img_5ハーブのエキスを出すのに最も楽なのは、お湯で抽出する方法です。

ドライハーブに熱いお湯を注ぎ、5分ほどムラしておくと、ハーブのエキスが溶けだしていくのが分かります。普段飲んでいるハーブティも、難しい言い方をすればハーブの抽出液なんです。

 

しかしハーブティは飲むばかりでなく、スキンケアやセルフケアにも活用したいもの。

肌に優しいレモンバームやカモミールは洗顔やパックに、殺菌効果のあるタイムやペパーミントはフットバスに、香りの良いラベンダーやローズは蒸気で芳香を楽しむスチームに。つのハーブを使ってもいいし、何種類かを組み合わせるのも楽しいでしょう。

例えば花は花のハーブで、葉は葉のハーブで組み合わせるのもおすすめです。

花ならラベンダー&ローズ&カモミール、葉ならローズマリー&カモミール&セージやレモンバーム&ペパーミントという感じです。

ハーブというと特別な感じがして近寄りがたい、何を買ってよいのか分からないという人もいるかもしれませんが、難しく考える必要はありません。

すぎなやよもぎなどの身近な素材だっていいのです。まずは自分にとって馴染みやすいものから始めてみてください。毎日が香りに包まれることで、心の充実を感じられるようになりますよ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAここでは、気持ちをリフレッシュして心をやわらげるセットをご紹介させていただきます。

元気が出る香りを上手に使うことで、気分を変えることができます。また、アイピローは好みのがらの布を用意するのもおすすめですよ。

 

【アイピロー】

お米の適度な重さが目に心地よいアイピロー。考えすぎて落ち込んでしまう時は、リラックス効果のあるラベンダーとカモミールの香りを感じながら、横になって全身の力を抜いてみましょう。

●材料

・ラベンダー(ドライハーブ)…大さじ3

・カモミール(ドライハーブ)…大さじ1

・米…3/4カップ

・とうがらし(乾燥)…1本

●作り方

①10cm×20cmの布袋を用意します。

②袋にラベンダー、カモミール、米、とうがらしを入れたら完成です!

●使い方

目の上にのせて休みます。

 

【フェイススチーム】

気分がぱっとしない時は、ベルガモットとイランイランの香りをかいでみてください。ストレスを癒して心を落ち着かせてくれます。

●材料(1回分)

・水…1ℓ

・ベルガモット精油…2滴

・イランイラン精油…1滴

●作り方

①鍋で水を沸騰させたら火からおろし、1~2分おきます。

②ベルガモットとイランイランの精油を垂らしたら完成です!

●使い方

蒸気に手をかざして熱すぎないことを確認して、湯面から20cmくらい離れたところから顔をに蒸気をあてます。蒸気が逃げないように頭からタオルをかぶり、テントのような状態にしておくと、より良い効果を得られます。体をリラックスさせ10分ほど蒸気を顔に当てましょう。

20090124165948

 

 

ここでは、唇のカサカサが解消できるリップレシピをご紹介させていただきます。

 

 

【リップクリーム】

カレンデュラはリップクリームとしても人気があるハーブです。リップを塗ってからも潤いが持続するように、ココアバターをプラスしています。

●材料

・カレンデュラを漬けこんだオリーブオイル…45g

・ココアバター…5g

・みつろう…5g

●作り方

①耐熱容器にカレンデュラを漬けこんだオリーブオイル、ココアバター、みつろうを入れて鍋に火をかけ、湯煎します。

②みつろうが溶けたら、火から卸、クリームを容器に入れたら完成です!

●保存法

高温多湿を避け保存します。1年を目安に使い切りましょう。

 

【リップパック】

毛穴のない唇の皮膚は、季節にかかわらず乾燥しがちです。乾燥がひどい時は、ココアバターとビタミンEを厚めに塗ってパックするのがおすすめです。

●材料(1回分)

・ココアバター…2g

・ビタミンE…1カプセル

●作り方

①耐熱容器にココアバターとビタミンEのカプセルを破って中身を入れ、鍋を火にかけ湯煎します。

②ココアバターが溶けたら、火からおろしてクリーム容器に入れ、完成です!

 

カレンデュラの漬け込み方

広口瓶にオリーブオイル1カップと、カレンデュラ(ドライハーブ)5gを入れます、毎日数回、容器を振り、2週間したらカレンデュラを取り除き完成です。

出来上がったオイルは、冷暗所で保存し1年を目安に使い切りましょう。

Beauty Blog Vol36 画像②

 

 

 

ここでは、肌のくすみを解消するボディケアレシピ3つをご紹介させていただきます。

 

 

 

 【入浴剤】

肌がくすんで見えるのは顔だけではありません。体中をイキイキ元気にイキイキと再生するために、たっぷりの汗をかいて体の老廃物を外へ出しましょう。

●材料(1回分)

・クレイ…大さじ3

・日本酒…2カップ

●使い方

日本酒とクレイをそのままお風呂に入れてかき混ぜます。ぬるめのお湯に半身浴で30Fンくらいゆっくりと浸かりましょう。

 

【ボディスクラブ】

・お風呂に入って代謝が良くなったら、次はスクラブで肌をピカピカに磨きます。日本で昔から洗い粉として使われてきたあずきの粉末を使って、体の古い角質を取り除きます。

●材料(1回分)

・さらしあん…大さじ5

・牛乳…大さじ5

●作り方

さらしあんと牛乳を良く混ぜあせたら完成です!

●使い方

濡らした肌にマッサージするようにスクラブし、ぬる湯で洗い流しましょう。

 

【ボディパック】

体全体をミネラル豊富な海藻で包み込む贅沢なボディパックです。たっぷりぬって目をつぶるとリゾートスパにいる気分に…。

●材料(1回分)

・粉末昆布…大さじ3

・牛乳…大さじ5

・はちみつ…大さじ1

●作り方

全ての材料を良く混ぜわせたら完成です!

●使い方

体にたっぷりと塗って10分ほど置き、ぬるま湯で洗い流しましょう。

 

 

img_4968昔は塩というと真っ白でサラサラの食卓塩が主流でしたが、最近では様々な土地の天然塩が手に入るようになりました。採れる場所によって、塩に含まれるミネラルやその他の成分が違うため、同じ塩でも黒海の塩と死海の塩では、色おm香りも粒の透明度も違います。

 

日本、ボリビア、モンゴル、中国など色んな国の塩をお風呂に入れて使うと、世界中を旅しているような幸せ気分になれます。

また、塩は入浴以外にもかかとの角質を取るスクラブ剤としての効果もあります。かかとの角質を取る場合には、オイルと混ぜて使うのが一般的。こうすれば、角質取り除くだけでなく、かさついたかかとをオイルで同時に保護できるからです。

やせるマッサージ用として、足やお腹に直接すりこむこともできますが、肌が傷つかないように肌を濡らしてから行うと良いでしょう。

かかとのスクラブで使う塩は、目の細かいサラサラとしたものがおすすめですが、入浴剤に使う塩はごろごろと大き目のものがおすすめです。大きな塩の粒が少しずつお湯の中で置けていくのをみると、ゆったりとした時間の流れを感じ、とても贅沢な気分になります。

塩を入れるのと同時にハーブを加えて香りをつけると、心のリフレッシュにも役立ちます。

th

甘酸っぱい香りに心が癒されてくる手作りスキンケアの素材と言えば、柑橘類です。レモンを代表とする柑橘類は、大きくわけて二つの部分を使います。

一つは果汁。酸味のある柑橘類の果汁は、肌や髪を弱酸性に保つ手助けをする働きがあるため、化粧水やヘアリンス使うことができます。

 

また、くすみが気になる時にハンドスクラブやパックに少し加えるのもおすすめです。二つ目は皮を圧搾して抽出した精油です。精油は植物から採れる芳香エッセンスで、レモンやスイートオレンジ、グレープフルーツなど精油によって香りも違えば、使用目的も違ってきます。

例えば、スイートオレンジは甘くて優しい香りが特徴で、心を落ち着かせる作用があるため安眠を促す精油とも言われています。グレープフルーツは、シャキッとさわやかな香りが特徴でむくみにも効果があるため、マッサージオイルに最適です。

ベルガモットの精油は、他の精油とブレンドことが多く、どの精油とも相性が良く、単独で使うより馴染み見やすい香りになります。

精油を買うのは知識がいるし、値段も高い…と敬遠している人もいるかもしれませんが、柑橘系の精油は香りも親しみやすく、値段も比較的手ごろなので、興味がある人はアロマショップでサンプルの香りをかいで試してみてください。

83584860_1

あずきや、米ぬか、オートミール、はと麦。これらの素材は、手作りスキンケアレシピの定番ともいえるものです。

ミルで粉末にしたものを、ラベンダーやカモミールと混ぜてスクラブとして使うこともできます。使い方は、まず石けんを手で泡立てて、そこにスクラブの粉末小さじ1/2くらいを混ぜます。

 

これで洗顔をすると、肌あたりが優しく、スクラブ剤がするすると肌の表面をなめらかなにしていってくれる感じがします。もちろんそれ以上に、洗顔とスクラブが一緒の方が手間も省けて楽なので、面倒くさがり屋の人には特におすすめです。

夜や朝、特別な日の前日などに肌のくすみが気になる時には、顔色を瞬時に明るくする働きがあるハト麦かあずきがおすすめ。カサカサ、ゴワゴワ肌が気になる時には、しっとりと肌をしっかりと潤わせる働きがある米ぬかやオートミールを使ってみましょう。

角質がやわらかく、毛穴がしっかりと開いているバスタイム時に、スクラブ剤をお風呂に持ち込んで、スキンケアするとより高い美容効果を得ることができます。

早速、穀類や豆類で自分の肌にぴったりと合うスクラブを作って、なめらかでツヤのある肌を叶えてください。

化学物質なども一切含んでいないので、敏感肌の人でも安心して使えますよ!

gyunyusosogu

 

水分補給と油分補給を同時に叶えてくれる万能素材の牛乳。

ここでは、そんな牛乳を使った手作りのフェイスウォッシュとフェイススクラブをご紹介させていただきます。

 

古い角質をキレイに取り去り、肌がしっとり&ツヤ感が増すなどの美容効果を感じることができます。

【フェイスウォッシュ】

クレオパトラも愛用したといわれる牛乳風呂。それをそのまま洗顔に使えるのがフェイスウォッシュですシンプルなレシピですが、効果は抜群!牛乳が肌に潤いおツヤを与えてくれます。

●材料(1回分)

・牛乳…1/2カップ

・ぬるま湯…洗面器1杯(約2ℓ)

●作り方

ぬるま湯に牛乳を混ぜたら完成です!

●使い方

そのまま洗顔します。

 

【フェイススクラブ】

肌の汚れを落としながら、同時に潤いを与える牛乳のスクラブです。乾燥肌には脂肪分の吐いた普通の牛乳で、オイリー肌にはスキムミルクを使うと良いでしょう。

●材料(1回分)

・牛乳…大さじ1

・米ぬか…大さじ1

●作り方

牛乳と米ぬかを良く混ぜ合わせら完成です!

●使い方

洗顔後の濡れた肌に直接スクラブマッサージをして、洗い流しましょう。

力を入れずにやさしくクルクルと肌の上を滑らせるようにマッサージするのがコツです。

けして、肌に刺激を与えないようにしましょう。

dk_rose

 

美容効果の高いローズウォーターとはちみつを使った、自宅で作れるフェイスワイプをご紹介します!

ローズの華やな香りに、肌と心が同時にリラックス&癒されていきます。

 

肌の状態に合わせて、ローズウォーターの代わりにカモミールなどのハーブティを使っても、また違った美肌効果を得ることができますよ!

 【そもそも、ローズウォーターとは何?】

ローズウォーターとは、バラの精油を採取する時にできる香りの成分を含んだ水です。バラの芳香蒸留水とも言われます。精製水にローズ精油を混ぜたものをローズウォーターとして売られていますが、化粧水には全社の芳香蒸留水を選ぶことをおすすめします。

【ローズとはちみつのフェイスワイプ】

コットンに浸して、肌の汚れをふき取るフェイスワイプ。乾燥がひどくて石けんで顔を洗えない時や、顔の汚れを軽く取り除きたい時などにおすすめです。

●材料(1回分)

・ローズウォーター…大さじ1

・はちみつ…小さじ1/4

●作り方

ローズウォーターとはちみつを良く混ぜ合わせたら完成です!

●使い方

コットンに浸して顔を拭きます。顎の下、首、耳の後ろなどの見えないところも忘れずに。拭き終わった後は、ぬるま湯で洗い流しましょう。

 

4db9f01574cc6dbb4ed092bbc66ed747水には肌を潤したり、汚れをキレイに落とし去るなどの様々な嬉しい働きがあります。

ここは、水を使った自宅で手軽に美肌を目指せるフェイススチームとフェイスウォッシュの作り方をご紹介させていただきます。

 

【フェイススチーム】

蒸気で毛穴を開き、汚れを取り除くフェイススチーム。使用する緑茶は殺菌、美肌作用があります。

●材料(1回分)

・水…1ℓ

・緑茶…大さじ1

●作り方

①鍋で水を沸騰させたら火からおろして、1~2分程度おきます。

②緑茶を加えたら完成です!

●使い方

蒸気に手をかざして熱すぎないことを確認してから、湯面から20cmくらい離れたところから、蒸気を顔に当てます。蒸気が逃げないように、頭からタオルをかぶり、テントのような状態にしておくと良いでしょう。体をリラックスながら、蒸気を顔に10分ほど当てましょう。

※フェイススチームの残り湯は、緑茶を鶏んぞき、入浴剤やフェイスウォッシュとしても活用できます。

 

【フェイスウォッシュ】

はと麦の美肌作用のあるエキスを揉みだした、やわらかい洗い心地のフェイスウォッシュです。

●材料(1回分)

・ぬるま湯…洗面器1杯(約2ℓ)

・はと麦…大さじ2

●作り方

①はと麦は、ガーゼかお茶おあっくなどに入れます。

②ぬるま湯を入れた、洗面器にはと麦を入れてエキスを揉みだします。

●使い方

そのまま洗顔に使いましょう。

※お茶に使った後のはと麦でも可。