copy-top-bannerクマが目の下にあると不健康な印象を周囲に与えたり、アイメイクもしっくりこなかったりしますよね。

クマと一言でいってもタイプがあるのをご存知ですか?

ここではクマタイプの見分け方と、おすすめの解消法をご紹介させていただきます。

 

 

●青ぐま

青ぐまは目の周りの毛細血管の血流が滞ることで起こります。なので、一番効果的な解消法は、血液循環を活性化することで、マッサージなどが効果的です。目の周りは皮膚が薄いので、血行不良による青ぐまが目立ちますが、青ぐまが現れてきた=顔全体の血流が悪いということです。

マッサージは顔全体の血液の流れをよくすることができるので、クマの解消だけでなく、肌色も明るくなるという効果があります。他には、代謝促進効果があるビタミンEや高麗人参、セージエキスなどの成分を含んだアイクリームを使うのもおすすめです。

 ●茶ぐま

茶ぐまは小さなシミや擦ることによってできる色素沈着が原因で起こります。この場合は、美白化粧品を使うことで、少しずつ解消することができます。

 ●黒ぐま

黒ぐまは、年齢とともに皮膚が薄くなり弱ってくることでたるみが生じ、影が出来ている状態です。対処法としては、コラーゲン量を増やす工夫をしましょう。レチノールやビタミンC誘導体が配合されて化粧品を使うことをおすすめします。

memoto2元気がないイメージになってしまう目元のクマ。

美白化粧品やマッサージなどで解消するのと同時に、毎日の食事から摂る栄養素でもクマを解決することができますよ。

 

 

ここでは、クマの解消に高い効果を発揮する栄養素を含んだ、どこでも買える食材をご紹介させていただきます。

 ●青ぐま

青ぐまの予防には、血液をサラサラな状態にする作用のある葉酸がおすすめです。また、血液中のヘモグロビンの材料となる鉄分も合わせて摂るようにしましょう。

【葉酸を豊富に含む食材:焼き海苔・鶏、牛、豚レバー・菜の花・枝豆・モロヘイヤ・アスパラ・キャベツなど】

【鉄分を豊富に含む食材:鶏レバー・高野豆腐・ひじき・あさり・がんもどき・納豆・昆布・小松菜など】

●黒ぐま

黒ぐまはたるみによってでき、そこにむくみが加わるため、塩分を控える食事を摂るようにしましょう。あずきやハト麦がおすすめです。

 ●茶ぐま

茶ぐまには、シミと同様にメラニンの生成を抑えるビタミンCが有効です。ビタミンCは取りだめができないので、1日数回の分けて食べるようにしましょう。

【ビタミンCが豊富な食材:赤、黄パプリカ・菜の花・かぶの葉・ブロッコリー・カリフラワー・ゴーヤ・ピーマン・ミニトマトなど】