image_01

 

 

 

ここでは、極上の美肌をつくるコツを様々、ご紹介させていただきます。

 

 

 

●毎日1時間のウォーキングで肌に革命を起こす!

ウォーキングの効果は絶大!若返りホルモンが存分に引き出され老化から若返りへ体が変化します。また、効率よく脂肪を燃焼させ、筋肉を増やすことで基礎代謝を上げ、太りにくい体質に改善することができます。ウォーキングを始めて3か月ほどすると、顎やお腹、お尻が引き締まって形が整い、理想体型へと変わっていきます。

 

●美肌ホルモンでツヤ&透明感アップ!

ベータエンドルフイン、ドーパミン、セルと人などの快楽系ホルモンが細胞の老化を食い止め、エネルギーに満ちた新しい肌細胞を生み出します。その結果、透明感と輝くのある美肌になれるのです。

 

●健康的な素肌をつくる

肌の基礎となるのは、骨、筋肉、血管です。これらの肌の土台がしっかりとしていれば肌は自然にキレイになります。内側から輝くようなくすみのない明るい肌、ハリと弾力のある肌になるために良い骨、筋肉、血管の状態をキープしましょう。適度な運動とカルシウムの摂取、日光に当たる、この3つがポイントです。

 

●代謝力、修復力を高める

アミノ酸を多く含む食品は肌の新陳代謝をアップします。肉食は美容や健康によくないという人もいますが、適量の肉食は美肌や健康だけでなく、長寿にも役立ちます。修復力も美肌づくり欠かせないポイントです。早寝早起きを習慣づけるだけで修復力がグンとアップします。

th

 

リンパの滞りをなくして血行を良くし、肩コリや首の疲れをとることで、美肌も同時に叶えます。コリがひどくなってからではなく、少しでもコリを感じたらマッサージをしましょう。

お風呂上りや寝る前など、リラックスタイムに行う習慣をつけると良いですよ。

 

 

【美肌にも役立つ!肩こり解消マッサージ法】

①中指から薬指を使って、耳の下から肩の先に向かってなでるようにマッサージします。5回ほど行ったら、反対側を同様に行いましょう。そして首全体もマッサージします。生え際から首のつけ根へ向かって強すぎない力でなでおろします。

②首のつけ根から肩先をつなぐラインの中央を人差し指の腹で押します。強めに3秒押して3秒休み、これを5回繰り返します。

③届く範囲で肩から背中に手を置き、首のつけ根に向かって引き上げるようにマッサージします。片方共に5回ずつ行います。また、肩甲骨のまわりをマッサージできるとより効果的です。

 

マッサージに合わせて使うと効果のあるおすすめの精油

パルマローザ…神経の緊張をほぐし、ストレスから解放されます。また、消化器系に働きかけるので、胃腸の不調も解消されます。

カモミール…うるおいを保つ作用があるので、乾燥肌に向いています。また、鎮痛作用もあるので、頭痛や偏頭痛の解消にも役立ちます。

 

 

img_4968昔は塩というと真っ白でサラサラの食卓塩が主流でしたが、最近では様々な土地の天然塩が手に入るようになりました。採れる場所によって、塩に含まれるミネラルやその他の成分が違うため、同じ塩でも黒海の塩と死海の塩では、色おm香りも粒の透明度も違います。

 

日本、ボリビア、モンゴル、中国など色んな国の塩をお風呂に入れて使うと、世界中を旅しているような幸せ気分になれます。

また、塩は入浴以外にもかかとの角質を取るスクラブ剤としての効果もあります。かかとの角質を取る場合には、オイルと混ぜて使うのが一般的。こうすれば、角質取り除くだけでなく、かさついたかかとをオイルで同時に保護できるからです。

やせるマッサージ用として、足やお腹に直接すりこむこともできますが、肌が傷つかないように肌を濡らしてから行うと良いでしょう。

かかとのスクラブで使う塩は、目の細かいサラサラとしたものがおすすめですが、入浴剤に使う塩はごろごろと大き目のものがおすすめです。大きな塩の粒が少しずつお湯の中で置けていくのをみると、ゆったりとした時間の流れを感じ、とても贅沢な気分になります。

塩を入れるのと同時にハーブを加えて香りをつけると、心のリフレッシュにも役立ちます。

¨0¹0Æ0’0Y0‹0sY'`ここでは、ピカピカ肌を目指ためのちょっとした、コツをご紹介させていただきます。

 【生活習慣の見直しがピカピカお肌への近道】

いくら高額な化粧水や美容液などを使っていても、食生活が乱れたり、過剰なストレスがかかった毎日を送れば、肌トラブルに繋がります。

肌のために一度、自分の生活を見直してみることが大切です。肌のハリを保つには、まず食事が重要。緑黄色野菜や海藻などでビタミンやミネラルを積極的に摂るようにしましょう。

また、夜に行われる肌の再生活動を妨げないように、ストレスをリセットしてから十分な睡眠をとるようにします。ゆっくりとお風呂に入るなど、リラックスする時間を作ることがストレスを和らげてくれますよ。

【角質落としにゴシゴシ洗いは禁物】

かかとやヒジ、ひざなど硬くなってごわついてしまうのは、摩擦や圧力を受けてしまう場所だからです。かかとの場合は、歩くことや立っていることで、常に摩擦や圧力を受けています。そこで、ゴワツキの原因やはがれずに残っている古い角質をキレイに取り除いてあげましょう。ですが、角質除去のためにゴシゴシ洗って、肌に刺激を与えすぎてしまうと逆効果になります。フットスクラブでやさしく角質を取り除いたら、フットパックでたっぷりと保湿をしましょう。

 

stp_27089ここでは、クリーンできらめく美肌を実現するための手軽にできる、美肌ケアのコツをお伝えさせていただきます。

【毎日キレイに汚れを落とし保湿は十分に!】

肌の表面は、皮脂と体内の水分が混ざり合った乳液状のものでコーティングされ、汚れやほこりがつきやすい状態でもあります。

肌のためには、メイクなどの汚れをキレイに取り除くことが大切です。しかし、必要以上に水分や皮脂を奪ってしまうと乾燥してしまうので、洗顔後はすぐに保湿をしましょう。また、入浴の後も、肌は乾燥しやすいので、洗顔後と同様に肌が湿っている間にすばやく保湿をすることが大切です。

【もっとしっとりする化粧品が欲しいと思ったら】

肌の乾燥がひどく、目や口の周りがカサカサしてしまっている時には、パックにほんの2、3滴オリーブオイルを垂らしてから、肌に乗せてみてください。オリーブオイルの油分が肌をコーティングして、パックを洗い流した後は、肌よりしっとり&もっちりとした肌状態になります。

また、パックに粉末のミルクを加えたり、ヨーグルトの代わりに生クリームを使ったりするなど、油分が多いものを補給したり代用するとより、しっとりとしたスペシャルケアができます。

 

83584860_1

あずきや、米ぬか、オートミール、はと麦。これらの素材は、手作りスキンケアレシピの定番ともいえるものです。

ミルで粉末にしたものを、ラベンダーやカモミールと混ぜてスクラブとして使うこともできます。使い方は、まず石けんを手で泡立てて、そこにスクラブの粉末小さじ1/2くらいを混ぜます。

 

これで洗顔をすると、肌あたりが優しく、スクラブ剤がするすると肌の表面をなめらかなにしていってくれる感じがします。もちろんそれ以上に、洗顔とスクラブが一緒の方が手間も省けて楽なので、面倒くさがり屋の人には特におすすめです。

夜や朝、特別な日の前日などに肌のくすみが気になる時には、顔色を瞬時に明るくする働きがあるハト麦かあずきがおすすめ。カサカサ、ゴワゴワ肌が気になる時には、しっとりと肌をしっかりと潤わせる働きがある米ぬかやオートミールを使ってみましょう。

角質がやわらかく、毛穴がしっかりと開いているバスタイム時に、スクラブ剤をお風呂に持ち込んで、スキンケアするとより高い美容効果を得ることができます。

早速、穀類や豆類で自分の肌にぴったりと合うスクラブを作って、なめらかでツヤのある肌を叶えてください。

化学物質なども一切含んでいないので、敏感肌の人でも安心して使えますよ!

11020002313

 

ここではアロエとワインで作れる、さっぱりタイプのスペシャルケアができる、フェイスワイプ、フェイスパック、化粧水の作り方をご紹介させていただきます。

 【フェイスワイプ】

殺菌作用のある白ワインで肌の汚れをふき取りながら、アロエで潤いを補給。オイリー肌や夏の汗ばむ季節におすすめです。

 

●材料(1回分)

・アロエベラ…果肉をミキサーにかけたものを小さじ1

・白ワイン…大さじ1

●作り方

アロエベラと白ワインを混ぜ合わせたら完成です!

●使い方

コットンに浸して顔全体を優しく拭きます。その後ぬるま湯で洗い流しましょう。

 

【フェイスパック】

肌はしっとりとさせたいけど、オイルのベタつきは苦手という方におすすめ。さっぱりとした使用感で、肌を引き締め水分を補給します。

●材料(1回分)

・アロエベラ…果肉をミキサーにかけたものを大さじ1

・白ワイン…小さじ1

●作り方

アロエベラと白ワインを混ぜ合わせたら完成です!

●使い方

パック用シートを浸して顔につけ、10分ほど置いたらぬるま湯で洗いながしましょう。

 

【化粧水】

オイリー肌に嬉しいさっぱりタイプの化粧水。白ワインには殺菌作用、アロエには炎症抑制作用があるので、毛穴のトラブルが多い肌にもおすすめです。

●材料(200ml分)

・アロエベラ…果肉をミキサーにかけたものを大さじ3

・白ワイン…大さじ1

・精製水…140ml

●作り方

①アロエベラは茶こしで果肉をこします。

②計量カップに精製水を入れて、①のアロエベラと白ワインを加えたら完成です!

●保存法

消毒し容器に入れて、冷蔵保存します。使う際には良く振ります。2週間を目安に使い切りましょう。

 

4db9f01574cc6dbb4ed092bbc66ed747水には肌を潤したり、汚れをキレイに落とし去るなどの様々な嬉しい働きがあります。

ここは、水を使った自宅で手軽に美肌を目指せるフェイススチームとフェイスウォッシュの作り方をご紹介させていただきます。

 

【フェイススチーム】

蒸気で毛穴を開き、汚れを取り除くフェイススチーム。使用する緑茶は殺菌、美肌作用があります。

●材料(1回分)

・水…1ℓ

・緑茶…大さじ1

●作り方

①鍋で水を沸騰させたら火からおろして、1~2分程度おきます。

②緑茶を加えたら完成です!

●使い方

蒸気に手をかざして熱すぎないことを確認してから、湯面から20cmくらい離れたところから、蒸気を顔に当てます。蒸気が逃げないように、頭からタオルをかぶり、テントのような状態にしておくと良いでしょう。体をリラックスながら、蒸気を顔に10分ほど当てましょう。

※フェイススチームの残り湯は、緑茶を鶏んぞき、入浴剤やフェイスウォッシュとしても活用できます。

 

【フェイスウォッシュ】

はと麦の美肌作用のあるエキスを揉みだした、やわらかい洗い心地のフェイスウォッシュです。

●材料(1回分)

・ぬるま湯…洗面器1杯(約2ℓ)

・はと麦…大さじ2

●作り方

①はと麦は、ガーゼかお茶おあっくなどに入れます。

②ぬるま湯を入れた、洗面器にはと麦を入れてエキスを揉みだします。

●使い方

そのまま洗顔に使いましょう。

※お茶に使った後のはと麦でも可。

Fotolia_43212022_S-507x277美肌には欠かせない水。

水はとってもシンプルなものですが、しっかりと肌を潤わすことができる最強の美容アイテムです。ここでは、自宅で手軽に作れる水をベースにした化粧水とウォーターパックをご紹介させていただきます。

 【化粧水】

ワイン、レモン、はちみつで作った化粧水は、1年中使えるクセのない使い心地です。オイリー肌の場合、白ワインの代わりにウォッカを加えてください。

●材料(200ml分)

・精製水…180ml

・白ワイン…大さじ1

・レモンの絞り汁…小さじ1

・はちみつ…小さじ1/2

●作り方

①レモン汁の分量は、レモン約1/8個分。しぼったら、茶こしでカスを取り除いておきます。

②ビーカーに精製水を入れて、白ワイン、レモン汁、はちみつを加えて良く混ぜ合わせたら完成です!

●保存方法

消毒した容器に入れて冷蔵庫で保存します。使う際には良くってから使用。2週間を目安に使い切りましょう。

 

【ウォーターパック】

ひんやりとしたプルプルのジェルパック。ゼラチンは重さの5~10倍の水分を吸うので、たっぷりと肌に水分を補給できます。精製水の代わりにハーブえぃーやミルクを使ってもOKです。

●材料(1回分)

・精製水…50ml

・粉ゼラチン…小さじ1/4(約1g)

●作り方

①ビーカーに精製水と粉ゼラチンを入れて、鍋を火にかけて湯銭します。

②粉ゼラチンがとけたら火からおろします。

③粗熱が取れたら、パック用シートを②のウォーターパック液に浸して、冷蔵庫で30分ほど冷やしたら完成です!

●使い方

パック液にひたしたパック用シートを取り出し、顔につけます。10分ほどおいたら、ぬるま湯で洗い流しましょう。残ったものはヘアパックとしても使えます。

●保存方法

冷蔵保存で1週間以内に使い切りましょう。

th私たち人間にとって、水は自然化粧品の素材の中で一番大切なものです。それは、水は柔軟で様々な役割をこなすことができるからです。

例えば、水には汚れを落とす力がり、水で洗うと簡単な汚れはキレイに落ちますし、肌や髪を洗った後に石けんを落とすのも水です。

また、乾燥した肌を潤すのも水で、洗顔の後につける化粧水も水がベースになっています。

 

このように、水は肌に潤いを与える力もあるのです、また、水は素材と素材の間に入って力を発揮することもあります。ハーブのエキスを抽出したり、粉と混ざってペースト状にするのも水の役割です。さらに、お風呂やスチームバスからコールドパックまで、温度を変えることで、様々な効果を発揮するのも水ならではの柔軟さのため。

こうして考えると、水の使い方を知るだけで、ずいぶんたくさんのスキンケアレシピのレパートリーが増えそうですよね。肌にとって、水分はなくてはならないものですが、水は外側ばかりでなく、内側からも積極的に摂り込んだ法がいいようです。例えば1日に1.5ℓほどの水を飲むことで、乾燥しがちな肌も、しっとりとハリのある状態になります。肌がイキイキと元気でいるために、水は欠かせない素材と言えます。