img_0美肌の秘訣といえば、サラサラと血液の流れる血管です。その血管を若々しく保つためには、食事から摂る脂の質にこだわりましょう。

オリーブオイルが美容と健康に良いことは良く知られていますが、お肉や魚に含まれている動物性脂肪にも、かっ巻にとって良いものと悪いものがあります。

血管に良い脂とは、高度不飽和脂肪酸であるDHAやEPAです。これらを多く含むのは、自然の大地を駆け回って育つ野生の動物や、天然の魚です。畜産による動物の肉や養殖の魚には、飽和脂肪酸というあまりよくない脂質が蓄えられています。一般的に牛や豚、鶏などの家畜動物は、身動きもできないような狭い空間に閉じ込められており、養殖の魚も小さな生簀の中で育ちます。その上、家畜も養殖魚も病気予防のために薬物や、発育促進のための高濃度飼料を大量に与えられています。

このような生育環境から、どうしても飽和脂肪酸を蓄えてしまうのです。

牛肉を買う時には、オーストラリア産のものを選ぶことをおすすめします。国土の広いオーストラリアでは、畜産といえっても飼育の基本は放牧。この放牧方式により野生に近い健康的な牛の肉が手頃な価格で手に入ります。魚を選ぶのなら養殖ではなく天然のものに限ります。

olive

 

地中海沿岸地方の長い歴史では、オリーブオイルは神聖な樹木として親しまれてきました。

オリーブオイルは、数ある植物油の中でもめずらしい100%天然のオイルです。

原料の種子に化学処理をしたり、圧搾した油に熱処理を加えたりせず、そのまま食することができるのです。

 

一番搾りのエクストラバージンオイルは、ろ過精製の家庭も一切加えていないため、絞りたてのジュースのようなフルーティな香りと風味を楽しむことができます。

一般的な植物油は、多価不飽和脂肪酸であるリノール酸という成分が殆どを占めているので、酸化しやすいという性質を持っていますが、オリーブオイルは一価不飽和脂肪酸のオレイン酸が全体の75%を占めているので、酸化しにくい性質なのです。オリーブオイルに含まれる一価不飽和脂肪酸は消化管を通過するまでに時間がかかります。そのため穏やかに体に吸収され、すい臓から出るインスリンの量が急激に上昇することもあります。ですので、オリーブオイルは太りにくい油なのです。

また、オリーブオイルは血中の悪玉コレステロールを低下させる働きがあり、そのため血液の流れが良くなり、余分な悪玉コレステロールが肝臓にどんどん回収されていきます。

このように老廃物のないキレイな血管になるので、血液がサラサラとスムーズに流れるようになるため、肌は内側から明るく輝きだします。