thアスリートの体は筋肉が多く、毛細血管がびっしりと張り巡らされています。そして、その筋肉は全血液量の約80%がめぐっていて、一般人の約4倍の血液を循環させているとも言われています。筋肉をめぐる血液が多いということは、血液に乗って細胞に若返りホルモンが行き渡る量も多いということです。

また、アスリートは激しい運動を日常的に行っているため、若返りホルモンの分泌量が一気にあがります。なので、アスリートたちの肌はイキイキと若さをキープしていられるのです。

若返りホルモンのおかげで、全身の細胞が盛んに新生されていますし、肌の土台である筋肉が充実しているので、その筋肉の表面を覆っている肌の状態もおのずと良くなっていくのです。

 

●アスリートコラム

良く運動選手は短命な人が多いと言われることがあります。激しい運動をすると活性酸素が大量に発生してしまうので、その害によって健康を損ない寿命を縮めてしまった選手がいたのは少なからず事実かもしれません。ですが、現在はスポーツ医学が進み、活性酸素の害を抑えるために抗酸化サプリを摂取することが常識になっています。

あなたも、ウォーキング程度の軽い運動であっても、体を動かすときには必ず抗酸化物質を摂るようにしてください。野菜、果物をとるとともに、抗酸化サプリを摂取しましょう。

du_esod_image

 

 

ここでは、手作りスキンケアアイテムを作るための基本の道具と材料をご紹介します。

 

 

●はかる道具

分量を正確にはかるために、調理用の計量グッズを用意しましょう。

・計量スプーン…大さじ15ml、小さじ5mlが便利です。プラスチックやステンレス製がありますが、ステンレス製があれば、熱い液体をかき回す時にも使えて便利です。

・計量カップ…200mlで、メモリの見やすいものを使いましょう。耐熱性のカップなら湯煎にかけられるので重宝します。

・はかり…調理用でOKです。

●キッチン道具

・鍋…直径18cmほどの小ぶりの鍋が便利です。

・茶こし…漬けこんだハーブ類を取り除く時に使います。

・ボウル…複数の材料を混ぜ合わせる時には小さめのボウル、ドライハーブをミックスする時や氷を入れて冷やす時は大きめのボウルがおすすめです。

・スプーン…柄が長めのスプーンがあると、縦長の瓶で材料を混ぜ合わせる時に重宝。ステンレス製を使うようにしましょう。

●ドライハーブ

ハーブは私たちが本来持っている自然治癒力を高めてくれる薬草です。乾燥させたドライタイプと、生ハーブがありますが、手に入れやすいドライハーブがおすすめ。お茶や料理だけでなく、自然化粧品や入浴剤に広く活用されています。

●精油

精油(エッセンシャルオイル)とは、植物から抽出した天然の芳香成分のことです。香りを楽しみながら、心と体を健康にするアロマセラピーに用いられます。生活雑貨店や、アロマテラピーショップなどで購入できます

img_5ハーブのエキスを出すのに最も楽なのは、お湯で抽出する方法です。

ドライハーブに熱いお湯を注ぎ、5分ほどムラしておくと、ハーブのエキスが溶けだしていくのが分かります。普段飲んでいるハーブティも、難しい言い方をすればハーブの抽出液なんです。

 

しかしハーブティは飲むばかりでなく、スキンケアやセルフケアにも活用したいもの。

肌に優しいレモンバームやカモミールは洗顔やパックに、殺菌効果のあるタイムやペパーミントはフットバスに、香りの良いラベンダーやローズは蒸気で芳香を楽しむスチームに。つのハーブを使ってもいいし、何種類かを組み合わせるのも楽しいでしょう。

例えば花は花のハーブで、葉は葉のハーブで組み合わせるのもおすすめです。

花ならラベンダー&ローズ&カモミール、葉ならローズマリー&カモミール&セージやレモンバーム&ペパーミントという感じです。

ハーブというと特別な感じがして近寄りがたい、何を買ってよいのか分からないという人もいるかもしれませんが、難しく考える必要はありません。

すぎなやよもぎなどの身近な素材だっていいのです。まずは自分にとって馴染みやすいものから始めてみてください。毎日が香りに包まれることで、心の充実を感じられるようになりますよ。

 

Young Woman Holding Her Neck in Pain

 

ここでは、肩や首の疲れを癒すセットをご紹介させていただきます。

精油の心地良い香りに包まれて、ほっと一息つくことで、自然と肩や首の疲れが取り去られていくことを感じられますよ。息抜きをしたい週末に行うのもおすすめです!

 

 

【ハンドバス】

肩や首がこっている時は、手を温めると簡単で効果的です。疲れ溜まってきたなと感じたら、香りのよいハンドバスで少し休憩をしましょう。

●材料(1回分)

・やや熱めのお湯(40℃くらい)…洗面器1杯(約2ℓ)

・ラベンダー精油…1滴

・天然塩…大さじ2

●作り方

①天然塩にラベンダー精油を加えます。

②洗面器のお湯を入れて①を加えたら完成です!

●使い方

お湯に手を入れ、15~20分くらい温めましょう。

 

【ホットパックオイル】

肩こりがひどい時は、自分でマッサージするのも辛いものです。そんな時は肩を温めて血行を良くするホットパックがおすすめです。

●材料(1回分)

・ホホバオイル…大さじ1

・ローズマリー精油…1滴

・ユーカリ精油…1滴

●作り方

ホホバオイルにローズマリー精油とユーカリ精油を加え、良く混ぜ合わせたら完成です!

●使い方

ホットパックオイルを首や肩に塗ります。上から蒸しタオルを乗せて10分くらい温めましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAここでは、気持ちをリフレッシュして心をやわらげるセットをご紹介させていただきます。

元気が出る香りを上手に使うことで、気分を変えることができます。また、アイピローは好みのがらの布を用意するのもおすすめですよ。

 

【アイピロー】

お米の適度な重さが目に心地よいアイピロー。考えすぎて落ち込んでしまう時は、リラックス効果のあるラベンダーとカモミールの香りを感じながら、横になって全身の力を抜いてみましょう。

●材料

・ラベンダー(ドライハーブ)…大さじ3

・カモミール(ドライハーブ)…大さじ1

・米…3/4カップ

・とうがらし(乾燥)…1本

●作り方

①10cm×20cmの布袋を用意します。

②袋にラベンダー、カモミール、米、とうがらしを入れたら完成です!

●使い方

目の上にのせて休みます。

 

【フェイススチーム】

気分がぱっとしない時は、ベルガモットとイランイランの香りをかいでみてください。ストレスを癒して心を落ち着かせてくれます。

●材料(1回分)

・水…1ℓ

・ベルガモット精油…2滴

・イランイラン精油…1滴

●作り方

①鍋で水を沸騰させたら火からおろし、1~2分おきます。

②ベルガモットとイランイランの精油を垂らしたら完成です!

●使い方

蒸気に手をかざして熱すぎないことを確認して、湯面から20cmくらい離れたところから顔をに蒸気をあてます。蒸気が逃げないように頭からタオルをかぶり、テントのような状態にしておくと、より良い効果を得られます。体をリラックスさせ10分ほど蒸気を顔に当てましょう。

image6

 

ここでは、イライラを吹き飛ばすリフレッシュセット をご紹介させていただきます。

香りのパワーには癒しに強い効きめがあります。イライラした時に香りの力を借りることで、気分転換が上手にできますよ。

 

【オーデコロン】

良い香りをかぐと人はどうしても微笑んでしまいます。いつでも気分転換ができるように、さわやかな香りのオーデコロンを持ち歩いてみてはいかがでしょうか?

●材料

・イランイラン精油…5滴

・グレープフルーツ精油…20滴

・ローズマリー精油…5滴

・無水エタノール…20ml

・精製水…10ml

●作り方

①ガラスのスプレー容器にイランイラン、グレープフルーツ、ローズマリーの精油を入れます。

②無水エタノールを加えたら、蓋をして1日置きます。

③翌日、香りがまとまったら精製水を加えて完成です美久利

●使い方

使う前に良く振ります。

●保存法

常温保存

 

【入浴剤】

イライラしている時は、体が硬くなって呼吸も浅くなっています。鎮静作用のある精油を使ったお風呂に入り、大きく息を吐き出してみましょう。肩の力が抜けていくのを感じられます。

●材料(1回分)

・天然塩…1/4カップ

・ラベンダー精油…2滴

・スイートオレンジ精油…3滴

●作り方

全ての材料を混ぜ合わせたら完成です!

982_orig体のために、より有効な睡眠をとるには、その日のストレスをリセットすることが大切です。

お風呂上りや寝る前にリラクシングマッサージを行って、イライラやストレスを解消しましょう。

リラックスできるアロマオイルを焚くとより効果的です。

 

 

【ストレスも吹き飛ばして、頭皮もイキイキしてくるリラクシングマッサージ法】

①生え際から頭の先に向かって、髪の毛をかきあげるようにさすります。指先に少し力を入れて痛さを感じる部分があるか確かめます。

②両手を広げて指先を使い、生え際から頭の先までもんでいきます。痛さを感じた部分を中心に行いましょう。そして、左右の耳を頭の先に向かってつないだ線の中央に両手の中指を押し当てます。

③両手で頭を軽くつまむようにマッサージします。つまんですぐに話、軽い力でリズミカルに行いましょう。

 

リラックス効果のあるおすすめの精油

●ラベンダー…リラックスできるオイルの代表的なものです。中枢神経のバランスを整え、血圧を下げる作用があります。また皮脂バランスを整える働きもあります。

●イランイラン…恐怖や不安、うつなどの負の感情を和らげてくれるオイルです。気持ちを静めて穏やかな状態を保ちたい時に適しています。

●ベルガモット…不眠やうつ、不安などを取り除いてくれます。さわやかな香りで、気持ちをリフレッシュして、リラックスさせてくれるオイルです。

th (1)

 

 

ここでは、ツヤのない髪を改善できるヘアケアアイテムをご紹介させていただきます。

 

 

【シャンプー】

元気のない髪やパサパサした髪には、椿油とローズマリーがおすすめです。本来の黒髪のツヤと美しさが蘇り、ハリのある元気な髪に戻ります。

●材料(200ml分)

・液体石けん…200ml

・椿油…大さじ1

・ローズマリー精油…25滴

●作り方

全ての材料をよく混ぜ合わせたら完成です!

●保存法

常温保存で、1年ほどで使い切りましょう。

 

【リンス液】

セージはローズマリーと同じように、黒髪の美しさを保つのに欠かせないハーブです。サラサラと気持ちの良い髪質になるリンス液です。

●材料(400ml分)

・りんご酢…2カップ

・セージ(ドライハーブ)…10g

●作り方

広口瓶にりんご酢とセージを入れます。毎日数回、容器を振り、2週間したらセージを取り除き、完成です!

●使い方

1ℓのぬるま湯に大さじ3杯のリンス液を入れます。シャンプー後のすすいだ髪にリンス液をくぐらせて洗いながしましょう。

●保存法

冷暗所で保存し、1年で使い切りましょう。

 

アレンジ法

基本的な精油になじんできたら、新しい精油を試してみると良いでしょう。シャンプーのアレンジは香りを変えて楽しむのが一番。例えば、レモンの代わりにグレープフルーツやオレンジ、ライムなどほかの柑橘系の香りを使ったり、ローズマリーなどのすっきり系の香りの代わりには、ゼラニウムやラベンダーなどフローラルな香りを使ってみるのも楽しいですよ。

 

th

 

 

 

ここでは、髪のベタつきをスッキリとさせるヘアトニック をご紹介させていただきます。

 

 

【ヘアマッサージトニック】

頭皮がべたついてきた時のために、ヘアマッサージトニックを常備してはいかがでしょうか。ペパーミントの香りで、気になる頭皮のニオイも解消できます。

●材料(100ml分)

・精製水…50ml

・ウォッカ…50ml

・ペパーミント精油…2滴

●作り方

ビーカーに精製水、ウォッカ、ペパーミント精油を加えて、良く混ぜわせたら完成です!

●使い方

使う前に容器を良く振ります。手に少量とって頭皮に馴染ませるか、スプレーで吹きかけて、指先を立ててマッサージするように地肌に馴染ませましょう。

●保存法

常温保存で、2週間ほどで使い切りましょう。

 

 

ペパーミントとは?

すっきりさわやかな清涼感あるハーブです。夏用の入浴剤や化粧品に最適。皮脂の分泌を抑える作用以外にも、胃腸の調子を整える働きもします。殺菌作用があるので、うがい液に使われることもあります。

 

ヘアケア豆知識

シャンプーの時には、皮脂を取りすぎないように適量を使い、すすぎでしっかり洗いながします。リンスは髪につけたあと全体に行き渡らせ、少し時間をおいてからすすぎましょう。お風呂あがりにはすぐに乾かそうとせず、ゆっくりと時間をかけて。軽く叩く程度のタオルドライの後に、タオルで髪を巻いてしあらく濡れ髪の状態にしておき、時間をかけて乾かしましょう。

 

 

20090124165948

 

 

ここでは、唇のカサカサが解消できるリップレシピをご紹介させていただきます。

 

 

【リップクリーム】

カレンデュラはリップクリームとしても人気があるハーブです。リップを塗ってからも潤いが持続するように、ココアバターをプラスしています。

●材料

・カレンデュラを漬けこんだオリーブオイル…45g

・ココアバター…5g

・みつろう…5g

●作り方

①耐熱容器にカレンデュラを漬けこんだオリーブオイル、ココアバター、みつろうを入れて鍋に火をかけ、湯煎します。

②みつろうが溶けたら、火から卸、クリームを容器に入れたら完成です!

●保存法

高温多湿を避け保存します。1年を目安に使い切りましょう。

 

【リップパック】

毛穴のない唇の皮膚は、季節にかかわらず乾燥しがちです。乾燥がひどい時は、ココアバターとビタミンEを厚めに塗ってパックするのがおすすめです。

●材料(1回分)

・ココアバター…2g

・ビタミンE…1カプセル

●作り方

①耐熱容器にココアバターとビタミンEのカプセルを破って中身を入れ、鍋を火にかけ湯煎します。

②ココアバターが溶けたら、火からおろしてクリーム容器に入れ、完成です!

 

カレンデュラの漬け込み方

広口瓶にオリーブオイル1カップと、カレンデュラ(ドライハーブ)5gを入れます、毎日数回、容器を振り、2週間したらカレンデュラを取り除き完成です。

出来上がったオイルは、冷暗所で保存し1年を目安に使い切りましょう。