img_pro_28オイリー肌の人は、毛集崩れが起きやすくニキビができやすいまた鼻や額などのTゾーンがテカテカと脂が浮いてくるといった特徴があります。

ここでは、オイリー肌に合った化粧品の使い方をご紹介させていただきます。

①洗顔

石けんで念入りに洗っていきます。ニキビができている人は、1日に2~3回洗うようにしましょう。その後、手にとった塩をお湯に溶かしたもので、マッサージしましょう。そして、最後に水で仕上げ洗いします。

 ②基礎化粧品

夜は、洗顔後に酸性の化粧水をつけるだけにします。特に若い人の場合は、乳液とクリームは使わないこと。朝も、洗顔後に酸性の化粧水だけを使います。

 ③メイクアップ

ニキビがひどい状態の時は、メイクをしないのがベストです。する時も、固形ファンデーションと口紅だけにしましょう。厚化粧や目の周りの化粧はニキビを悪化させたり、皮脂分泌を過剰にしてしまうので、避けるようにしましょう。

 ④注意ポイント

パックやクリーム、美容液、乳液など油分の多い化粧品はNGです。スクラブ洗顔などの刺激も避けるようにしましょう。

 ⑤化粧品の選び方

発ガン物質が含まれているものを避け、さっぱりと使えるタイプを選ぶようにしましょう。

ダウンロード (1)フライ料理やオーブン焼きには欠かせない、パン粉は、どこの家庭でも常備している食材の一つではないでしょうか?

そんなパン粉で、素肌美人を目指せる洗顔が作れることをご存じですか?

ここでは、パン粉を使った自宅で手軽に作れる洗顔をご紹介します。不要なものが一切入っていないので、肌が弱い人、敏感肌、アトピー肌の人でもでも安心して使えますよ!

冷凍庫で3か月保管できるので、作り置きしておくことも可能です。

 【パン粉洗顔】

オイリー肌や、混合肌、ニキビ肌を改善したい人におすすめ!

パン粉が毛穴の汚れや余分な皮脂を吸着して、ベタつきがちなオイリー肌や、ニキビ肌の皮脂バランスを正常な状態に整えるので、サラサラ肌をキープできるようになります。また、ミネラル豊富な黒糖には、肌の水分調節機能があるので、保湿効果が高まり、肌をしっとりとさせることができます。

 ●材料

パン粉…20g

黒砂糖…大さじ3

ミネラルウォーター30ml

 ●作り方

①ボウルに全ての材料を入れて、良く混ぜ合わせる

②1回の使用量、ゴルフボール約1個分に小分けをしたら、完成です!

●保存法

密封容器に入れて、冷蔵庫で2日間。冷凍なら約3か月保存できます。

●使い方

手に取り、お湯で馴染ませてから、顔全体に塗り、洗い

p_bicarbonate最近では、重層を日常生活の中で、使っているという人が増えています。

例えば、野菜についた農薬などの有害物質を落としたり、キッチン周りなどのお掃除に使うなど、様々な用途で用いられています。

そんな重層は、スキンケアに使うと、肌を優しく労わりながら美肌へと導くことができる優れものなのです。

ここでは、重層をつかった手作り洗顔をご紹介させていただきます。

 

【重層洗顔】

オイリー肌や、毛穴の黒ずみ・詰まりが気になる人におすすめです!

重層には、脂や汚れを吸い取るという性質があり、メイク汚れから古くなった角質落としに効果を発揮します。皮脂分泌の多いオイリー肌の人や、ニキビ肌の人におすすめです。乾燥ぎみの場合は、小鼻の周りに限定して使うことで、気になる毛穴の黒ずみを簡単にオフすることができますよ。

 ●材料

重層…小さじ1/2

 ●作り方

水、またはぬるま湯を入れた、洗面器に重層を加えて、良く混ぜ合わせるだけで完成です!

●保存法

保存せずに1回分として使い切りましょう。

●使い方

クレンジング後に、重層を加えた水(ぬるま湯)で顔を洗います。

その後、酢小さじ1/2を入れた水で顔をすすぎます。

重層は弱アルカリ性なので、必ず酢水で肌を弱酸性に戻すこ

jyosei02

 

生まれつきの体質や生理前などに皮脂分泌が多くなる人におすすめの、皮脂分泌を押させる秘策をここではお伝えさせていただきます。

 

 

 

●皮脂の分泌を抑えて美肌を作り出す食材

・ビタミンB2…うなぎ、ぶり、さんま、アーモンド、納豆、焼きのりなど

・ビタミンB6…かつお、まぐろ、バナナ、さつまいも・鮭など

・ビタミンC…フルーツ、ブロッコリー、赤ピーマン、キャベツなど

また、女性ホルモンが増えると、皮脂の分泌バランスが整う効果があるので、大豆イソフラボンもおすすめです。大豆イソフラボンは豆腐やおから、高野豆腐などにたっぷりと含まれていますよ。

 

●毛穴をキュッと閉じる方法

①まず、蒸しタオルを顔に乗せて毛穴を開かせます。お風呂に入っている時だとより開きやすいですよ。また、イオンスチーマーなどを利用するのもおすすめです。

②毛穴がしっかりと開いてから、皮脂の成分に近いホホバオイルをたっぷりと顔全体いn伸ばし、やさしくマッサージをしながら皮脂を溶かし出していきます。そして、蒸しタオルでオイルを優しくふき取ります。

③次にクレイパックを顔全体に乗せ、乾いたら洗い流してください。

④最後に毛穴引き締め効果の高いレモングラスウォーターなどをスプレーして毛穴を引き締めます。

images

 

 

乾燥肌やオイリー肌、混合肌など様々な肌タイプがありますが、本当の自分の肌タイプを知らないという人が多くいます。

ここでは、真の肌タイプの見分け方とタイプに合わせたケア法をお伝えします。

 

 

●オイリー肌

[見分け方]

顔全体にベタつきがあり、皮脂が浮いていて乾いた感じがない

[ケア法]

洗顔で皮脂をスッキリと落とし、オイルカットの保湿美容液などを使いましょう。

日中はあぶら取り紙で皮脂を抑えます。テカリや化粧崩れを防ぐにはルースパウダーがおすすめ。メイクの落ちてきた部分を中心に軽くのせていきましょう。

 

●オイリードライ肌

[見分け方]

べたつく部分は多いが、ところどころカサつきがある

[ケア法]

皮脂ばかり多くて水分が少ないオイリードライ肌の場合、余計に目立ってテカテカします。

一番大切なのは、肌の水分量を増やすケアです。水分量が増えれば、皮脂だけが浮いて目立つのを緩和できます。

 

●ノーマル肌

[見分け方]

べたつきもカサつきも殆どない

[ケア法]

現状の肌をキープするために、水分を増やす保湿ケアを怠らないようにしましょう。

 

●乾燥肌

[見分け方]

顔全体にカサカサとつっぱり感がある

[ケア法]

油分を与えるよりも水分を増やすケアを徹底しましょう。

oily-skin_オイリー肌

 

オイリー肌の人は化粧崩れが起きやすかったり、ニキビができやすかったり、Tゾーンがテカテカするなどの特徴があります。

ここでは、オイリー肌の人に合った化粧品の使い方をご紹介させていただきます。

 

●洗顔

さっぱりと洗える固形石鹸で念入りに洗顔します。ニキビができている時は1日に2~3回程度洗います。洗顔の最後には水で仕上げ洗いをし、毛穴を引き締めましょう。

●基礎化粧品

夜は洗顔後にさっぱりタイプの化粧水をつけるだけにします。朝も同様です。

●メイクアップ

ニキビがひどい状態の時はメイクをしないのがベストです。する時も固形のファンデーションと口紅のシンプルメイクがメイク崩れを起こさないためのポイントです。

●注意ポイント

パックやクリーム、美容液、乳液などの油分の多い化粧品はなるべく使わないようにしましょう。また、スクラブ洗顔などの刺激を与えるものは、余計に肌トラブルを招いてしまいます。

●化粧品の選び方

さっぱりとした使い心地のものを選ぶことで、Tゾーンの皮脂浮きや、ニキビの原因を緩和することができます。日中は、脂取り紙やルーセントパウダーなどを使って、余分な皮脂を取り去ることで、メイク崩れしにくくなりますよ。

名称未設定-1大人になっても、テカリやベタつき、ニキビ、ガサガサ肌に悩まされているというオイリー肌の人に特におすすめなのが、「サッポーのクレンジング&洗顔」です。

クレンジングは肌が潤う保湿クリームのような使い心地で、汚れを溶かすのではなく、浮かび上がせるというしくみなので、肌に余計な刺激を与えることがありません。

なんと12種類のオイル成分と、肌の保水力を上げるヒアルロン酸を6種類も配合しているのでメイクにすばやく馴染ませることができます。

そして、その後に使う洗顔石鹸が、肌表面に残っている汚れやホコリをさっぱりと取り去ってくれるので、肌をピカピカの何もない状態にすることができるから、化粧水や美容液の浸透を抜群に良くしてくれます。

肌への優しさを考えて作られているので、強アルカリ刺激物質を一切使っていません。

クレンジングと洗顔石鹸を同時に使うことで、まず肌バランスが整ってくるので、過剰な分泌がぴたっと留まります。

なので、皮脂詰まりからできるニキビや、黒ずみ、ガサガサ肌が気にならなくなってきますよ!ベタつきもなくなるので、メイク直しの回数も減ってきます。大人のオイリー肌を解決してくれる嬉しいクレンジング&洗顔石鹸です。