Beauty Blog Vol36 画像②

 

 

 

ここでは、肌のくすみを解消するボディケアレシピ3つをご紹介させていただきます。

 

 

 

 【入浴剤】

肌がくすんで見えるのは顔だけではありません。体中をイキイキ元気にイキイキと再生するために、たっぷりの汗をかいて体の老廃物を外へ出しましょう。

●材料(1回分)

・クレイ…大さじ3

・日本酒…2カップ

●使い方

日本酒とクレイをそのままお風呂に入れてかき混ぜます。ぬるめのお湯に半身浴で30Fンくらいゆっくりと浸かりましょう。

 

【ボディスクラブ】

・お風呂に入って代謝が良くなったら、次はスクラブで肌をピカピカに磨きます。日本で昔から洗い粉として使われてきたあずきの粉末を使って、体の古い角質を取り除きます。

●材料(1回分)

・さらしあん…大さじ5

・牛乳…大さじ5

●作り方

さらしあんと牛乳を良く混ぜあせたら完成です!

●使い方

濡らした肌にマッサージするようにスクラブし、ぬる湯で洗い流しましょう。

 

【ボディパック】

体全体をミネラル豊富な海藻で包み込む贅沢なボディパックです。たっぷりぬって目をつぶるとリゾートスパにいる気分に…。

●材料(1回分)

・粉末昆布…大さじ3

・牛乳…大さじ5

・はちみつ…大さじ1

●作り方

全ての材料を良く混ぜわせたら完成です!

●使い方

体にたっぷりと塗って10分ほど置き、ぬるま湯で洗い流しましょう。

 

 

2309676073_abaff8c9efお酒が苦手な人でも、梅酒は美味しく飲める!という人は多いと思います。

そんな梅酒の原料である梅には、肌が喜ぶ嬉しい美容効果が様々あるのをご存じですか?

ここでは、梅酒を使った肌に優しく美肌へと導く、簡単に作れる手作り化粧水をご紹介させていただきます。

 

この梅酒化粧水を使うことで、肌のターンオーバーがスムーズになる、健康的な美肌を目指せること間違いなしです!

 

【梅酒化粧水】

シミやくすみを予防・解消したい人に特におすすめです!

梅に含まれているクエン酸が新陳代謝を促進して、シミやくすみをキレイに解消します。毎日使い続けることで、できてしまったシミも薄くすることも可能です。また、梅には収れん作用があるので、開きがちな毛穴をキュット引き締めることもできるので、ベタつきがちなオイリー肌の人にもおすすめ。

●材料

梅酒…20ml

はちみつ…大さじ1

精製水…80ml

●作り方

お鍋に全ての材料を入れて、蓋をしたまま、弱火で約2分ほど煮詰めるだけで完成!

●保存法

蓋つきの瓶に移し替え、冷蔵庫で保存し3週間ほどで使い切るようにしましょう。

●使い方

コットンか手にとって、肌にやさしく馴染ませていきます。気になる部分にはローションパックがおすすめです。

 

ダウンロード肌がくすんで見える原因は様々あります。

まず、肌に汚れが残っていることです。クレンジングがちゃんとできていなかったりすると、落とし切れなかったファンデーションや汚れが皮膚の表面の溝に溜まってしまいます。

また、クレンジングの後、石けん洗顔をしない人や、朝は水で顔を洗うだけという人も汚れが残っていて、透明感が失われてしまいます。

このような状態だと、どんなに高価な美白化粧品を使っても、脂の膜のかかった肌の中には浸透していきません。

汚れをきちんと落としてキレイにしてこそ、化粧品の有効成分も働くことができるのです。

また、肌が乾燥して潤いがなくなった時も、肌がくすんだ印象になります。洗顔と保湿という日常のスキンケアの基本を丁寧にすることが、肌の透明感をキープするコツなのです。

顔色がくすんでいると感じたら、蒸しタオルと冷たいタオルのパックを行うことで、血行を良くして顔色を良くすることができますよ!

【血行を良くする冷温タオルパックの方法】

①熱めのお湯に浸して絞った蒸しタオルを顔全体に2~3分ほどのせます。

②今度は冷たい水に浸して絞ったタオルに交換して、2~3分ほど載せます。

くすみがひどい時には、2~3回ほど繰り返すことで、見違えるような血色の良い肌になれます。

Web

 

頭皮は血流が滞りコリを起こしやすく、それが原因で頭痛などの原因にもなります。

じっくりとマッサージを行って、頭部全体の血行を良くすれば、冷えからくる顔色の悪さやクマ、くすみなどの肌トラブルを解消することができ、美肌をキープできるようになります。

 

 

なかでも頭頂部にある百会というツボは、体のあらゆる気の流れを司っており、自律神経とも直結しているので、ここを刺激することで、冷えのほか、ストレスやイライラ感、ホルモンの乱れを整えることができます。

 

【頭頂部のツボ“百会”を刺激する】

百会は、両耳を結ぶ線と鼻の延長戦が交差する頭頂部のツボです。マッサージを行う時にはこの部分を中心に頭皮全体をもみほぐしていきましょう。

~シャンプー時にマッサージ~

頭部はオイルマッサージがしにくいところですが、シャンプー時なら指も滑りやすく、オイルをつけた場合と同じような効果が得られます。指の腹を使って地肌全体を刺激するという気持ちでじっくりと行いましょう。

 ~ブラシで刺激する~

ブラッシングのついでに頭皮マッサージを行いましょう。やわらかめのブラシでやさしく髪をとかしたり、軽く叩いたりし

ダウンロード

 

冷えが原因で全身の血行が悪くなると、皮膚の新陳代謝がスムーズにいかなくなり、古い角質が溜まって、くすみやニキビなどの肌アレの原因になります。

また、目の下は毛細血管がうっ血した状態透けて見えやすい場所で、青黒いクマとなってあらわれます。

 

このような状態になると顔のマッサージが効果的と思われがちですが、目の周りの皮膚はとても薄いので、無理に力を加えるとシワを作り出すなどのトラブルを招いてしまいます。

解消法として一番おすすめなのが、首のマッサージです。首は頭部へと血液を送る大事な場所。その一方、頭を支えるために筋肉が緊張して血流が滞りやすい部分でもあるため、マッサージで首のコリを和らげることで、顔の血行を回復させることができます。

【首の側面のマッサージ法】

①まず、植物オイルを手に取り、指全体に馴染ませます。オイルが人肌くらいの温度になったらマッサージを開始します。

②親指以外の4本の指を首のつけ根にあてて、下から上に向かって指を滑らせるようにやさしくマッサージします。この時、力をいれないことがポイント。左右4~5回ほど繰り返し行うことで、首回りの血流が流れ出し、血色の良い顔になり、肌トラブルが次第に改善されていきます。

¨0¹0Æ0’0Y0‹0sY'`肌は大きく分けて表皮、真皮、皮下組織の3つに分かれていて、表皮はさらに角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4つに分かれています。

表皮はこの4層合わせてもわずか0.2mmほどの厚さです。

皮膚膜と角質層は、最近やウイルス、化学物質の侵入を防いだり、体内の水分が蒸発しないようにふたをしているなど大切な役割を持っていますが、これは剥がれ落ちる前の細胞です。

新しい肌は基底層で生まれて14日かけてだんだんと上へと上がっていきます。これが肌のターンオーバーです。

ターンオーバーが長くなると古い角質細胞がいつまでもはがれることなく残ってしまい、くすみやゴワつきの元になります。逆にターンオーバーが早すぎると、角質が早くはがれ、未成熟な肌細胞が角質になるのですが、水分バランスをうまく取れないため、乾燥したり、皮脂分泌が増えすぎたりします。

くすみやゴワつきがある時は、スクラブなどでケアをすると良いでしょう。この時にとにかくやさしく肌をいたわりながら行うようにすることで、余計な肌負担を与えることがありません。

また、ターンオーバーがスムーズにいっていないと感じる時には、白樺液を配合した化粧水を使うことで、肌機能が正常に働くようになります。

item_1000020594_3洗浄力の強すぎる石鹸は、必要な皮脂まで取りすぎてしまい、肌のバリア機能が低下して肌トラブルを招く原因になります。

ナチュラル素材を生かした手作り石鹸は、肌にやさしいのが最大の特徴。汚れや古くなった角質をやさしく取り除きながら、必要な皮脂や潤いは残るので、理想的な水分量と皮脂バランスを保つことができます。

自分好みの大きさや形にできて、自分だけの特別な石鹸になりますよ!

ー手作り石鹸レシピー

●緑茶石鹸

[材料]

・緑茶の葉…大さじ2

・熱湯…60~70ml

・粉末石鹸素地…100g

[作り方]

①緑茶の葉に熱湯を注ぎ、5分ほどおいてからこします。

②粉末石鹸素地に①を、少しずつ加えて混ぜ合わせ、良く練ります。

③型(紙パックなど)に空気が入らないように、少しずつ詰めていきます。

④4~5日ほど、冷暗所におき型から出します。

緑茶に含まれるカテキンは強い殺菌力と、抗酸化作用を持っています。肌や毛穴を清潔に保って新陳代謝を促すので、シミやくすみを解消して若々しい肌へと導きます。また、緑茶に含まれるビタミンCとの相乗効果で肌アレやニキビも改善するので若い世代の洗顔石鹸としても良いでしょう。特に、シミ、くすみ、ニキビ、毛穴の詰まりに悩んでいる人に特におすすめです!

img_kusumi顔色が冴えないと化粧ノリが悪くなったり、鏡を見るのが嫌になりますよね。

そもそも、くすみはどんな時に現れるのでしょうか。

まず、1つは古い角質がたまって角質が厚くなっている場合です。

これは、角質肥厚と呼ばれ、古くなった角質がスムーズに剥がれ落ちず、肌表面に残ったままの状態をさします。主にターンオーバーが低下している時などによく見られるくすみです。

角質細胞自体が若干黒みを帯びているので、厚く重なるとグレーっぽい色に見えてしまうのです。

そして、2つ目は乾燥によって現れる場合です。肌は乾燥して水分を失うとバリア機能が低下します。そしてそれを補うために、角質が付くなってくるのです。

そうなった時に1つ目と同様に角質肥厚が起こり、肌がくすんで見えます。3つ目は、血行不良が原因の場合です。睡眠不足などで血流が滞りがちになると、血色が悪くなり、肌がくすんで見えることがあります。

そのほかには、紫外線の影響による軽い日焼けや、摩擦による炎症性色素沈着などもあります。

このように、くすみにはいくつもの原因があり、原因によって改善法が異なります。まずは、自分のくすみがどのタイプに当てはまるのかを見極めることが必要です。

Beautiful face of young woman with clean skin

 

 

くすみは様々な原因により現れるため、その原因を解決するためのケアがくすみ悩みを解決する得策だと言えます。ここでは、くすみ別の解決法をお伝えさせていただきます。

 

 

 ●角質肥厚で起こるくすみ

角質肥厚が原因でくすみを起こしている場合、本来は保湿が必要なのですが、角質が硬くなった状態で美容液などをつけてもなかなか浸透しません。ですので、一度古い角質をピーリングで取り去ると、美容液などの有効成分も浸透しやすくなります。

●乾燥からくるくすみ

乾燥した肌の角層は、灰色がかった色が強くでる傾向にあります。特に冬に起こりやすいくすみと言えます。気温が下がり血行が悪くなって代謝が低下することで、栄養や酸素が行きわたらなくなり、乾燥しやすくなるからです。この場合、保湿を行うと緩和されます

セラミドやヒアルロン酸などの保湿効果の高い成分が配合された美容液などでケアすると、早い段階でくすみが取れ、肌を明るくすることができます。

●朝のくすみ

朝鏡をみると顔色がどんよりしているという時にはパックがおすすめです。

パックには肌を密封して、有効成分を肌内に押し込む効果があるため即効性が期待できます。パックには様々な種類がありますが、くすみの原因である乾燥と血行不良を緩和するためには保湿効果があるものがおすすめです。

soap04ニキビや肌のくすみ、小鼻の黒ずみが気になる肌に特におすすめなのが、「ガスール フェイシャルーソープ」です。

 ガスールクレイという活性炭の4倍の吸着力を持つ粘土が毛穴に詰まった皮脂や、黒ずみ、古い角質をしっかりと取り去るので、常に肌を清潔な状態に保つことができます。

肌が敏感な人でも安心して使える無香料・無着色・無鉱物油、ノンアルコール、ノンパラベンの洗顔料だから、安心して使えるのも魅力の一つ。

もっちりと濃厚な泡が肌汚れだけでなく、メイクや日焼け止めまでしっかりと落としてくれるので、ダブルクレンジングをする必要がなく、忙しい毎日を送っている人にもおすすめです。

ガスール以外にも、マイナスイオンを放出し健やか肌をキープするトルマリンや、化学物質の汚染もほとんどないので、肌に安心して使える沖縄産の海洋深層水を配合。

肌を潤わす保湿成分には、スーパーヒアルロン酸、低分子コラーゲン、トレハロース、ローヤルゼリー、シルクアミノ酸、セラミド、各種アミノ酸を配合しているから、さっぱりと洗えるのに、しっとりとした乾燥が気にならない肌になります。

今まで悩んでいた大人ニキビが改善されて肌が元気になってきた!という声が多い洗顔料です。