20110226_1335892女性の悩みの中で多いのが便秘。便秘をすると肌が荒れると感じている人も多いのではないでしょうか?

便秘の時には活性酸素が増えるため、肌だけでなく健康にも悪影響をおよぼします。

便秘改善には、食事や生活習慣を見直すことが大切です。

食事で食物繊維を十分にとることが最大のポイントとなります。

【食物繊維を豊富に含む食材】

●穀類…ライ麦パン、玄米、そば

●いも類…じゃがいも、さといも、さつまいも

●野菜類…たけのこ、にんじん、さやえんどう、れんこん、ブロッコリー

●豆類…納豆、小豆、おから

●きのこ類…しめじ、しいたけ、えのきだけ

●海草類…ひじき、のり、わかめ

●果物…バナナ、干し柿、いちご、りんご

また、便秘がちな人に多い問題は排便のタイミングを逃しやすい生活をしているという点です。

朝食後は一番便意の起こりやすい時ですが、朝食抜きで仕事に出かけてしまったり、便意を感じても我慢してしまうことが続くと、慢性的な便秘になってしまいます。

このような人は、まず朝少し早目に起きてきちんと朝食を摂り、トイレタイムのゆとりを持つようにしましょう。

起きたときに冷たい牛乳を飲んだり、おなかのマッサージをするのも、腸を目覚めさせてお通じを促す効果があります。