img_0美肌の秘訣といえば、サラサラと血液の流れる血管です。その血管を若々しく保つためには、食事から摂る脂の質にこだわりましょう。

オリーブオイルが美容と健康に良いことは良く知られていますが、お肉や魚に含まれている動物性脂肪にも、かっ巻にとって良いものと悪いものがあります。

血管に良い脂とは、高度不飽和脂肪酸であるDHAやEPAです。これらを多く含むのは、自然の大地を駆け回って育つ野生の動物や、天然の魚です。畜産による動物の肉や養殖の魚には、飽和脂肪酸というあまりよくない脂質が蓄えられています。一般的に牛や豚、鶏などの家畜動物は、身動きもできないような狭い空間に閉じ込められており、養殖の魚も小さな生簀の中で育ちます。その上、家畜も養殖魚も病気予防のために薬物や、発育促進のための高濃度飼料を大量に与えられています。

このような生育環境から、どうしても飽和脂肪酸を蓄えてしまうのです。

牛肉を買う時には、オーストラリア産のものを選ぶことをおすすめします。国土の広いオーストラリアでは、畜産といえっても飼育の基本は放牧。この放牧方式により野生に近い健康的な牛の肉が手頃な価格で手に入ります。魚を選ぶのなら養殖ではなく天然のものに限ります。