thマニュキュアを落とす除光液(エナメルリムーバー)に処方されているアセトンは、低い温度でも揮発するため、早く乾かす性質があります。

ですが、繰り返し使うと皮膚や粘膜から吸収され、知覚神経を刺激してしまうのです。

 

したがって、毛細血管の充血により赤くなり、熱を持ち、かゆみを伴う炎症が多種多様にできるのです。また、吸い込むと頭痛や疲労、量が多いと気管支刺激を起こすこともあります。さらに、爪の先が雲母を剥がすように層状にはがれてくる爪甲層状分裂症を引き起こすことも。

こうしたことの原因の一つが水分不足ということから、トリートメントも同時にできる除光液も出ていますが、ネイルトリートメント剤は38%が油分。油分成分であるラノリンはアレルギーを起こしやすく、トリエタノールアミンは発ガン性との関係が指摘されています。

さらに、マニュキュアも除光液も引火性が強いので火気厳禁です。マニュキュアをしている人は、きちんとマニュキュアを落とし、石けんで洗い流し、就寝前にオリーブオイルなどのピュアなオイルでやさしくマッサージするようにしましょう。また、すでに爪が傷んでいる人も同様のケアをすることで、元のようにしっかりとした爪を取り戻すことができます。

75afc61b-5f2a-4c5f-9306-780062e5380f_lクレンジングが必要な意味を理解されていますか?

クレンジングで落とすものや、油性でできたメイクアップ料です。

ですので、メイクをしている日はクレンジングをする必要があり、メイクをしていない日はする必要がないのです。

 

クレンジングは油分と界面活性剤からできています。油性のメイクを落とすためには油分がどうしても必要。さらに、洗い流す際の水と油分を馴染ませる役割が合成界面活性剤なのです。

これらの、油分と界面活性剤、水の配合量が変わることで、オイルタイプやミルクタイプなどの形状に分けられます。

 クレンジングはその形状によって、肌への刺激の強さや落ちやすさが変わってきます。

そうなると、何を基準に選んだらよいかわからないという人もいると思いますが、自分のメイクの濃さに合わせて使いわけをしましょう。

落とす力が強い順番は、オイルタイプ→クリームタイプ→ジェルタイプ→ミルクタイプとなります。

例えば、油分の多いオイルタイプはウォータプルーフマスカラなどもしっかりと落とすことができますが、界面活性剤が多く使われているので、肌への負担が大きくなります。また、ミルクタイプの場合、肌にやさしい反面、水分量が多いので、メイクと馴染むまでに時間がかかるというデメリットもあります。

 

デイリーケアには、バランス良くメイクを落とせるクリームタイプがおすすめと言えます。

10153921_T3自分は生まれつきの敏感肌だと思っている人が多いようですが、実は敏感肌には2つのタイプがあるんです。

間違ったスキンケア法で自ら敏感肌を作り上げているケースと、うまれつきの肌質によるケースです。

 

間違ったスキンケアは肌荒れや乾燥の原因になります。そして、角層のバリア機能が壊れるため、外からの刺激を受けやすくなり肌が敏感な方へと傾いてしまうのです。

この場合、スキンケア法を見直せば敏感肌ではなくなります。間違ったスキンケア法とは、クレンジングのしすぎや、肌に負担がかかる日焼け止めやメイクアップ用品を使っていたり、肌に合わない化粧品を使うこと。

また、寝不足や食事バランスの乱れからも肌の抵抗力が低くなりデリケートな状態にしてしまうのです。

そして、上記のようなケースに該当しないタイプの肌が真の敏感肌と言えます。真の敏感肌とは元々肌が薄い、乾燥しやすい、外からの刺激により赤くなったりするなどの過剰な反応を起こしやすいという特徴があります。また、髪が触れるだけでも痒みを感じたり、アルコールにかぶれたりすることもあります。

このような真の敏感肌の場合、スキンケアはシンプルに行うことで、肌トラブルを緩和することができますよ。

logona-freesoap-image4無添加や自然派の洗顔石鹸を使っても、肌がピリピリとした刺激を感じたり、赤くなったりする人がいます。

そんな人はもしかすると、石鹸に入っている美容成分に反応してしまっているのかもしれません。

「ロゴナ フリーソープ」は、引き算の発想から生まれた洗顔石鹸。

 

肌に必要なものだけを補給するという考えのもと作られているので、余分なものをほとんど含んでいないシンプル設計です。

パーム脂肪酸Na、ヤシ脂肪酸Na、水、グリセリン、スクロース、ヤシ脂肪酸、フィチン酸、塩化Naの8種類だけを使っており、ほとんどがオーガニック栽培された植物から採れているので、化学物質過敏症の人でも安心して使えます。

もちろん、防腐剤や酸化防止剤の変わりも全てハーブやエッセンシャルオイルなどの自然素材のものを使用していますよ。

 そんなシンプルな作りなのに、泡立ちがとてもよく、やわらかい優しい泡で汚れをキレイに落とし、配合されているグリセリンの効果で、洗い上がりはしっとりとした肌に!

そして、まったくクセのない石鹸なので、肌が弱い人だけでなく、刺激のある香りが苦手という人にも使いやすいですよ!

アトピー肌の人でも安心して使えるほど自然な使い心地で、どんどん肌がキレイになってくると評判の洗顔石鹸です。

1アトピー肌でも安心して使える洗顔石けんと言えば「ショコラドバーン」。

合成界面活性剤や香料、防腐剤などの化学物質を一切使用しておらず、天然成分100%でできているから、肌が弱い人でも肌トラブルを起こすことなく、健やか肌を作りだせます。

 

肌の保湿力アップや、肌本来の生命力を引き出す作用のある植物オイルをたっぷりと配合しているから、使う度に肌が元気になっていくんですよ。

―実際に愛用している人の声―

●つっぱり感のない使い心地にやみつき♪

ひどい乾燥肌なのですが、「ショコラドバーン」で洗顔すると、肌がずっとしっとりとしていて化粧水をすぐにつけなくてもカサカサしません。メイクも落とす力があるから、クレンジングとしても活用できて、コスパも良いです!

●泡立ちがいい!

とにかく泡立ちがいいから、洗う時に力を入れなくてもしっかりと汚れが取れます。肌がピリピリするなどの刺激もないから、敏感肌の私にぴったりだと感じています。

 ●肌トラブルが起こらなくなった!

常に肌のどこかにトラブルを抱えているという肌タイプだったんですが、「ショコラドバーン」を使うようになってから、健やか肌が持続できています。洗い上がりの肌がもちもちとするところが気にいっています。泡だちが凄く良いので、なかなか減らないのも嬉しいですね。

d74bc732-sスクラブ入りの洗顔料では毛穴の黒ずみが解決されないということを知ってますか?

スクラブ剤とは、洗顔剤の中に細かいブツブツとしたものが入っており、この細かい粒子が毛穴の奥の黒ずみや古い角質を取るということで人気があります。

 

ですが、実はこの粒子は毛穴の奥までは入ることができず、肌の表面の汚れや角質が取れる程度なんです。

それに、スクラブ粒子を肌の上で何度も転がしている=何度も肌をこすって刺激を与えることになるので、本来必要な角質や肌バランスを整えている皮脂までを取りすぎてしまったり、シミやシワの原因を作り出したりしてしまうのです。

そのスクラブ粒子の原料が天然素材のものなら安心なのでは?と思われがちですが、これらも肌に刺激を与えるという点では同じなので、やりすぎは肌を傷めることに繋がります。

逆に天然素材のものほど、粒の大きさにばらつきがあるので、より肌に負担をかけてしまうことにも...。

このようなことからスクラブ入りの洗顔料は毎日使うものとしては不向きと言えます。

肌のザラつきやゴワつきが気になる時など肌の状態をみて使うことがおすすめです。

毛穴の黒ずみがどうしても気になるという時には、人の皮脂に近い成分の植物オイルなどで、マッサージすると肌に負担をかけずにキレイに取り去ることができますよ。

 

20130109150005-42もっと肌をキレイにしたい!という気持ちから、洗顔は丁寧に時間をかけて行っているという人も多いと思います。

でも、意外に間違った洗顔法をして、肌に負担をかけてしまっていることも...。

ここでは、やってはいけない!洗顔法をお伝えします。

少しやり方を変えるだけでも、みるみる美肌に近づいてきますよ。

 

 

●泡立てが足りない!?

泡の量が少ないと、洗顔料成分が濃すぎることで肌に刺激を与えてしまったり、余計な摩擦で肌に負担をかけてしまうことがあるので、泡立てネットなどを使い、弾力のある泡を作り、洗顔しましょう。

●力を入れて擦りすぎ?

汚れをしっかりと落としたいあまりに、ゴシゴシと力を入れて肌をこすっていませんか?洗顔の基本は泡で汚れを落とすことです。ゴシゴシ洗顔は、角質を傷つけることで肌トラブルを招く原因にもなります。

●時間をかけ過ぎでは?

丁寧さを重視するあまりに時間をかけて洗顔していませんか?洗浄剤が長い間、肌の上にあることで肌に負担をかけてしまいます。1分ほどで終わらせるのがベストです。

●毛穴引き締めの冷水は意味があまりない。

毛穴引き締めのために、仕上げに冷水洗顔をしているという人がいますが、その冷却効果は30分程度しか持たないだけでなく、赤ら顔の原因にもなってしまいます。