ダウンロード肌がくすんで見える原因は様々あります。

まず、肌に汚れが残っていることです。クレンジングがちゃんとできていなかったりすると、落とし切れなかったファンデーションや汚れが皮膚の表面の溝に溜まってしまいます。

また、クレンジングの後、石けん洗顔をしない人や、朝は水で顔を洗うだけという人も汚れが残っていて、透明感が失われてしまいます。

このような状態だと、どんなに高価な美白化粧品を使っても、脂の膜のかかった肌の中には浸透していきません。

汚れをきちんと落としてキレイにしてこそ、化粧品の有効成分も働くことができるのです。

また、肌が乾燥して潤いがなくなった時も、肌がくすんだ印象になります。洗顔と保湿という日常のスキンケアの基本を丁寧にすることが、肌の透明感をキープするコツなのです。

顔色がくすんでいると感じたら、蒸しタオルと冷たいタオルのパックを行うことで、血行を良くして顔色を良くすることができますよ!

【血行を良くする冷温タオルパックの方法】

①熱めのお湯に浸して絞った蒸しタオルを顔全体に2~3分ほどのせます。

②今度は冷たい水に浸して絞ったタオルに交換して、2~3分ほど載せます。

くすみがひどい時には、2~3回ほど繰り返すことで、見違えるような血色の良い肌になれます。

whats_dry_skin_01

 

保湿成分と聞くと、多くの人が化粧品に配合されているもので、肌の外側から補給するものと思っているかもしれません。

ですが、実は人間の肌に元々潤いを守る保湿物質はあります。

 

なかでも、高い保湿力を持っているのが角質細胞間脂質です。これは、角質の間にあり水分の蒸発を防いでいる脂質の一つです。いろいろな皮脂がまざり合って構成されていますが、その約40%を占めているのがセラミドという最強の保湿物質です。

これらの保湿物質の量が減ったり、正常に働かなくなると、肌内の水分を抱えていられなくなり、乾燥してしまうのです。

肌の中にある保湿物質の生成は、老化とともに減少するため年齢と共に肌は乾燥しやすくなります。

また、角質の水分量が減り乾燥状態が続くと肌にはゴワつきが出てきます。これは角質が厚くなってしまっているためです。

角層には本来、外的刺激から肌を守る働きがありますが、乾燥は角層のバリア機能が低下している状態なので、肌は角質をもっと作ろうと働くのです。

この悪循環に陥らないために行うべきケアは保湿です。

化粧水の後には、肌の潤いをキープする働きを持つ、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分を含んだ美容液を肌に与えることで、乾燥による肌トラブルを改善することができます。

E1346121251017_1美容液は保湿や美白、アンチエイジングなどの美肌を作りだす強い味方。

ただし間違った使い方をすることで、より肌に美容成分を吸収できるのをご存知ですか?

ここでは、やってはいけない美容液の付け方をお伝えします。

 ―やってはいけないつけ方―

●量が少なすぎる

美容液についている説明書に書かれている適量をつけることで、効果がでるようになっているので、量が少ないと効果がでなくなってしまいます。

●気になる部分にしか使っていない

美白用の美容液は頬に、アンチエイジングの美容液は目元だけなど、顔の一部にしか塗っていない人もいますが、美白やアンチエイジング化粧品は、予防するために使うものなので、部分的に塗ってもせっかく効果が半減してしまいます。

●Tゾーンなどの脂っぽい箇所に油分の多い美容液を塗っている

美容液は顔全体に使うことが基本ですが、オイリー肌の人の場合油分の与えすぎには注意が必要です。特に皮脂分泌の多いTゾーンに付けすぎることで、ニキビの原因に繋がることもあります。

●2種類以上の美容液を使う時

美白やアンチエイジングなどの目的が違う2種類の美容液を使うときは、水っぽい質感のものを始めにつけ、油分を含むものを後につけるようにしましょう。逆の順番だと、水っぽい質感の美容液が浸透しずらくなってしまいます。

scimage

 

保湿成分と聞くと化粧品に配合されている成分だと思われがちですが、肌にも元々潤いを守るための保湿成分が存在しています。

なかでも力を発揮しているのが、角質細胞間脂質と呼ばれる、角質細胞の間にある水分の蒸発を防ぐ脂質です。

 

様々な脂質分が混ざって構成されていますが、主にセラミドという高い保湿力を持った成分で作られています。

この保湿物質の量が減ることで、肌内部の水分が抱えきれなくなることで水分が蒸発して、乾燥を招いてしますので。そして、このセラミドが減ってしまう一番の原因は老化なんです。

また、乾燥しだすと肌が硬くなりごわごわとした状態になってきますが、これは角層の水分が減ることで起こります。角層は本来、外からの刺激から肌を守るバリア機能があるのですが、その機能が活性化しすぎて、肌を守るための角層を作り出そうとするため、厚いゴワつきのある皮膚になってしまうのです。

このような乾燥による悪循環を引き起こさないためには、化粧水をたっぷりとつける保湿ケアよりも、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を配合した美容液などを使い、肌の保水力を高めることをおすすめします。乾燥が気になり始めたらすぐに、ケアを始めることでゴワつきを感じることがありませんよ。

 

9965fbbb肌機能を健やかな状態に保つために必要不可欠な保湿。

今まで常識だと思い込んでいた保湿ケア法は本当に正しい情報でしょうか?

ここでは、当たり前だと思い込みがちな保湿ケアの盲点をお伝えします。

 

 

●化粧水だけでは肌は潤わない!?

化粧水の成分のほとんどは水です。実はその水は、肌が本来もつバリア機能が働くため、肌の奥まで入っていくことができません。

角質層の2~3層目くらいまでは届きますが、この程度だと水分がすぐに蒸発して水分をキープするこができないのです。なので、残念ながら化粧水をたっぷりと染み込ませたシートマスクもあまり意味がないのです。化粧水の役割は本来、次に使うスキンケアアイテムの浸透を良くするためのものなのです。ですので、化粧水だけのスキンケアだと、余計に肌の乾燥を招いてしまうことになります。

 

●日中の水分補給にスプレーすると肌が乾燥する

日中の肌の水分補給のために、化粧水をスプレーしているという人が多いと思いますが、化粧水が蒸発する時に肌の水分も一緒に蒸発をしまうことで、必要な水分までも奪ってしまうのです。日中の保湿ケアには、軽い使用感の美容液などがおすすめです。肌に押し当てるようにつけることで、メイク崩れも起こしませんよ。

 

happytouch_10化学物質を一切使っていない、肌のことを真剣に考えた洗顔石鹸を探しているという人におすすめなの「Happy Touch」。

 なんと、一般的な洗顔石鹸で使われている、界面活性剤や合成香料、合成着色料、ポリマー、防腐剤などの肌に負担をかける化学物質が一切使われていなんです。

 

 

すべての原料が天然素材だから、使うごとに本来の肌が持っている機能が活発になるので、肌に関する様々な悩みを一気に解消できる優れもの!

肌のくすみや黒ずみを取り去る効果があるカタツムリ分泌液や、皮脂バランスを整える作用があるベルガモットオイル、アンチエイジング効果が高いプロポリスエキスや茶葉エキス、保湿効果があるペバーミントオイルなどを配合。

クレンジング力もあるので、メイクもしっかりと落とすことができるんですよ。

「Happy Touch」は、メイクや不要な汚れを取り去るだけじゃなく、美容成分の補給も同時に行うことができるから、肌トラブルをすぐにでも解決したいという人におすすめの洗顔石鹸です。

 また、ニキビや吹き出物解消にも効果があるので、顔だけじゃなく気になる背中やおしりにできたニキビケアにも重宝します。

 泡立ちもとってもよいので、力を入れずに洗えるので肌に余計な刺激を与える心配もありません。

 

ファーストクラッシュ常にポツっと痛みを伴うニキビがあった人が、キメの細かいサラサラしたニキビ知らずの肌を手に入れているという噂の洗顔料「ファーストクラッシュ」。

長年のニキビ悩みも解消できると今評判の洗顔料で、今までのニキビケアアイテムとは違う使い心地が人気の秘密なんです。

ファーストクラッシュは1本で、洗う・うるおす・整えるを同時に叶えられる優れもの。

まずは、ニキビの原因になる毛穴に詰まった皮脂や汚れ、古い角質を取り去ってクリーンな肌にします。

良くあるニキビ用洗顔料って、さっぱりとしすぎて洗った後に肌がつっぱる感じになるものが多いですが、ファーストクラッシュには厳選された肌を潤す天然の植物成分が配合されているから、洗顔後の肌は驚くほどしっとりしていて、化粧水や乳液などの保湿ケアをしなくてもいいほどなんです!

それに、これらの植物成分が、肌バランスを整えるからニキビが出来にくい健康的な肌をキープ。

手間や時間のかからない、洗うだけのシンプルケアなのに、使うことに皮脂分泌のバランスが整ってニキビが気にならないサラサラとした肌になれるなんて、嬉しいですよね。

肌のキメも整うから、毛穴レスな透明感ある美肌も実現できますよ。