img_0美肌の秘訣といえば、サラサラと血液の流れる血管です。その血管を若々しく保つためには、食事から摂る脂の質にこだわりましょう。

オリーブオイルが美容と健康に良いことは良く知られていますが、お肉や魚に含まれている動物性脂肪にも、かっ巻にとって良いものと悪いものがあります。

血管に良い脂とは、高度不飽和脂肪酸であるDHAやEPAです。これらを多く含むのは、自然の大地を駆け回って育つ野生の動物や、天然の魚です。畜産による動物の肉や養殖の魚には、飽和脂肪酸というあまりよくない脂質が蓄えられています。一般的に牛や豚、鶏などの家畜動物は、身動きもできないような狭い空間に閉じ込められており、養殖の魚も小さな生簀の中で育ちます。その上、家畜も養殖魚も病気予防のために薬物や、発育促進のための高濃度飼料を大量に与えられています。

このような生育環境から、どうしても飽和脂肪酸を蓄えてしまうのです。

牛肉を買う時には、オーストラリア産のものを選ぶことをおすすめします。国土の広いオーストラリアでは、畜産といえっても飼育の基本は放牧。この放牧方式により野生に近い健康的な牛の肉が手頃な価格で手に入ります。魚を選ぶのなら養殖ではなく天然のものに限ります。

Fotolia_33957280_M

 

良く肌がキレイな人に美肌の秘訣を聞くと、特に何もしていないと返されたということは多いものです。

その人たちが本当に何もしていないのかと言えば、そんなはずがありませんが、特別なケアをしていない代わりに、美肌にいい習慣を行っているということがあります。

何歳になっても美しさをキープしている人の共通点は、細胞が若々しいことです。

 


誰でも、生まれてからの生活習慣を改善することにより、持って生まれた細胞の老化を遅らせることができるのです。事実、健康的な生活習慣を維持している人の肌は、年齢を重ねても成熟した美しさを保っています。その反対に、年齢は若いのに肌が衰えている人は、偏った食事や過度なダイエット、運動不足、間違った美容ケアのせいで、せっかくの若さを損ねているのです。

意外に男性はこうした事実を客観的に見ているんどえ、若くてかわいらしい女性を前にしても、肌が荒れていたり顔色がすぐれなかったりすると、生活がすさんでいると判断し、深い付き合いを敬遠してしまいます。せっかっく、女性として生まれてきた以上、男性に愛される美肌の持ち主でありたいと思いませんか?

それは、今までの生活習慣を正すことで、簡単に実現できるのです。