menu04_img01

 

 

ここでは、美肌づくりに大切なサプリメントをご紹介させていただきます。

 

 

●コエンザイムQ10

ダメージを受けた細胞ミトコンドリアの活性化をさせます。

摂取量:1日60~100mg

摂り始めてすぐに効果を期待することができません。コエンザイムQ10の摂取は保険のようなものと考え長期的に摂取することで、更年期以降の不調を抑制することができます。

 

●カルシウム

骨の強化、老化による骨格の変形を予防、細胞の成長を調整、高血圧やコレステロールの抑制に効果があります。

摂取量:1日1200mg

中更年期以降、特に閉経後はカルシウムの焼失率が上がる一方、吸収力が低下するので、摂取量を増やす必要があります。合わせて適度な運動を継続することにより、骨への吸着率が高まります。年齢や状態にかかわらず、カルシウム摂取により骨を強化することができ、高齢だから遅すぎるということはありません。

 

●レシチン

細胞膜を作る、肌アレやシワの予防、血中コレステロールを溶かして血液をサラサラに保つ、肥満防止などの効果があります

摂取量:1日3000~6000mg

レシチンは卵黄や大豆に多く含まれており、肌のツヤやハリを守り、若さを保つ効果があります。加齢にしたがって体内で作られる量が減少するため、サプリメントで補う必要があります。

1

 

ここでは、美肌づくりに大切なサプリメントをご紹介させていただきます。

 

 

●ビタミンE

ビタミンEは抗酸化力が強く、活性酸素の害を抑制して老化を防ぎます。

摂取量:1日200mg

効果:活性酸素素の除去、脳や動脈の機能強化、免疫力の強化、悪玉コレステロールの除去

摂る時の注意点:植物由来の天然物と化学合成物で効果に違いがあります。天然物は少し値段は高いですが、効果をしっかりと得るならば小麦胚芽から抽出されるαトコフェロールを含む天然サプリメントを選ぶことをおすすめします。ただし、表示にd-αトコフェロールと記載してあるのは、天然ですがdl-αトコフェロールとあるものは化学合成サプリメントであるしるしです。

また、体内のビタミンEレベルを常に一定に保つためには、1日に必要とする量を一度に摂るのではなく、数回に分けて摂るようにしましょう。脂溶性なので、食後に摂るのが理想的です。

 

●ビタミンC

活性酸素の除去、血圧を下げて血管壁を強化、免疫力の強化、コラーゲン生成の促進効果があります。

摂取量:1日1000~2000mg

風邪をひいた時や強いストレスを感じた時には大量のビタミンCが消費されるので、サプリメントで補給しましょう。また、ビタミンCには絶大な美肌効果があり、水溶性なので細胞や血液の中でも働きが低下することなく、活性酸素を除去できます。