Krijger-Yoga-300-dpi

 

運動後にタンパク質をたっぷりと摂ると、肌の自己再生能力がアップするのをご存じですか?

自己再生能力とは、新しい細胞を次々に作り出すことです。その際に欠かせないのがタンパク質。新しい細胞はタンパク質を元に作られるのです。

 

ですので、成長期を過ぎた大人の女性も、タンパク質の摂取量を減らさないようにしまししょう。魚や肉、豆、乳製品、卵などの高タンパク食品を毎日欠かさずに食べることをおすすめします。

これらの高たんぱく食品は、良質なタンパク質を豊富に含むだけでなく、体に必要なアミノ酸がバランス良く含まれているので、体全体の老化を防ぎ、活性化された新しい細胞を作るのに大変役立ちます。

また、運動をしてしばらくすると、筋肉痛を感じることがあります。これは、運動によって筋肉に強い力がかかり、細胞が傷ついて炎症を起こすためです。一見傷つくことは悪いことのように思うかもしれませんが、とっても良いことなんですよ。

傷ついた細胞はサイトカイン10という若返りホルモンの助けを借りて傷を修復していきます。この時に今まで以上に体中に強い細胞を新たに作り出すようになるのです。

運動した後に筋肉痛を感じてもがっかりせずに喜んでくださいね。

SarahYoga_0045肌がくすんでしまう原因の一つは、衰退・老化ホルモンのサイトカイン6。

サイトカイン6は、古くなった細胞を取り除き、新しい細胞が生まれるスペースを作り出す働きがありますが、同時に全ての細胞に衰退・老化を促す指令を送るのです。

 

この指令により、細胞に本来備わる自己再生能力が衰えてしまうのです。肌をはじめ、全身の細胞の自己再生能力を担っているのは、若返りホルモンであるサイトカイン10で、このホルモンを引き出すには、運動をすることが最も効果的です。

ウォーキングのように軽い運動であっても、動き始めてからしばらくすると分泌されていたサイトカイン6に代って、今度はサイトカイン10が分泌されるようになります。これをきっかけに肌の再生能力が復活し、くすんでいた肌が明るさを取り戻していきます。その後さらに2時間ほどウォーキングを続けると、歩き終わった後もサイトカイン10の分泌が4~時間に渡って継続することができます。

運動をすると血行が良くなるので、顔色が明るくなる、チークをさしたようなピンク色の頬になるということはまた別に、肌はサイトカイン10の分泌によって、みずから再生能力を高め、より美しい肌に新しく生まれ変わろうとするのです。

20100805101634650

 

肌の土台になる骨を丈夫にすることが、美肌への近道と言えます。

骨を構成している細胞は、約2年で全て入れ替わります。その新陳代謝のしくみを活かし、肌の土台となる骨を作り直していきましょう。

 

まずポイントとなるのが、●適度な運動(ウォーキング)●カルシウムを豊富に含む食品を摂る●日光に当たることです。

カルシウムは、骨を丈夫にすることのほかに様々な働きをしています。例えば、細胞はその機能を正常に保つためにカルシウムを必要とします。細胞の順調な成長、内分泌系システムの調整など、様々な面でカルシウムが役立っているのです。私たちの体は、その時々に必要とされるカルシウムを骨から取り出して使っているのです。少なくとも今ある量を維持するために、毎日600mg以上のカルシウムを摂り続ける必要があります。

女性は25歳を過ぎるあたりになると、年に約1%の割合で骨量が減少していきます。

また、カルシウムはマグネシウムと合わせてとることで吸収率がぐんとアップするため、マグネシウムを豊富に含む食材と合わせて摂るようにしましょう。

マグネシウムを豊富に含む食材とは、小麦胚芽、玄米、ナッツ類、酵母、豆腐などです

3か月実行するだけでも、肌は見違えるように美しく変わっていきますよ

img_0美肌を作る快楽ホルモンと言えば、ドーパミンです。ドーパミンは肌と瞳をキラキラと輝せるのです。それは、ドーパミンは脳の働きを活性化して心を快活にする力が強いから。

脳がイキイキと活発に働いている時、その活発さは肌や瞳に反映されます。

体を動かして15分後、脳内でベータエンドルフィンの分泌が始まり、さらに20分後にはドーパミンの分泌が始まります。その後しばらくの間は、この2種類の快楽ホルモンが相乗効果を見せます。テンションが上がり、肌の状態や体の調子が活発になります。

 

また、脳の前頭葉にドーパミンがたっぷりと分泌されていると、なぜか気分がウキウキとしてきます。急にふと大きな夢や目標を見つけたり、これまで考え付かなったアイデアが浮かんだりします。このようなことから、ドーパミンは希望のホルモンと呼ばれたりもします。

ただし、ドーパミン効果で浮かんだ思いつきは、やや妄想的であったり、幻想的で現実味にかけているものであったりすることが多いのも事実です。そうした欠点を補ってくれるのが、セロトニンというホルモンです。セロトニンとドーパミンをバランス良く活用することが、夢の現実を近くしたり、充実した毎日を過ごせたり、いつまでも若々しい肌をキープできるコツです。

ダウンロード

 

ウォーキングをすると下記のような、美肌にいい快楽ホルモンがたっぷりと分泌されます。

 

 

・肌の透明感を出すベータエンドルフィン

・肌をイキイキと輝かせるドーパミン

・きめ細かい肌を作るセロトニン

また、快楽ホルモンは、ストレスホルモンを抑制する働きがあります。この働きにより不満や愚痴、嫉妬、劣等感などのマイナス感情が自然に消えていくのです。イライラしたり、くよくよしたりすることが無くなりますよ!

そして、快楽ホルモンはマイナス感情を消し去ると同時に、プラス感情を作りだすので、心が明るく軽く、そして健康的になります。

このように、私たちの脳と体は歩きながら悩んだり、落ち込んだりはできないようになっているということです。

また、美肌をつくる快楽ホルモンの一番手はベータエンドルフィンです。人間の体液は血液、リンパ液、脳脊髄液などから構成されていますが、ベータエンドルフィンをたっぷりと含む体液は、サラサラとスムーズに流れるようになります。そして、この理想的な流れはそっくりそのまま、肌の表面に投影されます。ベータエンドルフィンはの働きによって、澄み切った川のように、にごりやくすみのない、透明感溢れる肌になっていくのです。

 

寒い女性言葉としては良く耳にする冷え性ですが、改めて冷え性って何?と聞かれると、答えに詰まってしまう人も多いと思います。

冷え性は一般的に、普通の人が寒さを感じないくらいの温度でも、全身や手足、下半身などが冷えてつらい症状とされています。

ところが、やっかいなことに、初期においては自覚症状が伴わないこともしばしば。

自覚症状のないまま放置しておくと悪化し、肌トラブルを招くだけでなく、他の病気を引き起こす原因にもあります。

ところで、冷え性はどうして起こるのでしょうか?

そのメカニズムを知るためには、まず体と熱の関係を理解することが必要です。私たち人間は恒温動物なので、常に体温を37℃前後に保つようになっています。37℃は、体の中で様々な酵素が働くのに最適な温度。そこで、暑い時は、皮膚表面付近の血管に血液を多く流して、温度を下げたり、汗をかいて体温を放出します。逆に寒い時は、抹消にある細い血管を収縮さえて、内臓がある体の中心に熱を集めます。このように、体の各部でバランスを取る機能がうまく働いているうちはよいのですが、問題は体力が落ちている場合です。

自律神経の調節機能がききにくくなっているため、冷え性に陥りやすくなるのです。

f0223074_7325544もともと脂漏性湿疹は、赤ちゃんの頭に多いのですが、近年は大人の顔にできることも増えています。これは、皮脂が原因んなので、脂っぽくテカっているのに、カサカサと皮膚が渇いて赤くなります。また、ひどくなると痒みも伴ってきます。

脂漏性湿疹の場合は、朝晩に石けんで丁寧に洗顔し、赤い炎症が治まるのを待ちます。

 

症状がひどい間はメイクもお休みするようにしましょう。軽症のものなら、これでたいていは良くなりますが、良くならない時には皮膚科の治療が必要となります。

 赤ら顔の原因は、血管の拡張によるもの。

湿度変化に応じて血管を収縮させたり、拡張させたりしている自律神経のコントロールがうまくいかなくなって、顔の毛細血管ばかりが拡張したままになるのです。毛細血管の拡張による赤ら顔の人でも、クリニックで受けられるフォトフェイシャルを行えば、かなり赤味を抑えることができます。

中には1回目の治療から効果が見えることもありますが、施術後すぐに赤味がなくなる人と、数日たってから目立たなくなる人といった、個人差があります。

また、メディカルエステのバイオトリートメントも赤ら顔の改善に効果大。バイオリフティングを応用したもので、コラーゲン繊維を増やして、皮膚のハリが増すため拡張された血管を圧縮することができます。

auto-uC7KJi海外旅行をすると、石鹸の泡立ちが悪いと感じたことがある人が多いのではないでしょうか?こんな時は、いつものスキンケアをしているつもりでも、肌のコンディションが変わってくるものです。

飲み水についても水が変わると体調が崩れやすくなるなどと、良く言われます。

確かに人間の体の約7割は水で出来ていており、私たちは毎日約2ℓもの水分を摂っているわけなので、食べ物が体に影響を与えるように、水も同じように影響を与えることは当然とも言えます。

そうなれば、肌にだって影響がありますよね。昔から肌のキレイな女性が多いといわれる場所には、なぜか美味しい水があるというのも、偶然ではないのかもしれません。私たち人間は、毎日同じものを2キログラムも食べ続けることはありませんが、水だけは例外です。

やはり良いといわれる水や、美味しいと感じる水を飲みたいもの。

塩素で消毒したプールで肌が荒れることを考えると、いくら微量とはいえ、水道水の塩素も気になる所です。

飲み物に使うお湯は水道水を汲み置きしておいたり、お湯が沸いてもそのまま数分間沸騰させ続けるだけでも、かなり塩素が減って美味しい水になりますよ。

言えの水道に浄水器を取り付けたり、ミネラルウォーターを常備したりして、いつもおいしい水が飲めるようにすることは、健康維持だけでなく美肌を作るポイントと言えます。

images肌は心身の状態を表す鏡とも言われています。

皮膚の細胞は血液を通して栄養や酸素を受け取り、老廃物を排出しているのですが、血液循環が悪くなるとその働きがうまくいかず、肌の状態が悪くなります。

また、冷えを感じるとまず内臓がある体の中心部分を温めようとするため、手足の先や皮膚の血流が少なるなります。

 

特に顔は外気に触れているので、冷えの影響を強く受けやすい場所でもあります。

健康な肌は28日周期で生まれかわっていますが、このサイクルが乱れるとシミやくすみ、シワ、ニキビなどの症状が出てきます。

化粧品で潤いを与えることも大切ですが、半身浴や運動などで体の芯から温めることをおすすめします。

【冷えが現れるポイントとは?】

●乾燥

新陳代謝がうまくいかずに肌表面に残ってしまった古い角質には、水分を十分にキープする力がありません。乾燥が進むと肌は弾力を失い、シワの原因を作りだします。

●シミ・くすみ・ニキビ

ターンオーバーの周期が乱れるとメラニン色素が蓄積してシミになったり、余分な角質が肌をくすませたりします。また、毛穴に皮脂が溜まることでニキビの元を作り出します。

●むくみ

血行が悪くなると余分な水分が溜まってむくみの原因になります。朝起きた時にまぶたなどが腫れぼったくなっていたら、まずは冷えを改善するようにしましょう。

a9658f123f4b4d829a536022ff35ad4a

ビタミンEには血液の循環を良くしたり、ホルモンの分泌や自律神経の調節をするといった働きがあり、老化防止ビタミンとして知られています。

肌の衰えを防いだり、肌をつややかに保ち、シミができにくくしてくれることから、女性にとって嬉しい効果を感じられるビタミンと言えます。

 

私たちの体には自然治癒力と言って傷んだ部分を修復しようとする力が備わっていますが、皮膚も新陳代謝によって絶えず再生されています。ビタミンEは、この新陳代謝を促進し、自然治癒力を高める作用があります。

また、ビタミンEはビタミンAやCとともに強い抗酸化作用を持っています。皮膚の細胞膜の脂質を過酸化脂質に変える活性酸素は、肌の老化にも深くかかわっているのです。

ビタミンCはビタミンEの抗酸化作用を助ける作用gあるので、これらの2つは一緒に摂るとより効果的です。

ビタミンEは脂溶性ビタミンで、胚芽、ごま油などの植物油、かつお、うなぎ、たらこ、大豆、さつまいも、ほうれん草などに多く含まれています。

サプリメントも多くでていますが、単独で摂るよりも食事から様々な栄養素と一緒に摂る方が体への吸収も良いとされています。

ビタミンEを含む食材を積極的に摂り、つやつやとした若さ溢れる肌を叶えて