「敏感肌のせいでことある毎に肌トラブルが起こる」と感じている人は、生活サイクルの再検討だけじゃなく、専門クリニックで診察を受けることをおすすめします。肌荒れというのは、専門の医者にて改善することができるのです。大体の日本人は欧米人と比べると、会話中に表情筋を動かさないことがわかっています。それだけに顔面筋の衰弱が生じやすく、しわが生まれる原因になるそうです。

 

「「毛穴のブツブツ黒ずみを改善したい」と…。」の続きを読む…

美白向け化粧品は変な方法で使うと、肌がダメージを負ってしまうことがあります。化粧品を購入するつもりなら、どのような成分がどの程度使用されているのかを絶対に調べましょう。ニキビが生じるのは、ニキビの種となる皮脂が多大に分泌されるのが要因なのですが、洗いすぎると、肌を庇護する皮脂まで取り去ってしまうので、かえってトラブルが起こりやすくなります。

 

「つらい乾燥肌でつらい思いをしているなら…。」の続きを読む…

ASNcare12

 

ここでは、手の黒ずみを解消して美白を目指せるハンドケアレシピをご紹介させていただきます。

ゴシゴシを力を入れずにクルクルと指で小さな円を描くようにして、スクラブで汚れを落とし、パックは倍量で作ることでヒジまで美白パックをすると、腕全体が美しくなりますよ!

 

 

【ハンドスクラブ】

毎日手を洗ったり、お風呂に入ったりしていても、手の色がくすんでくることがあります。レモン汁を使ったスクラブで肌の汚れを落とすと、びっくりするほど美しくツルツルになります。

●材料(1回分)

・米ぬか…洗面器1杯(約2ℓ)

・レモン汁…小さじ1

・水…小さじ2

●作り方

全ての材料を混ぜ合わせたら完成です!

●使い方

塗れた手につけて、優しくマッサージするようにスクラブし、ぬるま湯で洗い流します。

 

【ハンドパック】

スクラブの後は、美白効果のあるヨーグルト、クレイ、米ぬかで作ったパックをしましょう。肌のくすみが取れたしなやかな手は、誰かに自慢したくなりますよ!

●材料(1回分)

・ヨーグルト…大さじ1

・クレイ…小さじ1

・米ぬか…小さじ1

●作り方

全ての材料を混ぜ合わせたら完成です!

●使い方

手にたっぷりと塗り、10分ほど置いたらぬるま湯で洗い流します。

 

 

 

anti1プラセンタの中には数十種類のアミノ酸、各種活性ペプチド、ビタミンB1、B2、B6、B12、C、D、E、ナイアシン、カルシウムなどのミネラル、そして100種類近くの酵素や核酸が含まれています。

プラセンタ注射で期待できる効果は様々あり、肌には美白、保湿、ニキビ抑制、また更年期障害の症状を和らげる効果、肝機能改善効果、アトピー性皮膚炎の改善、免疫アップなどがあります。

 

 

プラセンタ注射の効果の持続は1週間ほどで、1回で効果を実感する人もいますが、5回目くらいで少し変化を感じるという人もいます。

基本は1週間に1~2回注射するのが理想ですが、例えば生理前にニキビが出来やすいなら、生理の1週間前に毎月注射するなど悩みに応じたタイミングで行ってもよいでしょう。

また、最近ではサプリメントやドリンク、ゼリータイプのプラセンタ製品が手軽に摂取でき高い効果を感じられるものがたくさんあります。継続して飲むことで乾燥が気にならなくなったり、ニキビが出来にくくなるなどの効果を体感できます。

 主なプラセンタの効果

●美白

●保湿

●細胞の再生

●コラーゲンの生成促進

●血行促進

●抗酸化作用

●抗炎症作用

●免疫アップ

●肝臓機能促進

●更年期障害の改善

●アトピー性皮膚炎の改善

 

E1346121251017_1美容液は保湿や美白、アンチエイジングなどの美肌を作りだす強い味方。

ただし間違った使い方をすることで、より肌に美容成分を吸収できるのをご存知ですか?

ここでは、やってはいけない美容液の付け方をお伝えします。

 ―やってはいけないつけ方―

●量が少なすぎる

美容液についている説明書に書かれている適量をつけることで、効果がでるようになっているので、量が少ないと効果がでなくなってしまいます。

●気になる部分にしか使っていない

美白用の美容液は頬に、アンチエイジングの美容液は目元だけなど、顔の一部にしか塗っていない人もいますが、美白やアンチエイジング化粧品は、予防するために使うものなので、部分的に塗ってもせっかく効果が半減してしまいます。

●Tゾーンなどの脂っぽい箇所に油分の多い美容液を塗っている

美容液は顔全体に使うことが基本ですが、オイリー肌の人の場合油分の与えすぎには注意が必要です。特に皮脂分泌の多いTゾーンに付けすぎることで、ニキビの原因に繋がることもあります。

●2種類以上の美容液を使う時

美白やアンチエイジングなどの目的が違う2種類の美容液を使うときは、水っぽい質感のものを始めにつけ、油分を含むものを後につけるようにしましょう。逆の順番だと、水っぽい質感の美容液が浸透しずらくなってしまいます。