img_5ハーブのエキスを出すのに最も楽なのは、お湯で抽出する方法です。

ドライハーブに熱いお湯を注ぎ、5分ほどムラしておくと、ハーブのエキスが溶けだしていくのが分かります。普段飲んでいるハーブティも、難しい言い方をすればハーブの抽出液なんです。

 

しかしハーブティは飲むばかりでなく、スキンケアやセルフケアにも活用したいもの。

肌に優しいレモンバームやカモミールは洗顔やパックに、殺菌効果のあるタイムやペパーミントはフットバスに、香りの良いラベンダーやローズは蒸気で芳香を楽しむスチームに。つのハーブを使ってもいいし、何種類かを組み合わせるのも楽しいでしょう。

例えば花は花のハーブで、葉は葉のハーブで組み合わせるのもおすすめです。

花ならラベンダー&ローズ&カモミール、葉ならローズマリー&カモミール&セージやレモンバーム&ペパーミントという感じです。

ハーブというと特別な感じがして近寄りがたい、何を買ってよいのか分からないという人もいるかもしれませんが、難しく考える必要はありません。

すぎなやよもぎなどの身近な素材だっていいのです。まずは自分にとって馴染みやすいものから始めてみてください。毎日が香りに包まれることで、心の充実を感じられるようになりますよ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAここでは、気持ちをリフレッシュして心をやわらげるセットをご紹介させていただきます。

元気が出る香りを上手に使うことで、気分を変えることができます。また、アイピローは好みのがらの布を用意するのもおすすめですよ。

 

【アイピロー】

お米の適度な重さが目に心地よいアイピロー。考えすぎて落ち込んでしまう時は、リラックス効果のあるラベンダーとカモミールの香りを感じながら、横になって全身の力を抜いてみましょう。

●材料

・ラベンダー(ドライハーブ)…大さじ3

・カモミール(ドライハーブ)…大さじ1

・米…3/4カップ

・とうがらし(乾燥)…1本

●作り方

①10cm×20cmの布袋を用意します。

②袋にラベンダー、カモミール、米、とうがらしを入れたら完成です!

●使い方

目の上にのせて休みます。

 

【フェイススチーム】

気分がぱっとしない時は、ベルガモットとイランイランの香りをかいでみてください。ストレスを癒して心を落ち着かせてくれます。

●材料(1回分)

・水…1ℓ

・ベルガモット精油…2滴

・イランイラン精油…1滴

●作り方

①鍋で水を沸騰させたら火からおろし、1~2分おきます。

②ベルガモットとイランイランの精油を垂らしたら完成です!

●使い方

蒸気に手をかざして熱すぎないことを確認して、湯面から20cmくらい離れたところから顔をに蒸気をあてます。蒸気が逃げないように頭からタオルをかぶり、テントのような状態にしておくと、より良い効果を得られます。体をリラックスさせ10分ほど蒸気を顔に当てましょう。

image6

 

ここでは、イライラを吹き飛ばすリフレッシュセット をご紹介させていただきます。

香りのパワーには癒しに強い効きめがあります。イライラした時に香りの力を借りることで、気分転換が上手にできますよ。

 

【オーデコロン】

良い香りをかぐと人はどうしても微笑んでしまいます。いつでも気分転換ができるように、さわやかな香りのオーデコロンを持ち歩いてみてはいかがでしょうか?

●材料

・イランイラン精油…5滴

・グレープフルーツ精油…20滴

・ローズマリー精油…5滴

・無水エタノール…20ml

・精製水…10ml

●作り方

①ガラスのスプレー容器にイランイラン、グレープフルーツ、ローズマリーの精油を入れます。

②無水エタノールを加えたら、蓋をして1日置きます。

③翌日、香りがまとまったら精製水を加えて完成です美久利

●使い方

使う前に良く振ります。

●保存法

常温保存

 

【入浴剤】

イライラしている時は、体が硬くなって呼吸も浅くなっています。鎮静作用のある精油を使ったお風呂に入り、大きく息を吐き出してみましょう。肩の力が抜けていくのを感じられます。

●材料(1回分)

・天然塩…1/4カップ

・ラベンダー精油…2滴

・スイートオレンジ精油…3滴

●作り方

全ての材料を混ぜ合わせたら完成です!

796435546

 

ここでは、ぐっすり眠るための手作りスペシャルセットをご紹介させていただきます。

入浴剤もハーブスチームも目を閉じ、体を楽にして香りをゆっくりと吸い込むことで、心も体も芯からほぐれて疲れが取れるのを感じれます。

 

【入浴剤】

眠れない時におすすめの香りはスイートオレンジ。心をリラックスさせ安眠を促す作用があります。香りのよい白塩風呂は疲れも取れてぐっすり睡眠を叶えます。

●材料(1回分)

・天然塩…1/4カップ

・スイートオレンジ精油…4滴

・ゼラニウム精油…1滴

●作り方

全ての材料を混ぜ合わせたら完成です!

 

【ハーブスチーム】

ハーブスチームは火を使わずにお部屋を漂わすことができるので、おやすみ前にそのまま使えて便利です。ハーブにお湯を注いだら、あとはほのかな花の香りに包まれて眠るだけ♪

●材料(1回分)

・水…1ℓ

・カモミール(ドライハーブ)…大さじ1

・ローズ(ドライハーブ)…大さじ1

●作り方

①鍋で水を沸騰させたら火からおろし、1~2分ほど置きます。

②カモミール、ローズを加えたら完成です!

●使い方

そのまま部屋に置き、香りを楽しみましょう。

 

 

カモミールとは?

甘酸っぱい香りで、安眠を促す効果があります。また生理痛をやわらげる働きもします。

 

ローズとは?

甘い優雅な香りで心と香りを癒すのがローズです。高い収れん作用がありフェイスケアに使っても美肌効果を発揮します。

saboneryrikid_img

 

ここでは、1日を元気に始められる手作りスキンケアレシピをご紹介させていただきます。

シャワーソープには、リフレッシュさせるレモンの精油。アイパックはひんやり感が気持ち位ので、前の晩に作って冷やしておくと良いですよ。

 

 

【シャワーソープ】

1日の始まりは元気よく音を立てるシャワーから!スキッとした香りのシャワーソープで、全身を洗えば、心も体もリフレッシュして、目覚めの良い朝を迎えられます。

●材料(200ml)

・液体石けん…200ml

・ペパーミント精油…5滴

・ユーカリ精油…20滴

●作り方

液体石けんにペパーミント精油とユーカリ精油を加え、良く混ぜ合わせたら完成です!

●保存法

常温保存で1年を目安に使い切りましょう。

 

【アイパック】

朝起きた時に目がはれぼったいと、外出するのも億劫になってしまいます。そんな時は、冷やしたアイパックで応急処置をしましょう。

●材料(1回分)

・レモンバーム(ドライハーブ)…小さじ2

・ラベンダー(ドライハーブ)…小さじ2

●作り方

①お茶用のペーパーバッグを2つ用意し、レモンバームとらラベンダーを小さじ1をペーパーバッグ一つづつに入れたら完成です!

●使い方

アイパックに少量の熱湯を注ぎ、エキスを出します。粗熱が取れたら取り出して冷蔵庫で冷やし、冷たくしたアイパックを目の上にのせましょう。

 

th

甘酸っぱい香りに心が癒されてくる手作りスキンケアの素材と言えば、柑橘類です。レモンを代表とする柑橘類は、大きくわけて二つの部分を使います。

一つは果汁。酸味のある柑橘類の果汁は、肌や髪を弱酸性に保つ手助けをする働きがあるため、化粧水やヘアリンス使うことができます。

 

また、くすみが気になる時にハンドスクラブやパックに少し加えるのもおすすめです。二つ目は皮を圧搾して抽出した精油です。精油は植物から採れる芳香エッセンスで、レモンやスイートオレンジ、グレープフルーツなど精油によって香りも違えば、使用目的も違ってきます。

例えば、スイートオレンジは甘くて優しい香りが特徴で、心を落ち着かせる作用があるため安眠を促す精油とも言われています。グレープフルーツは、シャキッとさわやかな香りが特徴でむくみにも効果があるため、マッサージオイルに最適です。

ベルガモットの精油は、他の精油とブレンドことが多く、どの精油とも相性が良く、単独で使うより馴染み見やすい香りになります。

精油を買うのは知識がいるし、値段も高い…と敬遠している人もいるかもしれませんが、柑橘系の精油は香りも親しみやすく、値段も比較的手ごろなので、興味がある人はアロマショップでサンプルの香りをかいで試してみてください。

a5192a08c590cf94a1a1d3c2faee6b3f筋肉の力が弱まっていると、上半身から下りてきた血液やリンパ液を押し返すことができなくなり、むくみやすくなります。

足つぼを刺激してから、血液やリンパ液の流れを良くするマッサージをして、むくみ改善をしましょう。また、血行がよくなるので、肌もキレイになっていきますよ!

【ふくらはぎを中心にむくみを改善するマッサージ法】

①足裏と足の甲を親指ですべらすように押します。自分の指で老廃物の滞りを感じたら、そこを重点的にマッサージします。

②両手で足を包むようにし、親指どうしを足の外側で重ねます。親指で足の側面を押しながら、足首からひざ下に向かってマッサージします。両足を5回ずつ行いましょう。

③足首から、ひざ、ひざから内もものつけ根まで、足の内側を両手のひらを交互に使って、さすりあげます。両足を5回ずつ行います。すねやふくらはぎに硬い部分があれ、そこを重点的にマッサージしましょう。

④ふくらはぎを下から上に、親指とほかの指ではさんで両手で揉みます。片手で上からすねを片手で下からふくらはぎを包み、足首からひざに向かってさすります。両足を10回ずつ行いましょう。

【マッサージにおすすめの精油】

●ジェニパーベリー…むくみやセルライトの解消におすすめ。

●サイプレス…リンパの流れをスムーズにする作用があります。

●ゼラニウム…引き締め効果があります。

img4d34f67c9a6f3人間の皮膚は、外側から何か成分を与えても、せいぜい角質層までしか吸収できません。

それも、油や油に溶けるものや、分子量500以下の小さいものでないとまずは無理です。

 

例えば、コラーゲンは分子量が30万、ヒアルロン酸は分子量が100万くらいでなので、化粧品に配合しても通常は表面にとどまって、保湿を強化するのみです。

ですが、本来、皮膚から何かを真皮や、皮下組織に入れようとするのはある意味怖いことです。栄養分は、消化して微分子にし、小腸を通して血管に入れないと、アレルギーを起こすことが多いからです。

ですので、肌の奥に取り入れたいものは、口から食べ物として入れた方が効果的なのです。

ただし、精油は例外。精油は分子量が小さくて油に溶ける性質なので、皮膚から自然に体内に入り、アロマテラピーとして気体でも吸い込むことができ脳にしっかりと作用します。バラの香りをかぐと肌のバリア機能が上がったり、ローズマリーやフランキンセンスの精油を薄めて皮膚に塗ると肌細胞が修復されたりと美容効果を発揮します。

有名ブランドの高価な化粧品も女性にとって魅力的なものですが、手軽にそして自然なままの作用をしっかりと得られるのが精油だと言えます。

pot_candle_03香料には精油などの自然界の植物の香りをそのまま抽出した天然香料と、石油化学工業や石炭化学工業、パルプ工業などから大量に入手でる化合物から合成して作られる、合成香料の2種類があります。

合成香料も安全性は確認されていますが、中には変異原性が疑われるものもあります。

天然なら全て安全だというわけではありませんが、合成香料ではアレルギーが出るけど、天然香料なら大丈夫だという人は少なくありません。

精油の香りは、常温なのに液体でも期待でもあるという、高いエネルギーを持ったものです。

さらに香りは、五感の中でも脳の新皮質を通さず、脳の大脳辺縁系に直接伝わる特別なもの。ラベンダーなどの良い香りの精油と、汗が染みこんだ靴下に似た嫌な臭いをかいで、α波を測定した実験では、良い香りではα波が脳に現れてリラックスしますが、嫌な香りをかぐと、すぐにα波が消えてしまいます。

ストレスを減らして、リラックスすることは血流を良くし、活性酸素を減らすことになるので、アンチエイジング的に嬉しい作用があります。

また、良い香りをかぐと肌のバリア機能にも良い影響があったりします。

精油には細胞活性や抗シワ作用のあるものも多くあるので、ぜひ毎日の生活に取り入れてみてください。

k162_850

 

体は冷えているけど、浴槽につかる時間が取れないという人におすすめなのが、エッセンシャルオイルを使ったフェイスサウナです。

 

 

洗面器に熱湯を注ぎ、2~3分冷ました後、アロマテラピーに使うエッセンシャルオイルを1~2滴ほど垂らします。その後、バスタオルを頭からかぶって、蒸気を顔に浴びていきます。

5分ほどすると汗がじんわり出てくるのを感じ、10分ほど蒸気を浴びたら終了し、肌を引き締めるために冷水を手にとって顔全体に軽くパッティングします。

その後は、美容液や乳液などで十分に保湿します。

1週間に1度のペースで行うと、皮膚の血行が良くなることで顔色が明るくなります。同時い毛穴の汚れや老廃物もキレイになくなっていきますよ!

 【フェイスサウナにおすすめのエッセンシャルオイル】

●乾燥肌

肌を柔らかくし乾燥に効果があるのが、サンダルウッドです。乾燥肌と皮脂過多の両方におすすめなのが、イランイランとラベンダーです。

●オイリー肌

皮脂の分泌を抑える効果があるのがサイプレス。また、収れん作用があるジェニパーベリーや、ゼラニウムなどもおすすめです。

●くすみ、老化肌

ホルモンバランスを整えるゼラニウムや、毛細血管の働きを活性化するローズがおすすめ。また、新しい細胞の成長を促すラベンダーも効果的です。