SarahYoga_0045肌がくすんでしまう原因の一つは、衰退・老化ホルモンのサイトカイン6。

サイトカイン6は、古くなった細胞を取り除き、新しい細胞が生まれるスペースを作り出す働きがありますが、同時に全ての細胞に衰退・老化を促す指令を送るのです。

 

この指令により、細胞に本来備わる自己再生能力が衰えてしまうのです。肌をはじめ、全身の細胞の自己再生能力を担っているのは、若返りホルモンであるサイトカイン10で、このホルモンを引き出すには、運動をすることが最も効果的です。

ウォーキングのように軽い運動であっても、動き始めてからしばらくすると分泌されていたサイトカイン6に代って、今度はサイトカイン10が分泌されるようになります。これをきっかけに肌の再生能力が復活し、くすんでいた肌が明るさを取り戻していきます。その後さらに2時間ほどウォーキングを続けると、歩き終わった後もサイトカイン10の分泌が4~時間に渡って継続することができます。

運動をすると血行が良くなるので、顔色が明るくなる、チークをさしたようなピンク色の頬になるということはまた別に、肌はサイトカイン10の分泌によって、みずから再生能力を高め、より美しい肌に新しく生まれ変わろうとするのです。

a00003-1体を動かさず、座りがちな生活を送っていると若返りホルモンは分泌されません。通勤や家事などで少し体を動かしても、老化を促進する衰退ホルモンがでるだけなのです。

若返りホルモンをたっぷりと出すには、意識して多めに体を動かす必要があります。

鼓動が少し早くなるくらいの運動をして初めて若返りホルモンの分泌が始まります。鼓動が少しや早いというのは最高脈拍数の65%。仮に30歳の場合、若返りホルモンを分泌するのに必要な脈拍数は約124です。

計算式は[220(固定値)-30(年齢)=190(最高脈拍数]

[190(最高脈拍数)×0.65÷124(若返りホルモンを分泌するのに必要な脈拍数)]

脈拍数を124あで引き上げる運動は、さほど激しいものではありません。1秒間に2歩、1分間に約120歩進む速さを目安に少し早足でウォーキングするだけです。

脈拍数が増えるとまず老化ホルモンが増えるのですが、最高脈拍数の65%に達すると、今度は若返りホルモンの分泌が始まります。分泌開始からさらに約2時間ウォーキングを続けると、歩き終えた跡も若返りホルモンが4~6時間継続するんのです。

毎日欠かさず通勤している人は、何も運動していない人に比べ、はるかに若々しく健康で、肌の調子も良いのです。