

 ●材料

ミネラルウォーター…50ml

牛乳…50ml

はちみつ…大さじ10

小麦粉…20g

●作り方

①ミネラルウォーターを温めます

②①に牛乳、はちみつ、小麦粉を混ぜ合わせ、クリーム状にしたら完成です!

 ●保存法

密封容器に入れて、常温で保存。2日間で使い切りましょう。

 ●使い方

コットンに含ませて、顔の外側に向かって、やさしく汚れをふき取っていきます。

この時、肌をこすらないように注

k162_850

 

体は冷えているけど、浴槽につかる時間が取れないという人におすすめなのが、エッセンシャルオイルを使ったフェイスサウナです。

 

 

洗面器に熱湯を注ぎ、2~3分冷ました後、アロマテラピーに使うエッセンシャルオイルを1~2滴ほど垂らします。その後、バスタオルを頭からかぶって、蒸気を顔に浴びていきます。

5分ほどすると汗がじんわり出てくるのを感じ、10分ほど蒸気を浴びたら終了し、肌を引き締めるために冷水を手にとって顔全体に軽くパッティングします。

その後は、美容液や乳液などで十分に保湿します。

1週間に1度のペースで行うと、皮膚の血行が良くなることで顔色が明るくなります。同時い毛穴の汚れや老廃物もキレイになくなっていきますよ!

 【フェイスサウナにおすすめのエッセンシャルオイル】

●乾燥肌

肌を柔らかくし乾燥に効果があるのが、サンダルウッドです。乾燥肌と皮脂過多の両方におすすめなのが、イランイランとラベンダーです。

●オイリー肌

皮脂の分泌を抑える効果があるのがサイプレス。また、収れん作用があるジェニパーベリーや、ゼラニウムなどもおすすめです。

●くすみ、老化肌

ホルモンバランスを整えるゼラニウムや、毛細血管の働きを活性化するローズがおすすめ。また、新しい細胞の成長を促すラベンダーも効果的です。

}PgžxQフルーツの中でも日本人には昔から馴染みのあるリンゴ。

そんな手軽に手に入るリンゴを使った手作り化粧水の作り方をご紹介します。

食べた後のリンゴの皮で作れるから、コストも殆どかからないのでお財布にもとっても優しいのも嬉しい化粧水です!

 

リンゴの美容効果を新鮮なまま肌へと補給できるので、高い美容効果を実感できます。

【リンゴ化粧水】

肌の再生、ニキビの炎症緩和、キメを整える、毛穴の黒ずみ改善におすすめ!

肌のターンオーバーの周期を整えるので、肌の再生力を高めることができます。キメが乱れた荒れた肌や、ニキビの炎症の緩和、ニキビ跡や毛穴の黒ずみまでキレイに消し去る効果もあります。甘く爽やかなリンゴの香りが心を落ち着かせるため、使う度にリラックスした気持ちになれますよ。

●材料

リンゴの皮…1個分

ウォッカ…50ml

精製水…150ml

●作り方

①ガラス瓶にウォッカとリンゴの皮を入れて、蓋をして一晩置きます。

②①に精製水を加えて完成!

●保存法

蓋つきの瓶に移し替え、冷蔵庫で保存し2週間ほどで使い切るようにしましょう。

●使い方

コットンか手にとって、肌にやさしく馴染ませていきます。気になる部分にはローションパックがおすすめです。

 

untitled

 

昔から体の不調に効果があると使われてきた野草のよもぎ。

そんな、先人の知恵を活かして自宅で手軽に作れるのがよもぎ化粧水です。

肌に負担をかけずに健やかな状態に導くのでアトピー肌の人でも安心して使えます。

ここでは、よもぎ化粧水の簡単な作り方をご紹介させていただきます。

 【よもぎ化粧水】

アトピー肌の炎症の改善、乾燥肌、乾燥によるかゆみの緩和におすすめ!

よもぎに含まれているクロロフィルが、肌の奥深くまですばやく浸透し、敏感肌やアトピー肌の皮膚炎を改善します。優れた保湿力があるため、カサカサとした白い粉をふく肌も瞬時にしっとりとさせ、乾燥からくるかゆみを防ぐことができます。

●材料

乾燥よもぎ…10g

精製水…200ml

ウォッカ…小さじ1

●作り方

①乾燥よもぎを出汁パックなどに入れて、密封瓶に入れます。

②約60℃に温めた精製水を加えます。

③冷暗所で3~4日置いた後、よもぎを取り出してウォッカを加えたら完成!

●保存法

蓋つきの瓶に移し替え、冷蔵庫で保存します。約1か月ほどで使い切るようにしましょう。

●使い方

コットンか手にとって、肌にやさしく馴染ませていきます。気になる部分にはローションパックがおすすめです。

 

121223699423116232067

 

漢方にもつかわれている野草のドクダミ。

高い解毒作用があることから、止血の際や健康茶として昔から親しまれてきたという歴史がある植物です。

 

そんな、体の不調を良い状態に導くことができる万能薬ともいえるドクダミを使って、自宅で手作り化粧水が手軽に作れます!ぜひ、実践してみてください。

【ドクダミ化粧水】

アトピー肌の炎症の改善、ニキビや吹き出物の改善におすすめ!

ドクダミに含まれているクエルシトリンには抗炎症作用があり、腫れを治すなどの効果があります。ニオイ物質のデカノイルアセトアルデヒドには、抗菌作用があるため、常に肌を清潔な状態に保ち、ニキビや吹き出物、アトピー性皮膚炎の改善に高い効果を発揮します。

●材料

乾燥ドクダミ…20g

ホワイトリカー(35度)…100ml

精製水…100ml

●作り方

①乾燥ドクダミとホワイトリカーを密封瓶に入れます。

②冷暗所に1週間ほど置いて、ドクダミを取り出した後、精製水を加えたら完成です!

●保存法

蓋つきの瓶に移し替え、冷蔵庫で保存します。3週間ほどで使い切るようにしましょう。

●使い方

コットンか手にとって、肌にやさしく馴染ませていきます。気になる部分にはローションパックがおすすめです。

 

lotion_img1

 

市販の化粧水には、添加物などの化学物質が多く含まれていることが多いため、肌が敏感な人ほど、それらが原因で肌トラブルを起こしている可能性があります。

ここでは、化学物質を含まない自然そのままの成分が肌をいたわりながら美肌へと導く手作り化粧水をご紹介します。

 

【ジャスミン茶化粧水】

大人ニキビ、カサカサが気になる肌におすすめ!

刺激が少なく、荒れた肌や敏感な肌を優しく潤す効果があるのがジャスミン茶です。高い殺菌力があるので常に清潔な肌をキープすることができるので、ニキビ予防にも最適です。また、肌の乾燥を防ぐ効果があるため、乾燥が気になる肌にもおすすめです。

ジャスミンの品のある甘い香りには、リラックス作用もあるので、肌だけでなく心まで癒されていくのを感じられますよ。

 ●材料

ジャスミン茶…大さじ4

紹興酒…100ml

黒砂糖…小さじ1

グリセリン…小さじ1

●作り方

①鍋に材料全てを入れて、蓋をしたまま弱火で約2分ほど煮だします。

②冷めるまでそのままおき、茶こしで腰て完成です。

●保存法

蓋つきの瓶に移し替え、冷蔵庫で保存し、2週間ほどで使い切るようにしましょう。

●使い方

コットンか手にとって、肌にやさしく馴染ませていきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

手作りの化粧水は、弱い肌でも負担をかけずやさしく潤すことができます。

また、フレッシュな状態のものを肌に補給することができるので、美容効果を早く得ることもできますよ。

 

ここでは、どこでも手軽に手に入る食材である、きゅうりを使ったニキビや日焼け後のケアにおすすめの化粧水の作り方をご紹介します。

夏におすすめの化粧水です!

【きゅうり化粧水】

ニキビ、日焼け後のケアにおすすめ!

ビタミンAやC、キュウリアルコールが肌表面を保護して清潔に保つので、ニキビの予防や改善に高い効果を発揮します。また、日焼け後の肌に使うことで、鎮静・消炎効果で赤身は火照りを鎮めることができ、健康な肌をすぐに取り戻すことができます。

 ●材料

きゅうり…1本

精製水…250ml

エチルアルコール…小さじ2

グリセリン…小さじ2

●作り方

①洗ったきゅうりをすりおろします。

②ボウルにガーゼを2枚重ねて、①をこして軽く絞ります。

③②に精製水、エチルアルコール、グリセリンを加えて完成!

●保存法

蓋つきの瓶に移し替え、冷蔵庫で保存し4~5日ほどで使い切るようにしましょう。

●使い方

コットンか手にとって、肌にやさしく馴染ませていきます。気になる部分にはローションパックがおすすめです。