du_esod_image

 

 

ここでは、手作りスキンケアアイテムを作るための基本の道具と材料をご紹介します。

 

 

●はかる道具

分量を正確にはかるために、調理用の計量グッズを用意しましょう。

・計量スプーン…大さじ15ml、小さじ5mlが便利です。プラスチックやステンレス製がありますが、ステンレス製があれば、熱い液体をかき回す時にも使えて便利です。

・計量カップ…200mlで、メモリの見やすいものを使いましょう。耐熱性のカップなら湯煎にかけられるので重宝します。

・はかり…調理用でOKです。

●キッチン道具

・鍋…直径18cmほどの小ぶりの鍋が便利です。

・茶こし…漬けこんだハーブ類を取り除く時に使います。

・ボウル…複数の材料を混ぜ合わせる時には小さめのボウル、ドライハーブをミックスする時や氷を入れて冷やす時は大きめのボウルがおすすめです。

・スプーン…柄が長めのスプーンがあると、縦長の瓶で材料を混ぜ合わせる時に重宝。ステンレス製を使うようにしましょう。

●ドライハーブ

ハーブは私たちが本来持っている自然治癒力を高めてくれる薬草です。乾燥させたドライタイプと、生ハーブがありますが、手に入れやすいドライハーブがおすすめ。お茶や料理だけでなく、自然化粧品や入浴剤に広く活用されています。

●精油

精油(エッセンシャルオイル)とは、植物から抽出した天然の芳香成分のことです。香りを楽しみながら、心と体を健康にするアロマセラピーに用いられます。生活雑貨店や、アロマテラピーショップなどで購入できます

12421876_T3

 

皮膚は強くこすられることで、攻撃を受けていると感じ、防御態勢に入ります。

皮膚が持つ最大の防御法=メラニン色素の生成。いつもこすられる部分は、黒ずんだりすることがありますがこれもメラニン色素が原因になっています。

ですので、クレンジングはふき取るタイプではなく、洗い流すタイプを選ぶのがベストです。

また、洗顔後に顔をふく時は、絶対にこすらずに水滴をタオルで押し当てるようにしていきましょう。

リンパの流れは肌機能を活性化させるために有効なフェイスマッサージも、オイルなどを使って滑りを良くしてから行うことで、余計な摩擦を控えることができます。

そして、肌のターンオーバーを促進して、できてしまった色素沈着によるシミを取り去る効果があるのが、スクラブです。スクラブは週に1、2度程度行うのが理想で、粒子が細かくやわらかいものを選ぶようにしましょう。

化粧品に入っている化学物質も肌の刺激になり、メラノサイトが反応することがあるので、できるだけ自然素材からできてものを使うことがベストです。

ただし、敏感肌の人の中には植物成分でも刺激を感じる人がいるので、使用を始める前にはパッチテストを行い、自分の肌に合っているかどうかを確認しましょう。

シミ

10153921_T3常に肌に何らかのトラブルを抱えている人は、スキンケアの際にその原因を作り出しているのかもしれません。

肌トラブルを作り出してしまう盲点を把握することが美肌への近道です。

 

トラブル①髪の生え際のニキビ

・洗顔の際に生え際に洗顔料が残ってしまっている

・髪が額にかかっている

・しっとり感があるシャンプーを使っている

・汚れた手で額を触っている

 

トラブル②目尻の小じわ

・十分に保湿ができていない

・メイクの仕上げにフェイスパウダーを使っている

・力を入れてマッサージをしている

・日焼けを気にしない

 

トラブル③まぶたのくすみ

・目をこする癖がある

・乾燥した状態でアイシャドーをつけている

 

 トラブル④頬のカサつき

・洗顔の時に頬を中心にこすっている

・1日に3回以上洗顔をする

・エアコンがきいた部屋に1日中いる

 

 トラブル⑤小鼻の黒ずみ

・頻繁に毛穴パックをしている

・ブラシを使って洗顔している

 

 トラブル⑥鼻のしたにヒゲのようなシミがある

・何もつけないまま産毛の処理をしている

・切れないカミソリで処理している

 

 トラブル⑦あごニキビ

・口元までマフラーをしている

・あごを触る癖がある

 

 トラブル⑧首・肩・デコルテラインの骨に沿ってシミがある

・ナイロンタオルでゴシゴシと洗っている

・ゴワつきのあるタオルを使っている

・塩やスクラブ剤を使ってマッサージをしている

59d34f6eスキンケアのメインディッシュと言える美容液。

美容液の力を最大限に発揮させるのに、正しいつけ方をすることが重要になってきます。

ここでは、美容液をしっかりと肌へ浸透できる方法をご紹介させていただきます。

 

 

 

―正しい美容液のつけ方―

①美容液を適量手にとる

美容液の説明書に抱えている適量を手のひらに出します。もし、使っている美容液が保湿美容液なら、乾燥具合に合わせて量を調節しても良いです。

②手のひらで押さえるように馴染ませる

両手のひらに美容液を広げ、両手で押さえるように、頬から顔全体へと馴染ませていきます。目の周りや小鼻などの細かい部分も忘れずに丁寧につけていきましょう。

③マッサージすることでさらに浸透がアップ

顔全体につけた美容液を浸透させるように、顔のリンパに沿ってマッサージをします。この時に目頭やこめかみなどのツボ押しを行うことで、肌が活性化されより美容成分を浸透させることができますよ。

④仕上げに再度、肌を押さえる

仕上げに再度、顔全体を押さえ、目の周りやフェイスラインを手のひらや指の腹で押さえてなじませましょう。

 美容液は高価なものが多いので、一度の使用でしっかりと効果を実感したいもの。上記の正しいつけ方を実践して、今以上の美肌を手に入れてください!

0000004324毎日が忙しくてなかなかスキンケアに時間がかけられないけど、美肌を手に入れたい!という人におすすめなのが、「ピュアスリーうるおいスーパー洗顔石鹸」です。

なんと、石鹸なのにメイクも肌汚れも1つで同時に落とせるスグレモノ。だから面倒なダブル洗顔の必要がありません!

 

重力にも負けないほどの弾力と粘り気のある泡は、毛穴に詰まったメイクや皮脂詰まりも吸着してしっかりと落とします。

もちろんファンデーションやアイライン、口紅などの強い油性の成分もキレイに落ちますよ!

また、ナノサイズよりも小さいコラーゲンやヒアルロンが配合されているから、潤い補給と毛穴の引き締め効果を得ることができます。洗い上がりの肌がキュッキュッとしていて、つるつるの毛穴レスな肌になれると評判です。

合わせて、アンチエイジング効果が高いポリフェノールの一種のレスベラトロールも入っているから、たるみやシワ、シミなどの解消にも役立ちます。

毛穴が引き締まって小顔になってきた! 毛穴の凸凹が消えてツルツル肌に変わった! 肌色が明るくなったと周囲から言われるようになった! 洗った後の肌の潤い感がやみつき!化粧ノリが抜群に良くなった♪などの嬉しい声が寄せられている洗顔石鹸です。

7e52161ed61d84bf36e9bae1b928a3d7

肌がたるんでくると一気に老けた表情になるだけでなく、二重あごなどの原因にもなるので顔が大きくみえてしまうことにつながります。

また、シワの原因になることも…。

ここでは、たるみを解消できる手軽にできるマッサージ法をご紹介します。

 

マッサージをすることで、リンパや血液の流れをよくするため、肌バランスを整えることができます。

かかる時間は3分程度。肌に刺激を与えすぎないためにクリームやジェルなどを塗って滑りのよい状態にしておいてください。

  1.  まず、右手の人差し指、中指、薬指のはらを使って、左から右へと半円を描くようにおでこの上を動かします。反対の手も同様に各5回程行います。
  2. 次に両手のひらを使って、あごから頬まで2回ほど引き上げます。重力に逆らい顔全体を上へと上げるイメージで行います。
  3. 最後に、両手の薬指と中指を使って、唇の下のあご辺りを小さく円を描くようにクルクルと8回程滑らせます。

 ほんの数分でできるマッサージなので、お風呂上がりのスキンケア時に化粧品を馴染ませながら行うと、美容効果もアップしますよ!

継続的に行うことで、上へとピンと引き上がった、すっきりフェイスを手に入れることができます。ぜひ、実践してください!

shaving_menu_img05朝、鏡を見ると肌が暗~く感じることがありますよね。これはくすみが原因で黒っぽく肌が見えてしまっています。

そんな、朝のくすみを速攻で解消できる方法がパックです。パックには肌を密封して美容成分を瞬時に肌に押し込む効果があります。

 

でも、パックにも色々な種類がありますよね…。

まず、くすみの原因は乾燥と血行不良からくるので、しっかりと保湿ができるものが良いと言えます。また、アンチエイジング成分が入っているものは、肌の血流を良くし活性化させる働きがあるので尚良いと言えます。

そして、シートタイプのものを使う時には、使用時間を守ることが大切です。できるだけ肌に浸透させたいという気持ちから、長い時間肌にあてたままにしているという人もいますが、設定時間内に浸透するように設計されているので、むやみに時間をかけてもあまり意味がないのです。

朝の忙しい時でも少しゆったりとした気分で、音楽などを聞きながら楽しんで行うことで、効果もアップしますよ!

 パックは特別な日だけでなく、定期的に行うことで、肌の美力の底上げができます。週に2~3度のスキンケアに取り入れるだけで、驚くほどの美肌効果を得ることができるので、ぜひ行ってみてください。

9965fbbb肌機能を健やかな状態に保つために必要不可欠な保湿。

今まで常識だと思い込んでいた保湿ケア法は本当に正しい情報でしょうか?

ここでは、当たり前だと思い込みがちな保湿ケアの盲点をお伝えします。

 

 

●化粧水だけでは肌は潤わない!?

化粧水の成分のほとんどは水です。実はその水は、肌が本来もつバリア機能が働くため、肌の奥まで入っていくことができません。

角質層の2~3層目くらいまでは届きますが、この程度だと水分がすぐに蒸発して水分をキープするこができないのです。なので、残念ながら化粧水をたっぷりと染み込ませたシートマスクもあまり意味がないのです。化粧水の役割は本来、次に使うスキンケアアイテムの浸透を良くするためのものなのです。ですので、化粧水だけのスキンケアだと、余計に肌の乾燥を招いてしまうことになります。

 

●日中の水分補給にスプレーすると肌が乾燥する

日中の肌の水分補給のために、化粧水をスプレーしているという人が多いと思いますが、化粧水が蒸発する時に肌の水分も一緒に蒸発をしまうことで、必要な水分までも奪ってしまうのです。日中の保湿ケアには、軽い使用感の美容液などがおすすめです。肌に押し当てるようにつけることで、メイク崩れも起こしませんよ。

 

p_0010-540x360当たり前に毎日行っている洗顔やスキンケア…。そんなケア法をプロから教わって実践しているという人は意外に少ないのではないでしょうか?

ここでは、洗顔とスキンケアに関する知って得する豆知識をご紹介します。

 

①    洗顔の回数

普通肌の人は朝・晩の2回が基本です。ニキビができやすい皮脂分泌の多いオイリー肌の方の場合、1日に3~5回程度がおすすめです。

②    洗顔は手を使う

最近では洗顔用ブラスや洗顔クロスなどが販売されていますが、肌に使うことで刺激が強くなりがちに。こすりすぎることで、カサカサやごわつきが気になる肌になったり、シミの原因になることも…。基本は手を使いやさしく洗うのが美肌への近道です。

③    洗顔料の選び方

一番のおすすめは汚れをしっかりと落とすことができる石けんです。洗顔を行う理由は、汚れをしっかりと取り去ること。汚れや皮脂がキレイに落ちていないことで肌トラブルを招いてしまいます。また、スクラブ入りの洗顔料は、肌の弱い日本人の肌にはあまり向きません。

④    ダブル洗顔

クレンジング剤は油性メイクを落とすためのものなので、肌表面の汚れなどまで落とすことができません。ですので、クレンジング後には、必ず洗顔石鹸でダブル洗顔を行うようにしましょう。