stp_27089ここでは、クリーンできらめく美肌を実現するための手軽にできる、美肌ケアのコツをお伝えさせていただきます。

【毎日キレイに汚れを落とし保湿は十分に!】

肌の表面は、皮脂と体内の水分が混ざり合った乳液状のものでコーティングされ、汚れやほこりがつきやすい状態でもあります。

肌のためには、メイクなどの汚れをキレイに取り除くことが大切です。しかし、必要以上に水分や皮脂を奪ってしまうと乾燥してしまうので、洗顔後はすぐに保湿をしましょう。また、入浴の後も、肌は乾燥しやすいので、洗顔後と同様に肌が湿っている間にすばやく保湿をすることが大切です。

【もっとしっとりする化粧品が欲しいと思ったら】

肌の乾燥がひどく、目や口の周りがカサカサしてしまっている時には、パックにほんの2、3滴オリーブオイルを垂らしてから、肌に乗せてみてください。オリーブオイルの油分が肌をコーティングして、パックを洗い流した後は、肌よりしっとり&もっちりとした肌状態になります。

また、パックに粉末のミルクを加えたり、ヨーグルトの代わりに生クリームを使ったりするなど、油分が多いものを補給したり代用するとより、しっとりとしたスペシャルケアができます。

 

images肌はゾーンごとに、皮脂分泌が違うことをご存知ですか?

Tゾーンに脂浮きがある人でも目の周りはカサついていたりします。

 

それぞれの部分をチェックして、スキンケアアイテムの量を調節したり、必要な栄養を補給したりすることで、常に健やか肌を目指せるようになりますよ。

 肌のゾーンごとのチェックポイント

●Tゾーン

額と鼻は皮脂分泌が多くニキビができやすい場所です。小鼻の毛穴が目立っていないかなどもチェックしましょう。

●こめかみ

見落としがちなこめかみ部分。かさつきやベタつきがないかチェックしましょう。

●頬

皮脂も汗も少なく乾燥しやすい部分です。かさつき、肌のハリがあるか、くすみがないかなどをチェックしましょう。

●あご

大人ニキビができやすい場所です。ベタつきがないかチェックしましょう。

●口周り

皮脂の分泌が少なく乾燥しがちな部分です。カサつきがないかチェックしましょう。

●アイゾーン

顔の中でも一番皮膚が薄く、皮脂分泌も少ない場所です。シワっぽさが出ていないか、ハリはあるか、カサつきやむくみはないかをチェックしましょう。

このように肌は場所によって、皮脂バランスや皮膚の厚さが違っています。場所ごとに最適なケアをすることで、肌トラブルが気にならなくなりますよ!