img_0美肌の秘訣といえば、サラサラと血液の流れる血管です。その血管を若々しく保つためには、食事から摂る脂の質にこだわりましょう。

オリーブオイルが美容と健康に良いことは良く知られていますが、お肉や魚に含まれている動物性脂肪にも、かっ巻にとって良いものと悪いものがあります。

血管に良い脂とは、高度不飽和脂肪酸であるDHAやEPAです。これらを多く含むのは、自然の大地を駆け回って育つ野生の動物や、天然の魚です。畜産による動物の肉や養殖の魚には、飽和脂肪酸というあまりよくない脂質が蓄えられています。一般的に牛や豚、鶏などの家畜動物は、身動きもできないような狭い空間に閉じ込められており、養殖の魚も小さな生簀の中で育ちます。その上、家畜も養殖魚も病気予防のために薬物や、発育促進のための高濃度飼料を大量に与えられています。

このような生育環境から、どうしても飽和脂肪酸を蓄えてしまうのです。

牛肉を買う時には、オーストラリア産のものを選ぶことをおすすめします。国土の広いオーストラリアでは、畜産といえっても飼育の基本は放牧。この放牧方式により野生に近い健康的な牛の肉が手頃な価格で手に入ります。魚を選ぶのなら養殖ではなく天然のものに限ります。

menu04_img01

 

 

ここでは、美肌づくりに大切なサプリメントをご紹介させていただきます。

 

 

●コエンザイムQ10

ダメージを受けた細胞ミトコンドリアの活性化をさせます。

摂取量:1日60~100mg

摂り始めてすぐに効果を期待することができません。コエンザイムQ10の摂取は保険のようなものと考え長期的に摂取することで、更年期以降の不調を抑制することができます。

 

●カルシウム

骨の強化、老化による骨格の変形を予防、細胞の成長を調整、高血圧やコレステロールの抑制に効果があります。

摂取量:1日1200mg

中更年期以降、特に閉経後はカルシウムの焼失率が上がる一方、吸収力が低下するので、摂取量を増やす必要があります。合わせて適度な運動を継続することにより、骨への吸着率が高まります。年齢や状態にかかわらず、カルシウム摂取により骨を強化することができ、高齢だから遅すぎるということはありません。

 

●レシチン

細胞膜を作る、肌アレやシワの予防、血中コレステロールを溶かして血液をサラサラに保つ、肥満防止などの効果があります

摂取量:1日3000~6000mg

レシチンは卵黄や大豆に多く含まれており、肌のツヤやハリを守り、若さを保つ効果があります。加齢にしたがって体内で作られる量が減少するため、サプリメントで補う必要があります。

1

 

ここでは、美肌づくりに大切なサプリメントをご紹介させていただきます。

 

 

●ビタミンE

ビタミンEは抗酸化力が強く、活性酸素の害を抑制して老化を防ぎます。

摂取量:1日200mg

効果:活性酸素素の除去、脳や動脈の機能強化、免疫力の強化、悪玉コレステロールの除去

摂る時の注意点:植物由来の天然物と化学合成物で効果に違いがあります。天然物は少し値段は高いですが、効果をしっかりと得るならば小麦胚芽から抽出されるαトコフェロールを含む天然サプリメントを選ぶことをおすすめします。ただし、表示にd-αトコフェロールと記載してあるのは、天然ですがdl-αトコフェロールとあるものは化学合成サプリメントであるしるしです。

また、体内のビタミンEレベルを常に一定に保つためには、1日に必要とする量を一度に摂るのではなく、数回に分けて摂るようにしましょう。脂溶性なので、食後に摂るのが理想的です。

 

●ビタミンC

活性酸素の除去、血圧を下げて血管壁を強化、免疫力の強化、コラーゲン生成の促進効果があります。

摂取量:1日1000~2000mg

風邪をひいた時や強いストレスを感じた時には大量のビタミンCが消費されるので、サプリメントで補給しましょう。また、ビタミンCには絶大な美肌効果があり、水溶性なので細胞や血液の中でも働きが低下することなく、活性酸素を除去できます。

olive

 

地中海沿岸地方の長い歴史では、オリーブオイルは神聖な樹木として親しまれてきました。

オリーブオイルは、数ある植物油の中でもめずらしい100%天然のオイルです。

原料の種子に化学処理をしたり、圧搾した油に熱処理を加えたりせず、そのまま食することができるのです。

 

一番搾りのエクストラバージンオイルは、ろ過精製の家庭も一切加えていないため、絞りたてのジュースのようなフルーティな香りと風味を楽しむことができます。

一般的な植物油は、多価不飽和脂肪酸であるリノール酸という成分が殆どを占めているので、酸化しやすいという性質を持っていますが、オリーブオイルは一価不飽和脂肪酸のオレイン酸が全体の75%を占めているので、酸化しにくい性質なのです。オリーブオイルに含まれる一価不飽和脂肪酸は消化管を通過するまでに時間がかかります。そのため穏やかに体に吸収され、すい臓から出るインスリンの量が急激に上昇することもあります。ですので、オリーブオイルは太りにくい油なのです。

また、オリーブオイルは血中の悪玉コレステロールを低下させる働きがあり、そのため血液の流れが良くなり、余分な悪玉コレステロールが肝臓にどんどん回収されていきます。

このように老廃物のないキレイな血管になるので、血液がサラサラとスムーズに流れるようになるため、肌は内側から明るく輝きだします。

16689926美肌をつくる快楽ホルモンと言えば、ベータエンドルフィンです。

ベータエンドルフィンは、笑っている時、誰かに夢中になって胸がときめいている時、趣味に没頭しているとき、楽しく仕事をしているとき、ワクワクとしているときに脳はベータエンドルフィンをたっぷりと分泌します。嬉しい、楽しい、気持ちいい、幸せだと感じる瞬間が多いほど、ベータエンドルフィンも増えていくのです。

また、音楽に合わせて体をゆすったり、散歩に出たりというように、何気なく体を動かし始めてしばらしくしたら、なぜか身も心も軽くなり、気分が上向いた!という経験があると思いますが、この心地よさもベータエンドルフィンが作りだしています。

歩く、走る、踊るといった軽い運動を始めて、約15分後から脳内でベータエンドルフィンの分泌が始まるのです。そして、分泌が始まると脳は深いリラックスモードに入ります。この時脳には平常時の1.5倍以上という大量の血液が流れ込み、脳はこの大量の血液をかつお湯して、全身に運び届ける酸素の量を増やします。

酸素がたっぷりと行き渡ると、細胞はエネルギーをどんどん生み出すことができるため、体も心もどんどん元気になっていけるのです。

ワクワクドキドキの瞬間を増やして、どんどんキレイになりましょう。

20100805101634650

 

肌の土台になる骨を丈夫にすることが、美肌への近道と言えます。

骨を構成している細胞は、約2年で全て入れ替わります。その新陳代謝のしくみを活かし、肌の土台となる骨を作り直していきましょう。

 

まずポイントとなるのが、●適度な運動(ウォーキング)●カルシウムを豊富に含む食品を摂る●日光に当たることです。

カルシウムは、骨を丈夫にすることのほかに様々な働きをしています。例えば、細胞はその機能を正常に保つためにカルシウムを必要とします。細胞の順調な成長、内分泌系システムの調整など、様々な面でカルシウムが役立っているのです。私たちの体は、その時々に必要とされるカルシウムを骨から取り出して使っているのです。少なくとも今ある量を維持するために、毎日600mg以上のカルシウムを摂り続ける必要があります。

女性は25歳を過ぎるあたりになると、年に約1%の割合で骨量が減少していきます。

また、カルシウムはマグネシウムと合わせてとることで吸収率がぐんとアップするため、マグネシウムを豊富に含む食材と合わせて摂るようにしましょう。

マグネシウムを豊富に含む食材とは、小麦胚芽、玄米、ナッツ類、酵母、豆腐などです

3か月実行するだけでも、肌は見違えるように美しく変わっていきますよ

a00003-1体を動かさず、座りがちな生活を送っていると若返りホルモンは分泌されません。通勤や家事などで少し体を動かしても、老化を促進する衰退ホルモンがでるだけなのです。

若返りホルモンをたっぷりと出すには、意識して多めに体を動かす必要があります。

鼓動が少し早くなるくらいの運動をして初めて若返りホルモンの分泌が始まります。鼓動が少しや早いというのは最高脈拍数の65%。仮に30歳の場合、若返りホルモンを分泌するのに必要な脈拍数は約124です。

計算式は[220(固定値)-30(年齢)=190(最高脈拍数]

[190(最高脈拍数)×0.65÷124(若返りホルモンを分泌するのに必要な脈拍数)]

脈拍数を124あで引き上げる運動は、さほど激しいものではありません。1秒間に2歩、1分間に約120歩進む速さを目安に少し早足でウォーキングするだけです。

脈拍数が増えるとまず老化ホルモンが増えるのですが、最高脈拍数の65%に達すると、今度は若返りホルモンの分泌が始まります。分泌開始からさらに約2時間ウォーキングを続けると、歩き終えた跡も若返りホルモンが4~6時間継続するんのです。

毎日欠かさず通勤している人は、何も運動していない人に比べ、はるかに若々しく健康で、肌の調子も良いのです。

thアスリートの体は筋肉が多く、毛細血管がびっしりと張り巡らされています。そして、その筋肉は全血液量の約80%がめぐっていて、一般人の約4倍の血液を循環させているとも言われています。筋肉をめぐる血液が多いということは、血液に乗って細胞に若返りホルモンが行き渡る量も多いということです。

また、アスリートは激しい運動を日常的に行っているため、若返りホルモンの分泌量が一気にあがります。なので、アスリートたちの肌はイキイキと若さをキープしていられるのです。

若返りホルモンのおかげで、全身の細胞が盛んに新生されていますし、肌の土台である筋肉が充実しているので、その筋肉の表面を覆っている肌の状態もおのずと良くなっていくのです。

 

●アスリートコラム

良く運動選手は短命な人が多いと言われることがあります。激しい運動をすると活性酸素が大量に発生してしまうので、その害によって健康を損ない寿命を縮めてしまった選手がいたのは少なからず事実かもしれません。ですが、現在はスポーツ医学が進み、活性酸素の害を抑えるために抗酸化サプリを摂取することが常識になっています。

あなたも、ウォーキング程度の軽い運動であっても、体を動かすときには必ず抗酸化物質を摂るようにしてください。野菜、果物をとるとともに、抗酸化サプリを摂取しましょう。

Fotolia_33957280_M

 

良く肌がキレイな人に美肌の秘訣を聞くと、特に何もしていないと返されたということは多いものです。

その人たちが本当に何もしていないのかと言えば、そんなはずがありませんが、特別なケアをしていない代わりに、美肌にいい習慣を行っているということがあります。

何歳になっても美しさをキープしている人の共通点は、細胞が若々しいことです。

 


誰でも、生まれてからの生活習慣を改善することにより、持って生まれた細胞の老化を遅らせることができるのです。事実、健康的な生活習慣を維持している人の肌は、年齢を重ねても成熟した美しさを保っています。その反対に、年齢は若いのに肌が衰えている人は、偏った食事や過度なダイエット、運動不足、間違った美容ケアのせいで、せっかくの若さを損ねているのです。

意外に男性はこうした事実を客観的に見ているんどえ、若くてかわいらしい女性を前にしても、肌が荒れていたり顔色がすぐれなかったりすると、生活がすさんでいると判断し、深い付き合いを敬遠してしまいます。せっかっく、女性として生まれてきた以上、男性に愛される美肌の持ち主でありたいと思いませんか?

それは、今までの生活習慣を正すことで、簡単に実現できるのです。

woman

 

 

ここでは、極上の美肌をつくるコツを様々、ご紹介させていただきます。

 

 

●抗酸化食品&サプリメントで年齢に負けない肌づくり

活性酸素は若さと美肌の大敵。私たちが日常食べている野菜や果物、雑穀の中には活性酸素の害を抑える抗酸化物質がたっぷりと含まれています。抗酸化力の高い食品を毎日の食事にとりれるよう工夫しましょう。

また、食事だけでは摂りきれない時は、下記のようなサプリメントを活用するのも手です。

・ビタミンC

・ビタミンE

・マルチビタミンミネラル

 

●肌の保水力を高めてプルプル肌に

赤ちゃんの肌がぷるんとした弾力と潤いを保っているのは、肌の保水力が高いからです。細胞と細胞の隙間を埋める物質に大量の体液が蓄えられています。

年齢を重ねた肌に保水力を呼び戻すには、ムコ多糖体とビタミンCです。納豆やきのこ、山芋、海藻、うなぎ、すっぽん、どじょう、魚の煮凝り、手羽先、ふかひれなどを、ビタミンCが豊富な新鮮な野菜、果物とともに摂りましょう。

 

●プラスの言葉が美人を作る

肉体の老化は意識の老化からも始まります。肉体よりもまず意識を老化させないことが、重要です。ほんのちょっとした心がけで、意識はどんどん若返っていきますよ。

・1日に30回以上、ありがとうと言う

・ダメ、嫌などの不快な言葉は使わない

・ワクワクできることにチャレンジするなど