足の痛みここでは、スーパーで手に入る食材で作れるフットスクラブとフットパックをご紹介させていただきます。

 【フットパック】

硬くなったかかとはひび割れの原因にもなります。キレイなかかとになるために、まずはヨーグルトを使って、かたい角質をやわかくしましょう。

●材料(1回分)

・ヨーグルト…大さじ2

・コーンスターチ…大さじ1

●作り方

ヨーグルトとコーンスターチを混ぜ合わせたら完成です!

●使い方

片足にパック半量を使います。ラップの上に足を乗せて、かかとや足の裏にたっぷりとパックを塗り、ラップで足を包みます。10分ほどおいたら、ぬるま湯で洗い流しましょう。

 

【フットスクラブ】

フットパックで角質がやわらかくなったら、ベーキングソーダの細かい粒子でやさしく角質を取り除きます。オリーブオイルの油分が肌を保護するので、スクラブの後はしっとりやわらかになります。

●材料(1回分)

・ベーキングソーダ…大さじ1

・オリーブオイル…大さじ1

●作り方

ベーキングソーダとオリーブオイルを混ぜ合わせたら完成です!

●使い方

片足にスクラブ半量を使います。かかとの硬い部分を丁寧にスクラブしていきます。強くこすりすぎないように注意してください。余分なオイル分をティッシュで拭き取り、ぬるま湯で洗い流します。

 

6247緑黄色野菜や果物に含まれる赤や黄色、オレンジなどの色素がカロチノイドです。

強い抗酸化作用があり、ガン予防効果もあります。

トマトやすいかに多いリコピンや、赤ピーマンや唐辛子に多いカプチン、えびやカニ、鮭に含まれる色素のアスタキサンチンなどもです。リコピンの抗酸化力はビタミンEの100倍の力があると言われています。

 

完熟トマトの方が含油量が多いので、完熟トマトが使用されていることが多いトマトピューレやトマトジュースの方た多く摂ることができます。

また、海草に多いフコイダンもガン抑制効果があることが分かっており注目されています。ただし、海草にはヨードが多く、適量なら甲状腺ホルモンの原料となり、ミネラルも多いため良いのですが、過剰に食べすぎると甲状腺疾患や甲状腺ガンのリスクが上がる可能性もあるので、適度に食べましょう。

その他には、きのこに含まれるβグル間や柑橘系の果物特有の香り成分のテンペン類には、抗ガン作用、しそに含まれるルテオリンには抗アレルギー作用があります。

緑黄色野菜に含まれる抗酸化物質は熱に弱いものもあるので、できるだけ生で食べることをおすすめします。ただし、リコピンは熱に強いため、炒めたり煮たりしても大丈夫です。

file_10

 

アンチエイジング効果を発揮する成分と言えば、ポリフェノール(抗酸化物質)。

ポリフェノールをたっぷりと含んでいる食材は身近にあるのをご存じですか?

ここでは、アンチエイジング効果を発揮する様々な食材をご紹介させていただきます。

●アントシアニン

活性酸をそ抑制する抗酸化物質で、視力工場や、肝機能改善にもよい緑色の色素です。

なす、ブルーベリー、紫キャベツ、紫いも、ぶどう、すいか、さつまいもなどに多く含まれています。

●ダイズイソフラボン、サポニン

大豆を煮ると泡立ちますが、それがサポニンの働きです。抗酸化作用のほかに同宮く効果や高脂血症を防ぐ作用があります。また、女性ホルモンに似た働きをし、更年期障害の症状を緩和したり、骨粗鬆症の予防をする働きがあります。

豆腐や、納豆、豆乳などの大豆製品に多く含まれています。

●ケラスチン

フラボノイドと呼ばれる水溶性の植物色素の一種で、脂肪吸収抑制効果が高く、脂肪の排出を促進します。その他脳の神経伝達物質も強化するので、ボケ防止にも効果的です。

玉ねぎ、リンゴに特に多く含まれていますが、紅茶や赤ワイン、ココア、ブロッコリーにも含まれているので、手軽に毎日の食事に取り入れることができます。

lemon

 

美肌のために、ビタミンCがとても大切なことは誰しも知っていると思います。

ですが、レモンの薄切りを顔に乗せてパックして美白効果は得られません。それは、ビタミンCは水溶性で肌につけても殆ど浸透しないからです。

 

化粧品の成分して注目されているビタミンC誘導体というのは、ビタミンCを肌に浸透しやすいように形を変えたもので、これなら化粧品からでもしっかりとビタミンCを肌に補給することができます。

ですが、化粧品の成分表示にあるビタミンCはたいてい酸化防止剤として配合されていることが多く、肌に浸透して働くというよりも、化粧品の変質を防ぐのを目的としているので、注意しましょう。

肌に浸透しやすいビタミンC誘導体ですが、皮膚から吸収できる量は限られているため、やはり体の内側から摂るのが一番効果的です。

ビタミンCが豊富に含まれている食材と言えば、野菜や果物です。野菜では、ブロッコリーやトマト、ピーマン。果物では、イチゴやキウイ、レモンなどの柑橘系に多く含まれています。

ビタミンCは水溶性のため長時間水につけておいたり、加熱しすぎると溶けだして減ってしまうので、できるだけ生のまま摂るのがおすすめです。

また、体の中に蓄えておけないので、毎食こまめに食べるようにしましょう。

4247毎日の食事から摂れる栄養素でも、特にアンチエイジング効果が高いものがあります。

肌悩み別の美容効果が高い栄養成分と食材を、ここではご紹介させていただきます。

 

 

●とにかくアンチエイジング効果を得たいという人にはビタミンACE

細胞を傷つけ老化を促進させるのが活性酸素。通常、活性酸素は体の中にある酵素で無害化することができるのですが、活性酸素が増えすぎると対処できなくなります。ビタミンACEは、活性酸素を除去する高い抗酸化作用があるのが特徴。

肌の細胞分裂を活発にしてキメを整えるビタミンAと、老化減少を食い止めるビタミンC,そして血行を促進するため肌ツヤがとてもよくなるビタミンE。

この3つをまとめてビタミンACEと呼びます。

【ビタミンACEを多く含む食材…モロヘイヤやかぼちゃ、ブロッコリー、にんじん、赤ピーマンなど】

●もっと早く若返り効果を体感したという人にはアスタキサンチン

アスタキサンチンはビタミンACEよりも、もっと多くの抗酸化効果があります。美肌効果だけでなく、免疫力のアップや抗がん作用もあります。主な成分は、魚介類に含まれている赤い色素で、特にサケには筋肉を引き締める作用のあるDMAEが含まれています。

【アスタキチサンチンを豊富に含む食材…サケ、カニ、いくら、タイ、キンキ、エビなど】

img1bd1d07czik0zj毎日の食事内容に少し気を使うだけで、気になる肌トラブルが改善できますよ!

ここでは、肌トラブル別に解決できる食材と栄養素をご紹介させていただきます。

 

 

●紫外線の影響でできたシミを消すカロチノイド

紫外線は肌老化を促進させる怖いもの。そんな紫外線の影響をなかったことにしてくれるのがカロチノイドです。カロチノイドを含む食材は特に紫外線の多い、春から夏にかけて多く摂取するよう心がけましょう。

【カロチノイドを豊富に含む食材…トマト、かぼちゃ、ほうれん草、すいかなど】

 ●荒れた肌を健やか肌に導くビタミンB2

ビタミンB2は、細胞の再生や成長を促進させる働きがあります。健康的な肌や髪、爪などを作りだしてくれる人には欠かせない成分です。ビタミンB2が不足することで、肌アレや口内炎、目の充血などが起こります。

【ビタミンB2を豊富に含む食材…うなぎ、アーモンド、焼き海苔、モロヘイヤ、しそなど】

 ●くすみのない透明美肌を作る食材たち

最近では低体温の人が多くなっています。体温が低いと体の代謝機能が悪くなるので、常に冷えを感じているようになります。また、体内の血行不良から、顔もくすみがちに。これらを解決するには、体をぽかぽかと温める食材を食べることです。

【体を温める効果がある食材…しょうが、にら、玉ねぎ、長ネギ、にんにくなど】

90e29fcf年齢を重ねるたびに気になるシワ。目元や口周りに目立つようになると、年齢より老けた印象になってしまいますよね。

ここでは、シワ予防&解消に役立つ栄養素と食材をご紹介させていただきます。

 

 

●肌の水分をキープするセラミド

肌表面には角質層があり、その角質層が何重にも重なっています。それらをつなぎ合わせているのがセラミドです。セラミドは肌の水分が蒸発しないようにバリアをはっているのですが、セラミド自体が不足してくると、乾燥を招くためシワができやすくなってしまうのです。これを改善するには、セラミドを豊富に含んだ食材を積極的に食べること。主に、生芋こんにゃくに豊富に含まれているのですが、通常のこんにゃくの5倍ものセラミドが含まれているのです。酢味噌で和えたり、煮物に入れたりするなど幅広い料理に使える食材ですよ!

 ●ウルウル&ぷるぷる肌にはやっぱりコラーゲン!

皮膚は約70%がコラーゲンでできているのをご存知ですか?コラーゲンは、煮魚や魚のにこごりに多いのが特徴です。また、最近では手軽に摂れるコラーゲン粉末もあるので、ぜひ毎日の食事に取り入れてください!

【コラーゲンを豊富に含む食材…煮魚、皮付きの魚、あんこう、フカヒレ、カレイ、鶏の皮】

bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_s目立つシミが顔にあると、老けた印象を与えてしまいがちになるので、どうしても厚化粧になってしまいますよね。

美白化粧品などを使ったケアも重要ですが、体の内側からのケアも同様に行うことで効果が出やすくなります。

内側からのケアとは、シミを作らない&濃くしない作用がある食材を積極的に摂ることです。

 

 

まず、シミ予防にはビタミンCが有効なんですよ。ビタミンCはメラニンの沈着を抑えるのと同時に、出来てしまったメラニン色素を還元してシミを薄くする作用があり、別名「美白ビタミン」とも呼ばれています。特に紫外線が多くなる春先にはたくさん摂るように心がけましょう。

【ビタミンCが豊富な食材:赤、黄パプリカ・菜の花・ブロッコリー・かぶの葉・カリフラワー・ゴーヤ・ピーマン・とうみょう・キウイ・ルッコラ・いちご・パパイア・キャベツ・じゃがいも・トマトなど】

また、新陳代謝を促して肌のターンオーバーをスムーズにし、シミ排出を助けるビタミンAもビタミンCと合わせて摂るようにしましょう。

【ビタミンAが豊富な食材:鶏レバー・うなぎ・モロヘイヤ・にんじん・春菊・ほうれん草・かぼちゃ・大根の葉・にら・小松菜・かぶの葉・プルーンなど】

memoto2元気がないイメージになってしまう目元のクマ。

美白化粧品やマッサージなどで解消するのと同時に、毎日の食事から摂る栄養素でもクマを解決することができますよ。

 

 

ここでは、クマの解消に高い効果を発揮する栄養素を含んだ、どこでも買える食材をご紹介させていただきます。

 ●青ぐま

青ぐまの予防には、血液をサラサラな状態にする作用のある葉酸がおすすめです。また、血液中のヘモグロビンの材料となる鉄分も合わせて摂るようにしましょう。

【葉酸を豊富に含む食材:焼き海苔・鶏、牛、豚レバー・菜の花・枝豆・モロヘイヤ・アスパラ・キャベツなど】

【鉄分を豊富に含む食材:鶏レバー・高野豆腐・ひじき・あさり・がんもどき・納豆・昆布・小松菜など】

●黒ぐま

黒ぐまはたるみによってでき、そこにむくみが加わるため、塩分を控える食事を摂るようにしましょう。あずきやハト麦がおすすめです。

 ●茶ぐま

茶ぐまには、シミと同様にメラニンの生成を抑えるビタミンCが有効です。ビタミンCは取りだめができないので、1日数回の分けて食べるようにしましょう。

【ビタミンCが豊富な食材:赤、黄パプリカ・菜の花・かぶの葉・ブロッコリー・カリフラワー・ゴーヤ・ピーマン・ミニトマトなど】